2018年2月24日 公開

簡単&かわいい「子ども用ビーズアクセサリーの作り方」

知育効果もあるビーズアクセサリー作り。簡単な作り方のものを選べば、子どもも集中して作業できます。ビーズアクセサリーは結婚式・発表会などの子ども用アクセサリーにもおすすめですよ。シンプルな作り方とは思えない、完成度の高い子ども用アクセサリー3点のご紹介です。

ビーズアクセサリー作りは優秀な知育遊び

 (80315)

VALERYIA LUSHCHYNSKAYA / shutterstock.com
ビーズアクセサリー作りは知育遊びのひとつ。

・細いテグスにビーズを通す
・決まった色のビーズを選ぶ
・細かいビーズを上手につまむ

など指先を使う作業が続くことで「集中力」「巧緻性」「色彩感覚」などを高めることができるとされています。

幼児期は五感へ刺激を与え、さまざまな経験をさせることが大切です。特にビーズアクセサリー作りのような指先を使った細かい作業は、集中力を伸ばす効果が期待できます。

ビーズアクセサリー作りの注意点

細かいビーズを使うアクセサリー作りは、小さい子どもだと誤って口に入れてしまう可能性も。子どもと一緒に手作りする場合は、4・5歳からがおすすめです。小さい弟や妹・赤ちゃんがいる場合も、気をつけてくださいね。

高級感を出すコツは素材・色

photo by author (72245)

via photo by author
指遊びだけなら、子どもの好きなビーズをランダムに使うのも良いですね。でも、手作り感のあるポップな雰囲気のビーズアクセサリーは可愛らしい反面、おもちゃっぽさが出てしまいます。

結婚式・発表会などのイベント時のアクセサリーを作るのなら「ラグジュアリー感」と「上品さ」も必要。パール・スワロフスキー・チェコビーズなど大人っぽいビーズを選ぶと、ぐっと「よそ行き感」が出ます。ゴールド・シルバー・クリアなどの色を選び、色数も少なくすると失敗しません。
photo by author (72229)

6歳着用例。
日中おでかけの間ずっとつけていることができました。
via photo by author
今回はコットンパールビーズを使用したリング・イヤリング・ネックレスの作り方をご紹介いたします。

コットンパールは綿を圧縮してパール加工を施したもの。とっても軽いので子ども用アクセサリーにもぴったりです。

金具やチェーンはゴールドを使用しています。

大人気分のシックな大粒パールリング

photo by author (72236)

via photo by author
シンプルな大粒パールリングはママとペアリングにしても良いですね。指輪部分はゴールド、パール両脇はシルバーのビーズを使用した大人可愛いリングです。

軽くて柔らかなコットンパールなので、子どもが長時間つけても負担になりません。

作り方は「左右の1個ずつビーズを通し、3個目のビーズで交差させる」の繰り返しなので子どもでも簡単に挑戦できそうです。

材料

photo by author (72217)

via photo by author
・テグス2号 35cm
・コットンパール12mm 1個
・丸小ビーズ ゴールド 適量
・丸小ビーズ シルバー 6個
・手芸用ボンド

作り方

photo by author (72218)

via photo by author
(1)テグスの真ん中に丸小ビーズ ゴールドを3個通します。
photo by author (72220)

via photo by author
(2)もう1個丸小ビーズ ゴールドを通したら、そのビーズで左右のテグスを交差させます(全部で4個のビーズ)。

(3)テグスをしっかり引き、ビーズを十文字の形にします。
photo by author (72221)

via photo by author
(4)テグスの左右に1個ずつ丸小ビーズ ゴールドを通します。

(5)さらにもう1つ丸小ビーズ ゴールドを通し、そのビーズで左右の糸を交差させ引き締めます(計3個のビーズ)。

(4)~(5)を繰り返し、指輪部分を編んでいきます。
photo by author (72226)

via photo by author
子どもの指にあわせながら、パールを入れてちょうど良い大きさになるまで編みます。

(6)丸小ビーズ シルバーを左右のテグスに通します。もう1個丸小ビーズ シルバーをどちらかのテグスに通し、そのビーズでテグスを交差させ引き締めます(計3個のビーズ)。これでパール両脇部分の片方が完成です。

(7)テグスの片方にコットンパールを通し、このコットンパールでテグスを交差させ引き締めます。

(8)(7)と同様に丸小ビーズ シルバーで編みます(パール両脇完成)。
photo by author (72228)

via photo by author
(9)子どもの指に合わせて丸小ビーズ ゴールドで編み足す。

(10)テグス結びをして、結び目を手芸用ボンドで固めて完成です。

テグス編みの基本 | ビーズワークの基本 ネコジロウTV

固結びの仕方 | ビーズワークの基本

揺れるイヤリングでプリンセス気分

photo by author (72234)

via photo by author
揺れるイヤリングはおしゃれですが、子どもの耳には重い感じもしますよね。コットンパールとクリアタイプの2穴ボタンで作れば軽いイヤリングが作れます。金具を調節可能なネジバネ式にすることで圧迫感を最小限に抑えました。

