2019年1月24日 公開

学習面の「小4の壁」!?算数でつまずく理由と考える力の鍛え方

「小4の壁」は「9歳の壁」「10歳の壁」とも呼ばれ、小学生の子を持つ保護者には目下の悩みかもしれません。学習面、精神面、生活面と一筋縄ではいかない「小4の壁」。何が問題か、まずは学習面の原因と対策をまとめました。未就学児の頃から意識したい対処法をお伝えします。

「小4の壁」とは?

milatas / Shutterstock.com

小学4年生になった子どもは心身ともにグッと成長し、大人になる準備をはじめます。体つきも、内面も、そして子どもたちを取り巻く環境も大きく変化を遂げる時期で、それに伴い、出てくる問題が「小4の壁」と呼ばれています。

似たような言葉で「小1の壁」がありますが、これはどちらかというと働くパパママ(共働き家庭の保護者)にとって大きな問題。しかし、「小4の壁」は子どもが直面する問題ゆえに、すべてのパパママに関わってきます。

「小4の壁」は、大きく分けると「精神面」「学習面」「生活面」の3つに分類できます。

それではまずは、「学習面の小4の壁」に焦点を当て、掘り下げていきたいと思います。

算数が大きな壁に?!学習面で直面するのは……

Chalermpon Poungpeth / Shutterstock.com

小学校低学年から中・高学年へと学年が上がるにつれて、当然学習内容もどんどん高度に、複雑になります。取り扱うテーマも目に見える具体的な内容から抽象的なものへと変わっていきます。

そんな中、特に「小4の壁」として立ちはだかる教科といえば算数です。低学年までは単純な計算問題などが多く、反復練習ができていれば算数が得意!と思えることが多いです。

しかし、小学4年生からは学習内容のレベルが上がります。たとえば、文章問題です。計算力だけでは補えず、「読解力」や「考える力」が必要になってきます。そのため計算は得意だったのに、文章問題になった途端にできなくなってしまう……というケースに陥ることがあります。

また、小学3年生から分数や小数について学びますが、この時点では概念の学習なので目に見える形で理解しやすいです。しかし小学4年生からは分数や小数の四則計算がはじまり、分母が違う数同士の計算も出てきます。これも算数につまずくきっかけとして考えられます。

たとえば、1/3+3/4の答えは13/12となりますが4/7と答えてしまう子がいます。分母が違う数字同士をまず同じ分母に直して(通分)計算するルールは、違う世界にあるものを同じ世界に置き換えて考えるようなもので、計算が得意と思っていた子どももイメージがしづらいのかもしれません。

他にも、低学年では「物の個数」や「長さ・量」の比較など実生活に身近な内容が多いですが、高学年になると「割合」や「比」「速さ」など抽象的な内容が出てきます。これにより算数への苦手意識が芽生えてしまうことがあります。

学習面の小4の壁を乗り越えるには「考える力」がカギ

milatas / Shutterstock.com

学習面における「小4の壁」に、どうやって向き合っていけば良いのでしょうか。キーワードとなるのが、「考える力」です。

昨今、子どもたちが学習面でつまずく理由として、「考える力」の低下がよく挙げられます。昔に比べて生活は各段と便利になった現代では、以前より日常生活で頭を使う経験が少なくなったともいえます。

子どもたちの遊び方も、動画やDVD、テレビゲームやインターネットなど与えられた情報を受け入れるだけで楽しみを得られることが多いです。そうなると自分であれこれ考える機会も減っていきます。

スマホやテレビが全て悪というわけではありません。生活に欠かせない大切な道具であることに間違いありません。しかし、便利ゆえにそばにあると頼り切ってしまうことが問題なのです。そこで、自分で考える機会を積極的に子ども達に与えるよう、大人が意識をすることが大事になります。

「考える力」を鍛えるというと何か特別な方法を取り入れたりしなくてはいけないイメージをお持ちかもしれませんが、そんなことはありません。

では具体的に「考える力」を鍛える方法をいくつかお伝えします。

「考える力」の鍛え方

たとえばこのような方法が「考える力」の向上に繋がるといわれています。

・体験型の学習や遊びを行う
・読書の習慣をつける
・ブロックやパズル遊び
・興味のあることを見つけてとことん突き詰めてみる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

