2018年6月1日 公開

折り紙ラッキースターの作り方!知育遊びやおもちゃにも

「ラッキースター」をご存知ですか?折り紙やマスキングテープなどで簡単に作ることができ、飾っても、遊びに取り入れてもかわいいアイテムです。ハサミやテープを使うので、指先を使う知育遊びとしても○。ラッキースターの作り方と、遊び方や飾り方などの活用法をご紹介します。

立体的でかわいいお星さま「ラッキースター」って?

via photo by author
ラッキースターとは、細長い形状の折り紙を折りたたんで作るお星さまのこと。海外でも人気が高く、「origami lucky stars」「origami stars」との呼び名で親しまれています。願いごとを込めながら作ると、願いが叶うともいわれているラッキーアイテムです。

今回は、折り紙での作り方をメインに紹介しますが、マスキングテープや包装紙、紙テープなど素材のアレンジは自在。いろいろな色や柄で作ると、一層楽しいですよ!

外食の際は、箸袋を活用してみましょう。箸袋の端を上手に割いて細長くすると簡単です。覚えておくと、外食の隙間時間に遊べます。

折り紙で作る、ラッキースターの作り方

では、ラッキースターの作り方をご紹介します。

【材料】
・好きな色の折り紙

【道具】
・ハサミ
・セロハンテープ

1.折り紙を切り、細長くつなげる

via photo by author
まず、折り紙を切って貼り付け、細長いテープ状にします。

1. 折り紙を3回折りたたむ

2. 折り紙を広げる(8等分になるように、折り目をつける)

3. 折り目に沿って、はさみで8等分に切り分ける

4. 切り分けたもののうち、3本をセロハンテープで貼り合わせ、つなげる
※このとき、少しでも長くなるように、重なり部分を短くすると、上手に作りやすいです。

2.細長くした折り紙を端から折りたたんでいく

via photo by author
細長くした折り紙を端から折りたたんでいき、ラッキースターを作っていきます。願いを込めながら、折り進めていきましょう。

1. 輪を作るように、結ぶ

2. 結び目が五角形になるように潰す
※この時、紙の幅が1辺の長さになるように、キツめに折ると仕上がりがきれいです

3. 端を折り込み、処理する

4. 裏返し、点線部分(五角形の辺になるように)を谷折りにする

5. 裏返し、同様に五角形になるように折る

6. 端っこまで折り畳めたら、折り目に通し、はみ出た部分を切る

7. 五角形の各辺の中央を爪で押し、立体的になるようにふくらませる

折り紙でなくても、千代紙や包装紙など、好きな柄の紙を細長くつなげば、ラッキースターを作ることができます。その際は、1~1.5cm幅になるように作ると、ラッキースターが折りやすいです。いろいろなバリエーションのラッキースターを作ってみてください。

ぷくっと上手に立体的にするコツ

ラッキースターの一番難しいところが、最後のぷくっと立体的にするところ。五角形の辺の真ん中に爪を立てて、軽く力を入れるのがコツです。

筆者が作ったとき、両手の親指・人差し指を使って、4辺を同時に膨らませるようにすると、紙が滑りにくくなるので、やりやすいと感じました。

それでも難しい場合は、つなげる折り紙を増やして、厚みを増すようにすると、立体感を付けやすいですよ。

【応用】折り紙以外でもラッキースターを作ろう

折り紙でラッキースターを作るには、まず折り紙を細長く切り分け、テープでつないで長い1本の紙テープ状にする必要があります。この手間が面倒な時や、たくさん作る必要がある場合には、折り紙以外の材料で作るのもおすすめです。

例えば、マスキングテープや紙テープ。もともと細長い素材なので、好きな長さにカットして作りはじめれば、すぐに完成します。特にマスキングテープは、さまざまな柄があるので、完成したときが華やかですね。半端に余っているマステの有効活用に、いいかもしれません。

via photo by author
マスキングテープで作るときは、同じ長さのテープを2枚用意して、両面を貼り合わせて使用します。

1枚は机などに貼りつけて、ゆっくりはがしながら接着していくと、失敗が少ないです。もしナナメになってしまっても、何度でもやり直せるのがマステのいいところ。親子でコツを探しながら、作ってみましょう。

ラッキースターは、インテリアとしてもかわいい

ラッキースターは、ひとつでもかわいらしいけれど、たくさん作って飾ると魅力が倍増します。

透明な容器に入れてディスプレイ

via photo by author
例えば、空きビンや空き容器に入れるだけでも、おしゃれなインテリアに変身。

トレイに乗せてディスプレイ

via photo by author
トレイに乗せて、ディスプレイしてもかわいい!卒業した、子どもの赤ちゃん時代のおもちゃと一緒に飾っても、相性抜群です。

糸でつないでガーランドとしても!

via photo by author
たくさんできたら、針と糸でつないでガーランドとしても活用できます。七夕やクリスマスオーナメントとして、飾っても楽しいですね。自分で作った飾りは、子どもにとって特別なものになるはずです。

ラッキースターを子どものおもちゃに活用!

