2017年11月17日 公開

【年齢別】料理のお手伝い。子どもの成長に合わせた内容と教え方

子どもの料理のお手伝いについて、年齢別おすすめのお手伝いや、教え方のポイントをご紹介します。家のお手伝いは子どもにとって、役割を与えられた喜びやその責任感の向上、やった後の達成感や自己肯定感の醸成など、良い面がたくさんあります。特に料理のお手伝いは、食育や五感を育んだりととてもおすすめです。

食育にもつながる!料理のお手伝い

野菜の皮むきをした子供|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67696)

食育は食材の特徴・調理方法・栄養成分・食事のマナーなど「食」を学ぶことで、健全な食生活が送れる人間を育てることです。料理のお手伝いは、こうした食育にぴったり。

幼児期の集中力は10分前後。長い説明や同じ作業の繰り返しは飽きてしまいます。料理にはさまざまな作業があるため、その都度集中することができるというメリットも。

食材を洗う、皮をむく、においをかぐ……。料理のお手伝いを通して、子どもの五感は刺激を受けます。こうした幼児期の体験は、記憶としても残りやすいでしょう。

1~2歳におすすめのお手伝い

子ども|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67693)

楽しみながら達成感を味わえるお手伝い

1~2歳のお子さまでも、つまむ、にぎる、ひっぱるなど、できることは多いもの。握力はまだ弱いので、パパママが必ず一緒に作業してあげましょう。

・野菜を手でちぎる
・泡立て器、菜箸などを使って混ぜる
・プラスチック製などの安全な包丁で、豆腐・チーズなど柔らかいものを切る

乳幼児にもわかる教え方を

自分の意思を言葉で伝えられず、癇癪を起こすこともある乳幼児期。一方で相手の言っていることは理解していることも多いので、ゆっくり短い言葉で教えれば問題ありません。

「レタスをびりびりしてね」(パパママも一緒にちぎりながら)
「ここの線をにぎってね」(菜箸や調理器具を持つ位置を教える場合)

わかりやすく、短い言葉で、ゆっくりと教えてあげましょう。

料理中に子どもが感嘆の声をあげたら、その都度共感します。パパママが寄り添ってくれている、自分をわかってくれていると感じることで、自己肯定感が高まるでしょう。

安全に行うための声かけ

2歳頃までは触ったり、口に入れたりして確かめることが多いので、作業中は目を離さないようにしましょう。

危ないことや、お行儀の悪いことをしていたら、なぜいけないのか理由を添えて注意します。
「これはあついから、触ったらダメね」
「お腹痛くなるから、お口には入れないよ」
など、明確に伝えましょう。

3~4歳におすすめのお手伝い

真剣な眼差し|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67694)

集中して取り組むお手伝い

3~4歳になると、手先の巧緻性が高くなってきます。野菜・果物などを切る、むくこともできるように。卵を割ることも挑戦してみましょう。

・包丁で食材を切る
・卵を割る
・ピーラーを使って野菜・果物の皮をむく
・泡立て器・菜箸などを使って混ぜる
・鍋、フライパンに食材を入れる
・ウィンナーを焼く
・ラップを使っておにぎりを作る

教え方のコツは「自信」を持たせること

3~4歳になると、試行錯誤して成功を目指すようになります。自己肯定感の高い人間に成長するために、この頃の成功体験は重要です。

「切り方が雑でも、やり切ったことを褒める」「多少飛び散っても、均一に混ぜられたことを評価する」など、良いところがあればまずそこを認めます。お子さまに達成感を与えることが大切です。

やる気を出す声かけ

3歳を過ぎると、自分で考えて最善を尽くすようになります。パパママが命令口調で指示をすると、反発を感じ一気にやる気を失うことも。怒られているように感じて、お手伝いに苦手意識を感じてしまうかもしれません。

「きれいにむけたね」「たくさん混ぜてくれたから、おいしくなったよ」など、料理を楽しいと思える声かけをしていきましょう。

5~6歳におすすめのお手伝い

親子8|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (67695)

子ども主体で料理もOK

5,6歳になると、身のまわりのことは一通りできるようになります。自分が行ったことが評価されたり、感謝されたりすることに喜びを感じるでしょう。

このぐらいの年齢になると、一人で簡単な料理を作れるようになってきます。

・ゆで野菜を使ったサラダを作る
・ホットケーキを作る
・麺類をゆでる
・目玉焼きや卵焼きを作る
・サンドウィッチを作る
・お味噌汁を作る

自分で考える力を伸ばす教え方

5歳を超えたら、任せる調理作業をどんどん増やしましょう。危ない場合のみパパママがサポートします。

「ちょっと違うな」と感じても、危険でない場合はそのまま見守ります。今までの経験と知識で判断することが、考える力を伸ばします。

アドバイスや注意に対して反抗することも増える時期です。パパママは感情的にならず、冷静にアドバイスするようにしましょう。

声かけはコミュニケーションに重点を

子どもが料理していると、パパママはついつい口を挟みたくなってしまうもの。しかし、細かく指示を出すことは子どものやる気をそいでしまいます。

「何か手伝うことある?」「おいしそうに切れたね」など、子どもの気持ちが前向きになる言葉をかけましょう。パパママが側にいて応援していることを感じられるだけでOKです。

料理で五感を鍛えよう

料理のお手伝いは実用的で手軽なおうち知育です。習い事の中でも、料理のように視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚すべてを使うものはなかなかありません。

料理を通して、自信が持てることを増やしてあげたいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもの成長に合わせたお手伝い【掃除編】

子どもの成長に合わせたお手伝い【掃除編】

子どもに掃除をお手伝いさせることは、しつけだけでなくおうち知育にもなります。子どもの年齢別にレベル分けすることで、成長に合わせた掃除ができるようになるでし...
上手な魚の食べ方と教え方のコツ|子どもの食育&集中力向上に

上手な魚の食べ方と教え方のコツ|子どもの食育&集中力向上に

骨のある魚を、子どもに食べさせるのを躊躇するパパママも多いのでは。小骨の扱い・身をはがす順番をどう伝えれば良いのか、教え方も迷いますよね。正しい手順であれ...
【レシピ付】「数と大きさ」に親しめるひき肉料理のお手伝い

【レシピ付】「数と大きさ」に親しめるひき肉料理のお手伝い

ハンバーグや肉団子、餃子など、わが家ではひき肉料理が大人気!食べるのはもちろん、4歳の長女は作るのも大好き。お手伝いしてもらいながら、ついでに数や大きさの...
あこがれのお菓子の家で、クリスマスをむかえよう!

あこがれのお菓子の家で、クリスマスをむかえよう!

子どものころ、童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる、「お菓子の家」にあこがれたことはありませんでしたか?屋根も壁もすべてお菓子でできていて食べられる、そ...
【食育で楽しく知育】自分の力で挑戦!子ども向け料理グッズ

【食育で楽しく知育】自分の力で挑戦!子ども向け料理グッズ

子どもに料理をさせることは効率的な食育です。料理は五感をフルに使うので、総合力を伸ばす知育としてもおすすめ。子ども向け料理グッズを使えば安全に調理させるこ...

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。