2019年2月16日 公開

福沢諭吉は何をした人?成し遂げた偉業とは

福沢諭吉といえば一万円札に印刷されている、日本人にはおなじみの偉人です。ですが「何をした人なの?」と子どもに聞かれても、具体的に答えることができない方は多いのでは?こちらでは福沢諭吉の成し遂げたさまざまな偉業を解説。代表的な著書についてもご紹介します。

福沢諭吉の簡単なプロフィール


【生誕】1835年1月10日(天保5年12月12日)大阪生まれ
【死没】1901年2月3日(明治34年)満66歳没

福沢諭吉が活躍したのは、江戸から明治時代にかけてです。思想家、また『学問のすすめ』『西洋事情』『福翁自伝(ふくおうじでん)』などが代表作に挙げられる作家でもあります。さらに慶応義塾(けいおうぎじゅく)の創始者であり、教育者としても大きな功績を残しました。

下級武士の家に生まれ勉学に励んだ


福沢諭吉は豊前中津藩(大分県中津市)の下級武士、福沢百助の次男として生まれます。1歳で父の百助が亡くなり、大阪から中津に移りました。

19歳になると長崎で蘭学(らんがく)を学びます。23歳で江戸に出て、慶應義塾の起源となる蘭学塾を開くことに。その後はヨーロッパやアメリカなどの海外に渡るなどし、諸外国の文化に触れることで、日本の進むべき道を示したのです。

福沢諭吉の主な偉業


ここでは福沢諭吉が行った偉業について、わかりやすくご紹介します。

教育者としての偉業

福沢諭吉は上述したように、慶應義塾を創立した人物として知られます。また早稲田大学の創立者・大隈重信と仲が良かったこともあり、早稲田大学の創立にも関わっていたそうです。ほかにも専修大学、一橋大学の創立にも、福沢諭吉が関わっていたとされています。

日本銀行の設立に貢献

諸外国を見てまわった福沢諭吉は、それまでの日本にはなかった「中央銀行を置く」という概念を持ち帰り、日本に紹介したと言われています。こうした福沢諭吉の貢献により、日本銀行が設立されました。

保険の制度を日本に持ち帰った

かつての日本に保険制度はありませんでした。そこでヨーロッパで発達していた保険を日本に持ち帰り、紹介したのは福沢諭吉です。のちに彼の教え子であった阿部泰蔵が、国内初の生命保険会社を立ち上げます。この保険に真っ先に加入し、日本ではじめての生命保険加入者となったのも福沢でした。

翻訳者としての功績

福沢諭吉は蘭学を学び、独自に英学を習得しました。その得意の英語を日本人に馴染みのある漢字にあてはめ、漢字で言葉をつくったことでも知られています。現代においても違和感なく、原語に近いニュアンスで使われている言葉も少なくありません。

・スピーチ(Speech)→「演説」
・トーク(Talk)→「談話」
・リバティ(Liberty)→「自由」

また外国語の翻訳で大活躍した福沢諭吉は、幕府で翻訳の仕事もしていました。当時の日本の外交面を支える人物でもあったのです。

福沢諭吉の有名著書「学問のすすめ」


『学問のすすめ』は、当時でもベストセラーを記録した福沢諭吉の代表作です。「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」の一説は、多くの人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。福沢諭吉の言葉として知られていますが、元はアメリカの独立宣言ではないかという説が有力なようです。

この一説が有名なので、『学問のすすめ』は「人は平等だ」と書いてある本かと思いがちですが、じつは全く逆。本の中で福沢諭吉は学問の重要性を説いていて、学ぶ人と学ばない人とには、差ができてしまうこと、学ぶことの意味などについてを深く説いています。

現代にも通じる思想


福沢諭吉について簡単にご紹介しました。教育者としての福沢諭吉は有名ですが、現代の商業の発展、そして経済発展にまで影響を与えている人物です。今の日本にも通じるような思想を日本人に浸透させた福沢諭吉。一万円札の顔になっている理由も、理解していただけたのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

空き瓶を使った工作!ハロウィン・キャンドルホルダーを作ろう

空き瓶を使った工作!ハロウィン・キャンドルホルダーを作ろう

10月に入ると少しずつ気温も低くなって秋の夜長を感じるようになりました。ハロウィンの準備に向けて気分を盛り上げるキャンドルホルダーを作ってみませんか?今回...
イギリスのハロウィンって?簡単英語フレーズもご紹介!【英国すくすくレポ】

イギリスのハロウィンって?簡単英語フレーズもご紹介!【英国すくすくレポ】

秋のイベントと言えばハロウィンですね。ハロウィンは外国発祥のイベントですから、異国文化を学んだり、体験するのにもピッタリ。それに便乗して、英語への興味も一...
小学校で「落ちこぼれたらどうしよう?」という心配は不要! 未来につながる資質や能力を育もう

小学校で「落ちこぼれたらどうしよう?」という心配は不要! 未来につながる資質や能力を育もう

園でのびのびと遊んでいた毎日から、小学校入学後、環境の変化やギャップをうまく乗り越え、学びを繋げるために親ができることは?4〜6歳頃の子を持つ親の悩みや不...
絶対音感は子どもに身につけさせるべき?音感を養うと良いこと

絶対音感は子どもに身につけさせるべき?音感を養うと良いこと

お子さまに絶対音感を身につけさせたいと考えたことはありますか?2〜6歳が臨界期といわれ、この時期に訓練すれば絶対音感が身につくと聞けば興味が湧きますよね。...
親子の会話はなぜ大事?間違うのも必要?【幼少期の親子関係で大切なこと】


親子の会話はなぜ大事?間違うのも必要?【幼少期の親子関係で大切なこと】


大人と子の「面白い」「興味関心」には、実は大きなギャップがある!?共感し、体験を会話で整理するのが大事なのですが……。ではどうやって?家庭内での親子時間が...

KEYWORDS

WRITER

Lei Lei  東京生まれ北関東在住の男子2人のママです。フリーライターをしております。自由すぎる男子たちに振り回されながらマイペースで子育てしてます。