2018年12月12日 公開

学力全国1位!石川県の学力向上プログラムって?

全国学力1位と名高い石川県。そんな石川県には、独自の学力向上プログラムがあります。2018年の全国学力テストにおいて、5科目中4科目で1位という結果を見ればその成果は明らかでしょう。今回は、テストの結果を裏付ける石川県の学力向上プログラムについて紹介します。

全国学力テストで1位を獲得した石川県

全国学力テストとは、小学校6年生と中学校3年生を対象に毎年4月に行われる、学力調査のテストのことです。小学校6年生では国語A・B、算数A・B、理科の3教科5科目が実施されます。Aは知識、Bは活用に関する問題が出題され、毎年石川、秋田、福井の3県が上位を争うのが通例です。

2018年4月に行われたテストの結果、石川県は4科目で1位をとり見事学力No.1の県に輝きました。2位となった国語Aでも1位の秋田県とは1点差。全体で見れば全国平均を4~7点も上回り、石川県の学力は圧倒的と言えるでしょう。

石川県の学力向上プログラムって?

石川県では子どもたちの学力を上げるため、教員と金沢大学の研究者でテストの結果を分析する取り組みが行われてきました。課題を明らかにすることで、授業の改善に役立てることがねらいです。この流れで策定されたものが、学力向上のための長期的な指針「いしかわ学びの指針12か条」です。

「いしかわ学びの指針12か条」では以下3つの柱を重要視しています。

・活用力を高める授業づくり
・学力・学習を支える基盤づくり
・指導改善を進める体制づくり

これに基づき、各学校で行う取り組みの参考資料として作成されたものが「学力向上プログラム」。指導法や事例、取り組み例などが記載され、現場の教員の授業づくりに大きく反映されています。県の教育機関が一丸となって授業づくりを行ったことが、子どもたちの学力向上に反映、全国1位という結果につながったのです。

学校だけじゃない!家庭学習も重要なポイント

学校で課題に基づき綿密な授業づくりを進めてきた石川県。学校だけでなく、家庭学習も学力向上には欠かせない取り組みのひとつです。学力テストでは、学校で家庭学習を行っているかという調査もなされます。その結果「よく行っている」と回答する学校の割合が突出して高いのが秋田、石川、福井の3県です。

「いしかわ学びの指針12か条」には、保護者や地域との積極的な連携や情報の共有も示されています。学習の定着には復習が欠かせません。学校の授業で学んだことを家庭学習によりしっかり身につける支援は、家庭でもできる教育メソッドですね。

生活習慣の意識改革も学力向上につながる

家庭学習に加え、家庭で見習える教育メソッドに「規則正しい生活習慣」があります。教育に関心があるパパママなら、生活習慣と学習が切り離せない関係にあることはご存知でしょう。「いしかわ学びの指針12か条」でも、よりよい生活習慣を身につけることが織り込まれています。

休日だからといって、家族みんなでだらだらと過ごすことはできる限り避けましょう。パパママが子どもの早寝早起きを手伝い、「午前中の1時間はお絵かきや塗り絵のほか、知育玩具を用いて机に向かわせる」など家庭学習に慣れさせておきます。子どもの生活習慣の見直しで、健やかな成長と学力の向上につなげてみてください。

学力向上プログラムから学習の基盤作りを学ぼう

石川県の学力の高さの裏には、教育委員会や研究機関、現場の教員が一丸となって取り組んだ「学力向上プログラム」がありました。「テストの結果から課題を明確にした授業への取り組み」という面は、家庭では難しいメソッドに感じるかもしれません。

しかし生活習慣や学力定着のための家庭学習は、今日からでも見習うことができます。石川県の学力向上プログラムから教育の基盤を学び、子どもの学習環境づくりへ役立ててみましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【3歳児が料理】ハンバーグに添えられたパパへの理解と思いやりに涙

【3歳児が料理】ハンバーグに添えられたパパへの理解と思いやりに涙

ハクシノレシピのレッスンでは、その日の献立を考えて決めるのも、料理を作るのも子どもです。子どもに食事づくりを任せてみることで、思考力や集中力アップが期待で...
子ども部屋は必要?きょうだい相部屋やリビング学習はOK?

子ども部屋は必要?きょうだい相部屋やリビング学習はOK?

家の中では「できるだけ家族一緒に」を心がけているわが家。そのため、姉妹の子ども部屋は長女が高校生になるまでは相部屋とし、個室になってもドアは締めないという...
きょうだいゲンカ回避の秘策は「上の子を大人扱い」すること!

きょうだいゲンカ回避の秘策は「上の子を大人扱い」すること!

「きょうだいゲンカが悩みのタネ」というパパママは多いでしょう。わが家の姉妹も小さい頃はよくケンカをしていました。しかし、上の子への接し方をちょっと工夫した...
東大生の時間管理は集中力がカギ!【気づいたら娘が東大生】 

東大生の時間管理は集中力がカギ!【気づいたら娘が東大生】 

娘が東大に合格してから、「1日にどのくらい勉強していたの?」とよく聞かれます。しかし娘はガリ勉タイプではありません。ただ、勉強モードになったときの集中力は...
【3時間の集中】落ち着きのない子でも取り組めたのは料理でした

【3時間の集中】落ち着きのない子でも取り組めたのは料理でした

子どもが集中できる時間はせいぜい数分。でも、気持ちと頭を切り替えて集中する時間を少しずつ伸ばしていくことはもちろん可能です。その練習に料理はとても役立ちま...

KEYWORDS

WRITER

mokomoko mokomoko  九州出身、群馬県在住の小学生のミックスツインズママです。好きなものは書くこと、読むこと、食べること。今は子育てで蒔いた種を子どもがどんな風に咲かせるのか楽しみな毎日です。