ラッキースターは、インテリアとしてだけでなく、子どものおもちゃとしても活用できます。

タッパーに入れてガラガラとして

via photo by author
タッパーなど透明な容器に入れると、カラフルなラッキースターの音が優しいガラガラに。一緒に鈴やビーズを入れると、いろいろな音が楽しめます。開かないように、周りをテープで止めてくださいね。

お金がかかっていない手作りおもちゃですが、うちの子にはとても好評でした。

お皿を準備して、ままごとのパーツとして

via photo by author
カラフルなラッキースターを素材に見立てて、おままごとキッチンで使うのも良いですね。赤はイチゴ、黄色はバナナ……と、子どもが知っている食材に当てはめて遊ぶと、想像力も豊かになりそう。

他にも、針と糸でつないだものをくくりつけて、手作りのモビールを作ってみたり、ネックレスにしたり、穴を開けた箱に入れる「ぽっとん落とし」のパーツとして使ってみたり、アイデア次第でおもちゃとしての使い方は無限大です!

手作りのおもちゃアイテムとしても、ラッキースターを活用してください!

ラッキースターをたくさん作って、子どもと楽しもう

ラッキースターを折り紙で作る工程には、ハサミやテープも登場するので、子どもが基本的な道具の使い方をマスターする、いいきっかけにもなります。折り方もシンプルなので、子どもでも楽しく作れるはずです。

子どもは同じものをたくさん作りたがりますが、ラッキースターは作れば作るほど、楽しくなるのもうれしいポイントです。数があるほど、インスタ映えもしますよ!おもちゃとしても楽しく遊べるので、お子さんが満足するまで、たくさん作らせてあげてくださいね。

天気や体調が悪くてお外に出られないときなど、ぜひ親子で楽しくラッキースターを作ってみてください!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「うんこ」を折り紙で再現!子どもでも1分で簡単にできる作り方

「うんこ」を折り紙で再現!子どもでも1分で簡単にできる作り方

折り紙遊びは、おうち遊びの鉄板ですよね。そこで、この折り紙で子どもが大好きなものの鉄板「うんこ」を作る方法をご紹介します。この折り紙を知っておくと、とにか...
【保育士が教えるはじめてのおりがみ~花びら】子どもとステキなインテリアを作ろう

【保育士が教えるはじめてのおりがみ~花びら】子どもとステキなインテリアを作ろう

キレイに折れなくても大丈夫。折り紙で2回折りをくり返したら、楽しいインテリアのできあがりです!ぜひお子さまと一緒に、冬のお部屋遊びにどうぞ。折り方をマスタ...
トランスパレントペーパーで親子工作♪窓辺を花やお星さまで飾ろう

トランスパレントペーパーで親子工作♪窓辺を花やお星さまで飾ろう

透かし折り紙「トランスパレントペーパー」を使って、窓辺に飾るサンキャッチャーを作ってみませんか。透けた紙を重ねることで、きれいな色のグラデーションが楽しめ...
【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

七夕は、はじめての折り紙遊びには良い機会です。健やかな成長を願う気持ちを込めて、1~2歳の小さなお子さんでもできる折り紙をご家庭で楽しんでみませんか?三角...
「小さな箱」を折り紙で作ろう【簡単に作れるふた付きの箱】

「小さな箱」を折り紙で作ろう【簡単に作れるふた付きの箱】

ふた付きのミニ収納箱を折り紙で作ってみませんか。きちんと感のあるシンプルな正方形の箱は、小物入れ・ラッピングにも使えます。美しい仕上がりのコツは「折り目を...

WRITER

海野りんご 海野りんご  宮崎県在住の新米ママです。関西の国立大学卒業後、大阪で就職。結婚を機に宮崎に戻り、フリーライターとして活動。2017年5月に出産し、育児に試行錯誤中!同じ悩み・疑問を抱えるママたちの役に立つような記事が書けるよう、日々アンテナを張っています!