2017年12月4日 公開

ユーモアたっぷり!佐々木マキさんの世界観が満喫できる絵本5選

佐々木マキさんは、ユーモラスで味のある絵本を数多く出されている絵本作家です。はじめは漫画家としてデビューした経歴を持ち、村上春樹さんの本のイラストを手掛けていることでも有名です。そんな佐々木マキさんの絵本で、親子一緒にそのユーモアたっぷりの世界観に浸ってみませんか?

自分らしく生きることの大切さを教えてくれる絵本

 (66363)

タイトル:やっぱりおおかみ
著者  :佐々木 マキ(作・絵)
出版社 :福音館書店

親も子も、「〇〇ちゃんがうらやましい」「〇〇ちゃんはできるのに、どうしてうちの子はできないの」と、思わず自分と周りを比べてしまうことがあるのではないでしょうか。そんなときに読んでみてほしいのがこの絵本です。

この絵本の主人公は、一匹だけ生き残っていた子どものおおかみ。周囲の動物たちは、おおかみを怖がり逃げてしまうのでいつも一人ぼっちです。「自分と似た子なら友達になってくれるかも」と探してみますが、おおかみと似た友達を見つけることはできません。

「しかになれたら楽しく遊べるのかな?」とも考えます。でも結局は、「自分はおおかみなんだから、おおかみとして生きるしかないんだ」と気がつくのです。

これは子どもも同じこと。みんなそれぞれ個性があり、だからこそ面白い。人と比べるのではなく、自分らしく生きることが大切なのだとあらためて気づかせてくれる絵本です。

シュールな世界観がたまらない

 (66409)

タイトル:ぶたのたね
著者  :佐々木マキ(作)
出版社 :絵本館

佐々木マキさんの絵本といえば、シュールでユーモラスな世界観が人気の秘密。この絵本は、そんな佐々木マキさん独自の世界観を思いっきり堪能できます。

この絵本の主人公は足の遅いおおかみ。足が遅すぎてぶたを捕まえることができず、生まれて一度もぶたを食べたことがないのです。どうしてもぶたを食べてみたいおおかみは、「きつねはかせ」に相談します。きつねはかせはそんなおおかみに、「ぶたのたね」を渡しました。おおかみは、無事にぶたを食べることができるのでしょうか……。

強くてカッコいいイメージのおおかみ。それなのにこの絵本のおおかみは、どことなくまぬけでカッコ悪い。でもそのギャップが面白く、子どももきっと最後までワクワクしながら見ることができるのではないでしょうか。子どもに絵本の楽しさを知ってほしいときにピッタリです。

想像力がかきたてられる絵本

 (66412)

タイトル:ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします
著者  :佐々木マキ(作)
出版社 :絵本館

「ヤギのムッシュ・ムニエルはまじゅつしなのです」そんな言葉から始まるこの絵本。「まじゅつし」という響きにドキドキしてしまう子どももいるのではないでしょうか。でもこのムッシュ・ムニエルは、ちょっぴりいたずら好きだけど心優しい魔術師。子どもは、ムッシュ・ムニエルの楽しい魔術のとりこになりそうですね。

絵本の設定も登場人物も現実離れをしていて、お子さまの想像力がかきたてられそうです。

ハラハラドキドキのストーリー展開

 (66459)

タイトル:まじょのかんづめ
著者  :佐々木 マキ(作)
出版社 :福音館書店

絵本の中の「魔女」というと、怖いイメージを持っている子どもも多いのでは?確かにこの絵本に出てくる魔女も、魔法で動物たちを缶詰に閉じ込めるなど怖い雰囲気の持ち主です。でも、絵本を読み進めるうちに、なんだか憎めないと感じるように。

ハラハラドキドキするストーリー展開ですが、最後はちょっとほっとして楽しい気持ちになります。単純に「悪者がこらしめられる」というだけのストーリーではないので、小さな子どもにも安心して見せることができそうです。

この絵本には「まじょのすいぞくかん」という続編もあります。あわせてご覧になってはいかがでしょうか。

ただ見るだけじゃなく頭を使って楽しめる絵本

 (66469)

タイトル:なぞなぞライオン
著者  :佐々木マキ
出版社 :理論社

この絵本は、女の子が山道で出会う動物にピンチに遭わされ、なぞなぞで切り抜けるというお話。「次はどんななぞなぞで切り抜けるのだろう?」と、ストーリーを追うだけでもハラハラします。

それとともに、この絵本には女の子が出すなぞなぞの答えを考える楽しみもあります。女の子と動物たちの掛け合いもユーモアたっぷり。これなら絵本が苦手なお子さまも、飽きずに最後まで楽しむことができそうです。

親子で絵本を楽しんで

無料の写真: 赤ちゃん, 子ども, 子, 少年, 読書, 本, 母, 息子 - Pixabayの無料画像 - 2598005 (66617)

「佐々木マキ」と聞くと村上春樹さんを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

筆者も、佐々木マキさんをはじめて知ったのはやはり村上春樹さんの本でした。村上春樹さんの不思議な世界観を見事にイラストで表現しており、印象に残っていたのです。

佐々木マキさんの絵本には、子どもだけではなく大人もひきつける魅力があります。ただ読み聞かせるだけではなく、お子さまと一緒に絵本の楽しさを共有してみませんか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

絵本が苦手な子にもおすすめ!長新太さんの絵本5選

絵本が苦手な子にもおすすめ!長新太さんの絵本5選

「絵本があまり好きではない」というお子さまはいませんか。そんなお子さまにおすすめなのが長新太さんの絵本です。長新太さんの作品は大胆な発想と単純なストーリー...
世界中にファンの多い、いわむらかずおさんのおすすめ絵本5選

世界中にファンの多い、いわむらかずおさんのおすすめ絵本5選

いわむらかずおさんは、栃木県の雑木林に移住して絵本を作り続けている有名な絵本作家です。「14ひきのシリーズ」含め多くの作品が、ヨーロッパや台湾など世界中の...
注目!人気絵本作家・高畠那生さんの個展『高畠那生のなつやすみ展』へ行こう!

注目!人気絵本作家・高畠那生さんの個展『高畠那生のなつやすみ展』へ行こう!

鮮やかで大胆な絵とユニークなストーリー展開が人気の絵本作家、高畠那生さん。そんな高畠さんの初めてとなる本格的な個展がこの夏、吉祥寺美術館で開催されます!約...
『パパは脳研究者』を読んで脳科学に則った子育てを楽しもう!

『パパは脳研究者』を読んで脳科学に則った子育てを楽しもう!

脳研究者の池谷裕二さんが、脳の発達を分析しながら娘の成長を記した「パパは脳研究者」。子どもはどうしてこんなことをするの?親はどう対処すればいい?という疑問...
親しみやすさが魅力!「いもとようこの日本むかしばなし」シリーズ

親しみやすさが魅力!「いもとようこの日本むかしばなし」シリーズ

私たち大人が小さい頃に、本で読んだりお話しを聞かせてもらった日本のむかしばなしは、自分たちの子どもにも絵本で読み聞かせしたいものです。中でも、いもとようこ...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。