体験活動で心と頭を育てよう

hanapon1002 / Shutterstock.com

実際に手足を動かして「体験する」ことは、子どもの心身にとてもいい影響を与えます。知らないものに出会ったり、家族や友達との絆が深まったり、できなかったことができるようになったり。自分で考えて挑戦することは、成功したとしても失敗したとしても、普段ではできない経験を得ることに繋がります。

幸いなことに体験型の遊びはたくさんあります。職業体験や工場見学、農業体験などができる施設も多いです。昨今では謎解きイベントなども盛んです。

昔ながらの外遊びも、「体験型」といえます。陣取り、缶蹴り、木登り、ゴム飛びなど。大型アスレチックやボルダリング施設も最近では人気ですね。特にボルダリングはルールの中で、自分で登る道筋を考えるのでとても頭を使うスポーツです。

虫取りや森の散策など自然体験もおすすめです。見つけた虫や植物が何か調べることで、さまざまな発見に繋がっていきます。地域が開催する自然散策のイベントなどに参加してみるのも良いでしょう。

おうちの中でできることとしては、一緒に料理やお菓子作りをするのはいかがでしょう。その際、どんな献立にするのか、何が必要なのか、どんな盛り付けにしたらおいしく見えるかなどを子どもに考えさせてみてください。

体験活動は受動的な姿勢だと進まないことが多いです。「考える→やってみる」を繰り返し、周囲とコミュニケーションを取りながら進めていくので、成長に大切な力が自然な形で身につきます。

読書やブロック・パズルで想像力と創造力を育てよう

読書やブロック、パズル遊びは定番です。やはり「想像力」「創造力」を身につけるには最適といえるでしょう。
【ブロック・パズル】
算数のつまづきは具体的思考から抽象的思考へのステップをたどることがうまくいかないことが原因です。わからないときはまずイメージ化するトレーニングも効果があるでしょう。

そのためには、ブロックやパズルといった具体物はとても役立ちます。遊びながら図形や数に触れることができ、抽象的思考をイメージ化するトレーニングになります。

具体物を使うことに慣れてきたら、以下のような学習ドリルもおすすめです。学習といっても、子どもが楽しむ要素が満載なので、飽きずに取り組んで学べます。

タイトル:考える力がつく算数脳パズル 鉄腕なぞぺー<小学4年~6年>
著者:高濱正伸
出版社:草思社
【読書】
読書もストーリーを読んで、実際には見えない情景を頭に思い浮かべることができるため、想像力や想像力を育むのに最適です。

読書は無理やりやらせようと思っても、習慣がなければなかなか難しいです。文字だけの本はなかなか進まない……という場合は、いっそ漫画からはじめてみても良いと思います。歴史や伝記など学校の勉強に繋がる内容の漫画も探すとあります。

もしこの記事を読んでいる方が未就学児のパパママであれば、ぜひ小さいうちから「読み聞かせ」をしてあげてください。読み聞かせをしているとしていないでは、その後の語彙力・想像力・本への興味・集中力などに大きく違いが表れます。

子どもの興味を育てよう

Creativa Images / Shutterstock.com

「興味を持つ」こともとても大切です。たくさんでなくてもいいので、何かひとつでも子どもが「好きなこと」を持てる機会を作ってみましょう。

親になってから子どもの想像力や探究心、好奇心に驚かされる出来事は今までたくさんあったかと思います。

どんなに些細なことでも、ママやパパが苦手なことでも、ぜひ子どもの「好きなこと」は広げてあげてください。何かを突き詰める経験は、まさに楽しんで「考える力」を鍛える方法なのです。

ひとつのことに熱中しすぎて心配なこともあるかと思いますが、そこから興味がどんどん枝分かれしていき、全然違う事柄に繋がることもあります。

そして、もし何かに興味や疑問を持ったときは、ぜひ「自分で調べる」習慣を身につけましょう。辞書や図鑑を使って調べれば、答えが見つかるかもしれないと知ることがとても大切です。