テグスではなくピンにビーズを通すので、小さい子でも簡単にできて達成感を味わえます。

ゆらゆら、キラキラ。まるでプリンセスみたいなイヤリングに、いつもよりおすまししてしまうかもしれません。

材料

photo by author (72230)

via photo by author
・Tピン 2本
・9ピン 4本
・丸カン
・ネジバネ式イヤリング金具
・コットンパール12mm 2個
・コットンパール8mm 2個
・お好みのカラーの2穴ボタン 2個

・ヤットコ
・ニッパー

作り方

photo by author (72231)

via photo by author
(1)Tピンにコットンパール8mmを1個通して、写真のように90度に曲げます(写真は9ピン)。

(2)曲げた部分を7mm くらいにニッパーでカットします。

(3)カットした先端をヤットコでつかんでくるっと丸めます(9ピンの丸い部分のように)。

(4)9ピンにコットンパール12mmを1個通して、①のように写真のように90度に曲げます。
※元々ある丸の部分と逆法方向に曲げます。
photo by author (72232)

via photo by author
(5)曲げた部分を7mm くらいにニッパーでカットし、ヤットコでつかんでくるっと丸めます。

(6)12mmパールの9ピンの元々ある丸い部分をヤットコで広げます。コットンパール8mmのTピンとつなげて、ヤットコで閉じます。
photo by author (72233)

via photo by author
40
⑦カラーの2穴ボタン 1個を9ピンに通し、④⑤のように処理します。

⑧丸カンをヤットコで開いて、9ピン2穴ボタンとネジバネ式イヤリング金具を留めます。

①~⑧を繰り返しもう1つ作れば完成です。

【パーツクラブ】Tピン・9ピンの使い方

よそいきコーデが華やぐ「5粒パールネックレス」

photo by author (72237)

via photo by author
大きいパール1粒の両脇を小さいパール2粒ずつではさんだ大人可愛いネックレスです。子ども用のため、子どもの細い毛がからまりにくいボールチェーンを使用します。

シンプルなワンピースにつけるだけでよそいき感がアップ。親戚の集まり・結婚式などのフォーマルな場はもちろん、ちょっとしたおでかけまで活躍しそうです。

材料

photo by author (72240)

via photo by author
・引き輪 1個
・板カン 1個
・丸カン 2個
・貝チップ 2個
・ボールチェーン(コットンパールの穴に通る太さ) お好みの長さ
・コットンパール8mm 4個
・コットンパール12mm 1個

・ヤットコ

作り方

photo by author (72241)

via photo by author
(1)貝チップにボールチェーンの片方をはめて、ヤットコで閉じます。

(2)丸カンをヤットコで開き(1)の貝チップと引き輪をつなげます。
photo by author (72243)

via photo by author
(3)コットンパールを、8mmを2個→12mmを1個→8mmを2個の順にボールチェーンに通します。
photo by author (72244)

via photo by author
(4)何も処理していないボールチェーンの端を貝チップにはさみ閉じます。

(5)丸カンで貝チップと板カンをつなげて完成です。

手作りのビーズアクセサリーでお姉さん気分に

キラキラ光るビーズアクセサリーを身につけると、ちょっとお姉さんになった気分で、振る舞いも上品になるかもしれませんね。自分で手作りしたものなら、お出かけやイベントがさらに楽しくなるでしょう。

つまむ、通す、結ぶなどさまざまな動きが必要とされるビーズアクセサリー作りは集中時間を延ばす効果も期待できます。少しずつ作業を正しく進めることで、目に見えて形ができあがっていくため、忍耐力も鍛えられます。

いいことづくしのビーズアクセサリー作り、ぜひお子さまと一緒にやってみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【やじろべえの作り方3種】倒れない不思議が「思考力」を育てる

【やじろべえの作り方3種】倒れない不思議が「思考力」を育てる

細い棒1本で立っているのに、左右に揺らしても倒れない「やじろべえ」。子どもの「なぜ?どうして?」を引き出す知育玩具としてもおすすめです。やじろべえの作り方...
よく飛ぶ「手作りフリスビー」子どもにも簡単な作り方3選

よく飛ぶ「手作りフリスビー」子どもにも簡単な作り方3選

楽しみながら運動神経を鍛えられるフリスビーは、小さなお子さまにもおすすめのおもちゃ。形・価格帯も千差万別ですが、身近な材料を使って手作りすることも可能です...
盛り上がること間違いなし!家族でオリジナルのおみくじを作ろう

盛り上がること間違いなし!家族でオリジナルのおみくじを作ろう

神社でおみくじを見かけると、つい買ってみたくなりませんか?何が出てくるのかなとわくわくします。家庭でできるシンプルで楽しいおみくじを作ってみませんか。それ...
クリスマスオーナメントを手作り!親子でできる簡単な作り方

クリスマスオーナメントを手作り!親子でできる簡単な作り方

かわいいクリスマスオーナメント、今年は子どもと一緒に手作りしてみませんか?作り方は簡単なのにおしゃれに仕上がる、手作りオーナメントを3つご紹介します。必要...
頭と体を使う外遊び「段ボールそり」の作り方

頭と体を使う外遊び「段ボールそり」の作り方

公園や川原の芝生を勢い良く滑る「段ボールそり遊び」は子どもが夢中になる遊びのひとつです。お金と時間をかけずに手軽にそりが作れるのも魅力的。作り方を少し工夫...

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。