2019年8月11日 公開

【かけ算九九】は英語でなんて言う?九九の覚え方は?

英語の場合、どんなふうに九九を覚えるのか、ご存知ですか?日本では、小学校2年生で習う「かけ算九九」。暗唱できるように、親子で練習しているご家庭もあることでしょう。今回は、筆者が住むオーストラリアの小学校で習う、かけ算九九の覚え方を現地からレポートします。

かけ算九九、オーストラリアではどう学ぶ?


お子さまの算数教育のなかで最初の関門といえば、かけ算九九ではないでしょうか。お子さまの宿題を見ながら、「にいちがに!ににんがし!」と教えるママパパも多いことでしょう。

日本の学校では、かけ算九九は小学校2年生で学びます。筆者は家族とともにオーストラリアに住んでいますが、小学4年生のわが子も学校でかけ算九九を練習しています。

英語で九九ってどう表現するんだろう?日本のように、英語にも決まった覚え方があるの?と、疑問に思う方もいるかと思います。今回は、英語での九九の覚え方について、筆者の住むオーストラリアの教育事情を中心に紹介します。

英語で「かけ算九九」は"times tables"

Giorgio Rossi / Shutterstock.com

「かけ算九九」のことを、英語では何と言うか知っていますか?

英語では、times tables と言います。times というのは、「かける」という意味。たとえば、「2かける3は6」という場合、英語では "Two times three is six." といいます(または、"Two threes are six."とも)。

日本語では、「2×1、2×2……」を「2の段」、「5×1、5×2……」を「5の段」のようにいいますが、英語ではそれぞれ 2 times table、5 times table と言います。

ところで、日本では「九九」という名の通り、1×1 から 9×9 までを覚えるのが一般的ですが、オーストラリアでは、times tables というと、12×12(twelve times twelve)までを覚えます。

英語で九九はどうやって覚える?


日本の九九は、「さぶろくじゅうはち」「くくはちじゅういち」など、リズムよく覚えられるようになっていて、私たち親世代の覚え方と大きく変わっていません。

英語ではどう覚えるのかというと、日本のような「定番の覚え方」はありません。たとえば、9×8=72は、"Nine times eight is seventy two." となります。やや長く、日本の九九のようにリズムよく覚えるのはちょっと難しく感じますね。

そのため、やはりオーストラリアでも、かけ算を覚えるのが苦手な子どもは多いようです。times tablesをどこまで覚えるかは、担任の先生によるところが大きいようです。学校では、主にプリントをやったり、算数の時間に練習したりします。

times tablesを覚えるための歌がネットにたくさんアップされており、それらを授業で使っている先生もいるようです。たとえば以下のような動画です。

The 7 Times Table Song (Multiplying by 7) | Silly School Songs

子どもが7の段を覚えられるよう作られた歌の動画です。
これなら楽しく覚えられそうです。しかし、筆者の息子の頭には入っていないようでした。

現在、息子の先生はとても算数教育に熱心で、かけ算のプリントをよく宿題に出すほか、クラスでも毎日、かけ算を使ったクイズやゲームを行っています。そのおかげで息子もだいぶ九九を覚えました。やはり繰り返し練習するのが、一番確実に九九を覚える方法なのでしょうね。

オーストラリア教育で九九を覚える前に行う【スキップ・カウンティング】

Kamilon / Shutterstock.com

わが家の息子は現在小学4年生と先ほどお伝えしましたが、日本の子どもたちが2年生で九九を覚えることを考えると、オーストラリアはちょっと遅いですね。

なぜならオーストラリアの学校では、かけ算をするためにまず先に、「skip counting (スキップ・カウンティング)」というものを練習するからです。

たとえば、"skip counting by 2" なら、「2、4、6、8、10、12 ……」というように、2ずつ数えていきます。これは小学1年生からはじまり、普通に1から100まで数えることができるようになったら、次に2、5、10のskip counting を練習します。年齢が上がったら、3、4、6、7……とふうに、skip counting が難しくなっていきます。


低学年では、skip counting を使ってかけ算を練習して、数のしくみや考え方に親しみ、高学年でより複雑な計算に発展していきます。オーストラリアでは、かけ算の考え方を身につけることが目標であり、九九を覚えること自体はカリキュラムの中ではあまり重視されていないと、筆者は感じています。

Counting to 100 Songs for Children - Count to 100 - Count 1 to 100 - Count by 1’s 2’s 5’s 10’s to 10

2、5、10のスキップ・カウンティングが覚えられる歌です。

パパママも一緒にtimes tablesに挑戦してみよう


お子さまが九九をすぐに覚えられなくて、心配になるパパママもいるでしょう。しかしオーストラリアにも、times tables が覚えられない子どもはたくさんいます。お子さまが難しい課題に取り組んでいることをまず認め、励ましてあげたいですね。

逆に、九九をすんなりと覚えられた子どもや、すでに九九がバッチリの大人の方は、英語の times tables に挑戦してみてください。筆者もわが子と一緒に練習していますが、とてもよい頭の体操になります。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

フランスの防犯教育事情:子どもの誘拐を防ぐ10カ条とは

フランスの防犯教育事情:子どもの誘拐を防ぐ10カ条とは

子どもが自分で自分の身を守れるようになるために、どんな教育をしていますか?「日本ほど治安がよい国はない」といわれることの多い日本でも、幼い子どもが犯罪に巻...
【子どもの叱り方】フランスでは子どもを「子ども扱い」しません

【子どもの叱り方】フランスでは子どもを「子ども扱い」しません

子どもが「夜泣きしない」「何でもよく食べる」などと、育児書で取り上げられることも多いフランスの子育て。では、叱り方についてはどんな方法がされているのでしょ...
小学生の方が受かりやすい?!英検の仕組みを知る【小1から英検チャレンジ】Vol.11

小学生の方が受かりやすい?!英検の仕組みを知る【小1から英検チャレンジ】Vol.11

小学校に入ってから英検に挑戦することにしたわが家の娘ミヤピー。いざ受験をすることになって調べてみたら、いろいろと知らないことが……!英検受験を考えているな...
子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもの習い事ランキングの上位に入る「英会話」。しかし、日本で暮らしてる限り日本語だけで不自由しないので、英語を習っていたとしてもなかなか身につかないこと...
アメリカ英語とイギリス英語、同じ英語でも単語はこんなに違う!

アメリカ英語とイギリス英語、同じ英語でも単語はこんなに違う!

日本で学ぶ英語は基本的に「アメリカ英語」ですが、世界では「イギリス英語」も多く使われており、両者では、日常生活レベルの単語でも違いがあります。イギリス英語...

WRITER

Chieko Chieko  高校生の女の子、小学生の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているブロガー・フリーライターです。