調べる習慣がないと、わからないことに直面したときにそこで思考停止してしまいます。ネット環境も整い情報も豊かですが、本を使って調べる術も教えましょう。

2、3歳の幼児が「なんで?どうして?」と終わりのない質問を繰り返すことを思い出してみてください。誰しも知的好奇心があって、それが満たされると楽しくなるはずです。

何かに興味を持つ、それについてあれこれ考える、そこでさまざまな知識を得る。その連鎖を勉強にも繋げてあげると自然と勉強が楽しいと思えるようになるかもしれません。

「考える力」を伸ばすために親が心がけること

KPG_Payless / Shutterstock.com

子どもの「考える力」を伸ばすために親が何よりも気をつけなければいけないことは、「答えを先に与えない」ということです。

答えが先にわかれば考えることをやめてしまいます。それに慣れていくと、いざ自力で何かを解決しなければいけないときに方法がわからず、その先へ進めなくなります。

また、「わからない」という状態で固まってしまうと、説明を受け入れる余裕がなくなってしまうこともあります。一歩戻って考え直す、ということもできなくなってしまうのです。

分数や小数のなどイメージしにくい問題につまずく子どもが多いのは、そのような背景があるのかもしれません。

勉強に限らず、日常生活でも先回りして手助けしてしまうことが多いのであれば、子どもが自分でどうにかするのを我慢強く待ってみてください。親がヒントを出しつつも、子どもが自分でやってみる・考えてみるという習慣を小さい頃から身につけさせてあげましょう。

失敗を怖がらずに小さな挫折をたくさん経験させておくと、子ども自身が壁を乗り越える技も自然と身についていくはずです。それが、パパママにとっても「小4の壁」をクリアする第一歩になるのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

学童終了後の居場所は?共働き家庭が「小4の壁」を乗り越える鍵

学童終了後の居場所は?共働き家庭が「小4の壁」を乗り越える鍵

子どもが小学校4年生になると、学童保育の受け入れ制限などにより放課後に安心して過ごせる場所がなくなってしまう……!共働き家庭がぶち当たる「小4の壁」は、放...
思春期の入り口に立つ「小4の壁」を支えるために親ができること

思春期の入り口に立つ「小4の壁」を支えるために親ができること

9~10歳の子どもは、心身の成長に伴い、対応が難しいと思う場面も増えますが、子どもの精神的な変化に動揺せずどしんと構えることが大切。精神面の「小4の壁」で...
【3歳児が料理】ハンバーグに添えられたパパへの理解と思いやりに涙

【3歳児が料理】ハンバーグに添えられたパパへの理解と思いやりに涙

ハクシノレシピのレッスンでは、その日の献立を考えて決めるのも、料理を作るのも子どもです。子どもに食事づくりを任せてみることで、思考力や集中力アップが期待で...
PDCAが大回転する食事づくりは子どもの思考力アップにも最適でした

PDCAが大回転する食事づくりは子どもの思考力アップにも最適でした

子どもに食事づくりをしてもらう理由は?単なるお手伝いではなく主体的に食事づくりに取り組むことで、思考力や観察力がアップするからです!子どもの成長に役立つ食...
フラッシュ暗算の効果がすごい!?練習方法やコツとは?

フラッシュ暗算の効果がすごい!?練習方法やコツとは?

フラッシュ暗算は、計算力が飛躍的に高まる暗算方法として、最近話題を集めています。フラッシュ暗算の効果は右脳を鍛えられ、計算力や暗算力の向上、スピードアップ...

WRITER

ねんねこ ねんねこ  東京在住。2人の男の子を育てています。自身の幼稚園・小学校受験の経験を活かして、日々子どもと無理のない知育活動を楽しんでいます。絵本が好きなので、親子で図書館通いが趣味です。ブックログをつけるのが楽しみ!教育だけでなく、おでかけ、おしゃれ、ハンドメイド、サブカル、音楽など好きなことには貪欲に生きています。