2018年4月11日 公開

絵本の読み聞かせにおすすめ「がまくんとかえるくんシリーズ」

がまくんとかえるくんは、いつも一緒にいる仲良しのお友達。2人の友情を描いた「がまくんとかえるくんシリーズ」は教科書にも掲載されているので、懐かしく感じるパパママも多いのではないでしょうか。友達の大切さを教えてくれる、シリーズ全4作をご紹介します。

「ふたりはともだち」

ふたりはともだち (ミセスこどもの本) | アーノルド・ローベル, 三木 卓 |本 | 通販 | Amazon (75253)

タイトル:ふたりはともだち
著者  :アーノルドローベル(作) 三木卓(訳)
出版社 :文化出版局

「がまくんとかえるくんシリーズ」の中で、最初に発表された作品がこちら。2匹のユーモラスな友情のお話が5編、収録されています。

この中のひとつ「おてがみ」は、小学校の国語の教科書に採用されており、子どもへの読み聞かせには最適。心が温かくなるような優しいお話ばかりなので、寝る前の読み聞かせにもおすすめです。

この本は、アメリカの児童図書館協会がその年のもっとも優れた絵本画家に贈る「コールデコット賞」を受賞しています。

「ふたりはいっしょ」

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本) | アーノルド・ローベル, 三木 卓 |本 | 通販 | Amazon (75257)

タイトル:ふたりはいっしょ
著者  :アーノルドローベル(作) 三木卓(訳)
出版社 :文化出版局

少し悲観的な性格のがまくんと、いつも前向きで明るい性格のかえるくん。正反対の2人ですが、がまくんとかえるくんはいつも一緒にいます。2作目も、仲の良い2人の姿にほっこり癒されます。

「ふたりはいっしょ」では、「よていひょう」「はやくめをだせ」「クッキー」「こわくないやい」「がまくんのゆめ」の5つの物語が収録されています。短いお話が集まっているので、小さなお子さまでも飽きずに最後まで楽しめるでしょう。

またこの本は、アメリカでもっとも優れた児童文学書に贈られる「ニューベリー賞」を受賞しました。

「ふたりはいつも」

ふたりはいつも (ミセスこどもの本) | アーノルド・ローベル, 三木 卓 |本 | 通販 | Amazon (75261)

タイトル:ふたりはいつも
著者  :アーノルドローベル(作) 三木卓(訳)
出版社 :文化出版局

いつも一緒にいる、がまくんとかえるくんの「いつもの日常」を描いています。「そりすべり」「アイスクリーム」「クリスマス・イブ」を含む5つの物語を収録。春夏秋冬それぞれの日常が描かれています。

毎日の何気ない日常に、大切なものがあることを教えてくれる一冊です。お子さまに読み聞かせをしながら、今日過ごした何気ない出来事を話すのもいいかもしれません。

「ふたりはきょうも」

Amazon | ふたりはきょうも (ミセスこどもの本) | アーノルド・ローベル, 三木 卓 | 51-75回 (75265)

タイトル:ふたりはきょうも
著者  :アーノルドローベル(作) 三木卓(訳)
出版社 :文化出版局

がまくんとかえるくんシリーズ最後の作品です。この作品は、「オランダ銀の絵筆賞」を受賞しました。

シリーズの最初からずっと一緒にいる、がまくんとかえるくん。たこあげするとき、誕生日のお祝いをするとき、こわい話をするとき、どんなときでも、がまくんとかえるくんは一緒にいます。そんな2人の友情物語に、お子さまも「友達は大切なもの」と改めて感じるのではないでしょうか。

絵本から得られるもの

子どもが絵本から得られるものは、大人が想像しているよりもずっと大きいです。読み聞かせや読書によって、読解力だけでなく、お子さま一人ひとり違う想像力が身につくでしょう。豊かな想像力は、周りのことを見て、人の気持ちを考えることができる能力にもつながります。

がまくんとかえるくんシリーズは、世界中で親しまれている名作中の名作。毎日の中にある幸せや、お友達の大切さを教えてくれます。どんな絵本を読みきかせようか迷っているパパママは、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

イギリス人が語る「くまのパディントン」の魅力

イギリス人が語る「くまのパディントン」の魅力

2018年で生誕60周年の「くまのパディントン」。実写映画も大ヒットした1作目に続き、2作目『パディントン2』が1月19日より日本でも公開。「くまのパディ...
東京・神保町の「ブックハウスカフェ」で絵本に囲まれて素敵なカフェタイム

東京・神保町の「ブックハウスカフェ」で絵本に囲まれて素敵なカフェタイム

東京・神保町に2017年5月にオープンした「ブックハウスカフェ」は、1万冊以上の絵本や児童書を取り揃えた、子ども向けの本の専門店。しかも、お店の真ん中にカ...
親子で楽しむイベントも開催!銀座・教文館の児童書専門店「ナルニア国」

親子で楽しむイベントも開催!銀座・教文館の児童書専門店「ナルニア国」

絵本や児童書など約15,000冊もの本が揃う銀座・教文館の「ナルニア国」。「子どものためのおはなし会」や「わらべうたと絵本の会」など、親子の触れ合いを大切...
ぜひ立ち寄りたい!ロンドンの子ども向け書店5選

ぜひ立ち寄りたい!ロンドンの子ども向け書店5選

児童書出版社が集まるロンドン。街中には児童書や絵本の専門書店が数多くあり、イベントなども盛んに行われています。今回は、旅行中でお子さんと立ち寄りたくなるオ...
なかやみわさんの、親しみやすく魅力的な絵本5選

なかやみわさんの、親しみやすく魅力的な絵本5選

なかやみわさんの絵本には数々の人気シリーズがあり、多くの子どもたちに愛されています。その人気の理由は、ストーリーやキャラクターの「親しみやすさ」。こちらで...

WRITER

takahashi takahashi  20代前半のママです。 みなさんのお役に立つ情報を発信できればと思います。