2017年5月18日 公開

悩ましい上履き汚れ!効果的な洗い方から子どもへの習慣づけまで

室内履きなのにすぐ汚れてしまい、その汚れがなかなか落ちない上履き。なんとか汚れを落とそうと苦労しているママも多いのでは?そんな上履きの上手な洗い方や、ひどい汚れの落とし方についてご紹介します!

上履きの上手な洗い方

 (52122)

上履きの汚れは、普段洗濯機などで洗っている衣類とは少し質が違います。中性洗剤を溶かしたぬるま湯に一晩つけおきしたうえで、衣料用粉末洗剤でこすり洗いする、というのが上履きの一般的な洗い方といえるでしょう。

なお、活発な子でひどく汚れる……という場合には、固形石鹸を使用するのがおすすめです。上履きの汚れをブラシで軽く落とし、つけおきせずに固形石鹸をたっぷりと塗りつけます。少し時間をおいてから、お湯で泡立てながらブラシで洗うと、汚れが落ちやすくなりますよ。

汚れがひどいときは?漂白剤&研磨剤

 (52112)

泥汚れがついてしまったりしてなかなか落ちないときには、やっぱり漂白剤が有効です。漂白剤を溶かしたお湯に一晩つけこんだ後、きれいなお湯ですすぎます。塩素系漂白剤は上履きを傷めてしまう可能性があるので、酸素系漂白剤を使うようにしましょう。

また、研磨剤が配合されているクレンザーをつけて、上履きをブラシでたたき洗いする方法もあります。たたき洗いすることで、研磨剤が生地の中の汚れを掻き出してくれます。

※漂白剤や研磨剤を使う場合には、ゴム手袋などを着用してください。

汚れがひどいときは?自家製ペーストで

 (52115)

Ken Ishikawa/CC BY-SA 3.0
上履き洗い用の自家製ペーストをつくるのもいいですね。材料は、歯磨き粉と重曹、酸素系漂白剤の3つだけです。

歯磨き粉と重曹をまぜ、さらに漂白剤をまぜて使いやすい硬さのペーストに調整します。できたペーストをブラシにつけて、つけおきしておいた上履きを洗います。家庭にあるものばかりなので、気軽に試してみることができますね。

汚れがひどいときは?鍋で煮る!?

 (52114)

なんとかして真っ白にしたい、というときの裏技があります。ちょっとした勇気と準備がいりますが、鍋で上履きを煮るという方法です。台所用漂白剤を入れたお湯で約5分煮た後、自然乾燥させましょう。買ったばかりのような白さが蘇りますが、上履き専用の鍋を準備する必要がある、生地によっては傷む可能性があるといったデメリットもありますから、それでも白さがほしい場合にのみ試してみるのがいいかもしれません。

4~5歳になったら自分で

 (52109)

子どもたちは、洗濯カゴに入れておくだけで毎日清潔な洋服を身に着けられることを、当たり前だと思っているかもしれません。でも、成長とともに、身の周りのことは自分でできるようにしていかなければなりませんよね。

上履き洗いについては、小学生のころには自分で洗っていた、というパパママも多いのでは?その準備段階として、お子さまが4~5歳になったら一緒に上履き洗いに挑戦してみてはいかがでしょうか。洗い方を覚えて、少しずつ自分で洗えるようになるといいですね。

上履き洗いの大変さを理解することで、ママへの感謝の気持ちも湧いてくるかもしれません。

上履きを楽してきれいに!

落としきれなかった毎週の汚れが蓄積されてしまったり、子どもが持ち帰るのを忘れて2週間分の汚れが溜まってしまったりと、上履きの汚れはなかなか手ごわいもの。落ちない汚れが気になってきたら、いつもの洗い方ではなく、ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。効果的な洗い方を知ることで、力任せに洗うより楽してきれいにすることができますよ。

また、4~5歳になったら子どもに洗い方を教えて、自分のことは自分でする習慣を身につけられるようにサポートしていきましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもが喜ぶ!簡単フルーツカッティングの方法教えます♪

子どもが喜ぶ!簡単フルーツカッティングの方法教えます♪

「これどうやって作ってるの!?」そんな難しいイメージのあるフルーツカッティング&アート。でも仕組みさえ分かってしまえば実はとっても簡単! 華やかで子どもた...
可愛いバスボムを簡単手作りできるキット「バスボムラボ」新発売

可愛いバスボムを簡単手作りできるキット「バスボムラボ」新発売

3ステップで簡単にクオリティの高いオリジナルのバスボム(炭酸入浴剤)が完成するハンドメイドキット「バスボムラボ」が、学研ステイフルから新登場!親子のお風呂...
世界に目を向けるきっかけに!「いもとようこ世界の名作絵本」シリーズ

世界に目を向けるきっかけに!「いもとようこ世界の名作絵本」シリーズ

いもとようこさんの世界の名作絵本は、あたたかいイラストとわかりやすいことばが魅力。親しみやすいので、世界の名作にふれるきっかけにピッタリです。そこで今回は...
文字がない絵本「スノーマン」の魅力とは

文字がない絵本「スノーマン」の魅力とは

誰もが一度は目にしたことがある魅力的な「スノーマン」。しかし、スノーマンの絵本をじっくり見たことがあるという方は意外と少ないのではないでしょうか。そこでこ...
【海外休暇事情】家族やお祭りが何より大事なアジアの場合は?

【海外休暇事情】家族やお祭りが何より大事なアジアの場合は?

アジアの中では休暇制度は充実している日本。でも、実際には、会社に迷惑をかけられないと気が引けて、なかなかお休みが取れないことが多いもの。他のアジア諸国はど...

KEYWORDS

WRITER

youko youko  子どもは私にとってキラキラと輝く宝石のような存在です。 それを磨いて上げるのが親の役目。 未熟者ですが日々子育て頑張ります!