2017年3月18日 公開

小学生のいる家庭は知っておきたい!世界の九九事情

パパやママたちも小学生時代に、掛け算の九九を一生懸命覚えた記憶がある方は多いでしょう。お子さまも、小学校に入ると同じように九九を暗記しなければなりません。しかし、実は世界ではさまざまな方法で九九を覚えているのです。そんな世界の九九事情を紹介します。

語呂とリズムで覚える日本式は少数派

 (41723)

日本では2×2=4を「ニニンガシ」というように、語呂よく、リズムよく暗記することができます。1の段から9の段まで、繰り返し暗唱して覚えていきます。しかし、海外でこのような方法を採用する地域は少なく、ひたすら数字を並べて暗記しなければならないようです。
「勉強 子ども」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (40889)

たとえば、英語圏だと12×12まで暗記する必要があります。実は、日本の暗記量は少ないほうで、世界の子どもたちはさらに大変なようですよ。

インドでは20×20まで覚える

無料の写真: 子供, 女の子, 男の子, 人, インド, ネパール, ヒマラヤ - Pixabayの無料画像 - 428909 (40892)

インドでは20×20まで暗記するのが一般的で、地域や学校によっては99の段まで学ぶところもあるようです。すると2桁×2桁の掛け算もスムーズにできるようになるため、計算のスピードが大幅にアップします。

ちなみに、九九を利用するインド式の掛け算も最近注目されています。計算が簡単で早く、暗算でも間違いにくいというメリットがありますから、覚えてみるのもいいかもしれませんね。

12×12まで覚えるアメリカ・イギリス

無料の写真: 子, 学校, 女の子, 子供, 教育, 小学校, 人, 幸せ, 学生 - Pixabayの無料画像 - 830988 (40895)

アメリカやイギリスでは12×12まで暗記します。日本語のように数式を短く表現することができないため、九九の表を見ながらひたすら覚えていくやり方です。「Two times two equals four. Two times three equals six.」と、呪文のように暗唱する子が多いそうです。

ひたすら暗記していくと、2×2を見るとぱっと答えが出てくるようになります。覚えるのは大変ですが、数字を見ただけで反射的に答えが出てくるため、計算は意外と早いようです。また、小学校で覚えない子も多いため、高校生でも九九の授業を受けることがあります。

九九を暗唱しないドイツ

無料の写真: かわいい, 愛らしい, 赤, 髪, 子ども, 子供, 旧市街 - Pixabayの無料画像 - 1235619 (40898)

ドイツは10の段まで覚えます。覚え方は英語圏と似ており、九九の表を見ながら2×2=4と数式をそのまま覚えるようです。丸暗記させる方式ではなく、最初は九九の表を参考にしながら問題を解きます。ひたすら計算を反復練習して、最終的に九九も覚えるのです。

日本と大きく異なるのは、数字の読みあげ方でしょう。ドイツでは、一の位の次に十の位を読みます。56なら6と50です。また、授業の進め方も異なり、九九をすべての段学ぶ前に、割り算がはじまります。確かに、掛け算と割り算には関連がありますから、合理的な学び方かもしれませんね。

九九のとらえ方はさまざま

掛け算の基本である九九ですが、国によって覚える範囲や覚え方はさまざまですね。ドイツのように丸暗記を重視しない地域や、インドのようにたくさん覚えて計算スピードを上げる国も。もし、お子さまが九九の丸暗記に疲れたり、つまずいたりしても、世界の九九事情を知ることで少し視野が広がるかもしれませんね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子で学ぶ「ふれあいプログラム」が充実!休暇村で楽しむ知育旅

親子で学ぶ「ふれあいプログラム」が充実!休暇村で楽しむ知育旅

家族旅行に行きたいと思っても、「どこに行けば子どものためになるんだろう?」と迷ってしまうことも。そんなときは、親子で学べる「ふれあいプログラム」が充実した...
知育旅行@休暇村!親子で夕陽を観察しよう

知育旅行@休暇村!親子で夕陽を観察しよう

せっかくの家族旅行なら、テーマを決めた知育旅はいかがでしょうか?たとえば、「夕陽の絶景を眺める旅」。都会ではなかなかじっくりと見る機会のない日没の風景に、...
【第1回】数の意味:「かぞえ」てみると「同じ」がみえてくる

【第1回】数の意味:「かぞえ」てみると「同じ」がみえてくる

就学前に数学的な思考力を育て、発達させるために、親子で楽しく取り組めるアイディアやポイントをお伝えする連載第一弾。「かぞえる」という動きを通して、「数」の...
全てが数学につながる!子どもの力を育てるための大人の役割「あいうえお」

全てが数学につながる!子どもの力を育てるための大人の役割「あいうえお」

就学前の子どもに、数学的な思考力を効果的に発達させたいと願う、親や周囲が心がけるべき、声がけ、態度、誘導の仕方のヒントと考え方を、立教大学・黒澤俊二教授に...
国が違えば食育も違う!オーストラリアの「健康的な食事」とは?

国が違えば食育も違う!オーストラリアの「健康的な食事」とは?

日本では以前から食育が盛んですが、オーストラリアでは最近やっと、年々増える子どもの肥満や虫歯が問題視され、健康的な食習慣を身につけさせる「食育」の重要性が...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!