2018年6月4日 公開

【フランスの国語教育事情】母国語で落第もあるってホント⁉

ひらがな、カタカナ、漢字と3種類の文字を使い分ける日本語は難しいとされていますが、フランス語も女性名詞・男性名詞があり、また動詞の活用がたくさんあったりと、難易度の高い言語のひとつ。そんなフランスの、初等教育を中心とした国語教育事情についてご紹介します。

国語は文法と綴りに重点を

 (96965)

Pressmaster / Shutterstock.com
フランスの初等教育では、「正しく」書けることに重点が置かれ、国語の時間の約7割が文法や綴り、語彙などの学習にあてられています。

中でも特徴的なのが「ディクテ(dictée)」と呼ばれる「書き取り」。先生が読み上げる文学テキストを生徒が一斉に書き取るというスタイルの授業です。「書き取りだけだったら簡単そうじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はフランス語ではこれがかなり難しいのです。

フランス語を少しでも学ばれたことのある方ならよくわかるかもしれませんが、同じ名詞で発音が同じでも女性名詞・男性名詞で綴りが異なったり、動詞の活用が主語によって変わったり、特有のアクサン(綴り字)記号があったり……と、正しいフランス語を書くのはネイティブでも至難の業。

「ディクテ(dictée)」の結果を見るだけで、どれだけのフランス語能力を備えているかが一目瞭然というわけです。

国語の授業は、ほとんどが午前中

 (96969)

Photographee.eu / Shutterstock.com
フランスでは「言葉はすべての教科・学問の基礎である」との教育理念のもと、初等教育において国語は算数と並んで2大重点教科とされています。そのため、文法や読み書きなどの国語の授業は、1日の中で最も集中力が高まるとされる午前中に行うようにと教育省からも指導・実施されているのです。

授業時間が午前中とされていることからも、国語に対する、力の入れようが伺えますね。

母国語で落第もある

 (96972)

Leah-Anne Thompson / Shutterstock.com
フランスでは日本と比べると落第も多いです。

日本では「落第は汚点・恥」だと思う親御さんが多いのではないかと思います。しかしフランスでは、「きちんと理解できてないのに上の学年に進ませる方がかわいそうだ」という意見が多く、落第に対して日本ほどマイナスのイメージはありません。

初等教育でも生徒を落第させることもあり、母国語であるフランス語でも落第する子もいます。

国語教育徹底のため、義務教育を3歳から実施⁉

 (96975)

Rawpixel.com / Shutterstock.com
マクロン大統領は2018年3月27日の演説にて、義務教育は現状6歳からとなっているのを、3歳から実施する方針を明らかにしました。早ければ2019年度から実施される計画です。日本のメディアでも取り上げられ、話題になったようですね。

「教育格差をなくすことを目標とし、貧困地域などで小学校の授業についていけず落第する生徒が多くいる現状を解決するために、特に国語教育に力を入れる」といったことからだそう。

国を挙げて、さらなる国語教育の徹底を目指していることが伺えますね。

最後に

日本の大学入学試験に当たるフランスのバカロレア試験では、国語に当たるフランス語試験は筆記に加え「口述」試験もあります。

議論好きなフランス人。哲学や政治について、ワインを片手に熱弁を振るう姿を見て、「背景にあるのは初等教育からの厳しい国語教育の成果かな」と思えてくることも……。

しかし、厳しい教育の元、正確なフランス語を上手に操る人が多くいる一方で、すべての地域で皆にフランス語教育が行き届いているわけではないと思わせる現状もあります。フランスの中学校に務める親戚の話では、中学生でも簡単な文法を間違える子が多々いると嘆いていました。移民も多いお国柄で、国内におけるフランス語の学力の差は、できる子とできない子でかなりの開きがあるのも事実のようです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

スウェーデンのおもちゃブランド「BRIO」から、「ウェアハウスレールセット」が新登場。車を乗せられる手動式の荷台があり、上から車をビューンと走らせることが...
【子どもの叱り方】フランスでは子どもを「子ども扱い」しません

【子どもの叱り方】フランスでは子どもを「子ども扱い」しません

子どもが「夜泣きしない」「何でもよく食べる」などと、育児書で取り上げられることも多いフランスの子育て。では、叱り方についてはどんな方法がされているのでしょ...
鉛筆は使わない?フランスの学校で使う文房具事情

鉛筆は使わない?フランスの学校で使う文房具事情

小学校に入学したら、筆箱に鉛筆を揃え、授業に備えて毎日きちんと削って……日本では普通のことですよね?お国が変わればそれもまた変わります。今回は、鉛筆ではな...
フランスの防犯教育事情:子どもの誘拐を防ぐ10カ条とは

フランスの防犯教育事情:子どもの誘拐を防ぐ10カ条とは

子どもが自分で自分の身を守れるようになるために、どんな教育をしていますか?「日本ほど治安がよい国はない」といわれることの多い日本でも、幼い子どもが犯罪に巻...
塾なし!通信教育が自学自習の基盤に【気づいたら娘が東大生】

塾なし!通信教育が自学自習の基盤に【気づいたら娘が東大生】

「東大現役合格」というと、「どこの塾に通っていたの?」とよく聞かれます。でも娘は、いわゆる大手進学塾や予備校には行きませんでした。娘の自学自習を支えたのは...

WRITER

早野沙織 早野沙織  在仏3年目、フランス人旦那と二児(2歳と0歳男児)とアルプス地方グルノーブル市在住のママライター。慶応義塾大学法学部卒業。現地から日本ではあまり知られていないフランスの地方・育児事情をお届けします!