2018年9月20日 公開

チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんを上手に乗せるコツ

子どもがチャイルドシートを嫌がり困った経験はありませんか?チャイルドシート嫌いの子どもを車に乗せるのは大変な作業。いざ乗せても座席で泣いている赤ちゃんがかわいそうで、運転に集中できないなどの問題もあります。ここでは、上手に乗せるためのポイントを紹介します。

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる理由

困る女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (110514)

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのには、理由があるはずです。原因を知ることで良い対処法が見つかるかもしれません。チャイルドシートを嫌う理由には、以下のようなものが考えられます。

チャイルドシートに乗っている環境が不快というケース

装着することで身体が締め付けられ、窮屈さを感じて嫌がっている場合あります。夏場であればシートと身体が密着して温度が高くなり、蒸れて不快なのかもしれません。

チャイルドシートに乗っていることが不安というケース

新生児の時期に多いのが、シートにひとりで座ることに不安を感じているケースです。大人にとっては少しの時間の移動でも、赤ちゃんはなかなかそれが理解できません。パパママが抱っこをしてくれないことへの不安、パパママの姿や見えないことへの不安などで号泣してしまいます。

チャイルドシートに乗っている時間が退屈というケース

遊ぶことが大好きな赤ちゃんにとって、走行中は自由に遊ぶことができない退屈な時間。暇をもてあまして機嫌が悪くなってしまうことがあります。乗るときは機嫌が良くても、時間が経つにつれ泣き出す場合は退屈しているのかもしれません。

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるときの対策

チャイルドシートに乗せた孫|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (111171)

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる原因から、対処法を検討してみましょう。

まずはチャイルドシート内の環境が快適かどうかチェックします。暑い・寒いなどの問題は、シートの素材選びやカバーの設置で対策を。日差しがまぶしくないか、窓ガラスからの熱が暑くないかも忘れずに確認しておきます。

パパママの姿が見えずに不安がっている場合、シートを設置する場所を変更したり、頻繁に声かけをして安心させたりといった工夫をしてみてください。抱っこができない代わりに手を握るなど、体に触れてあげるだけでも安心できます。

子どもが喜ぶような音楽を流すのもおすすめです。車内で過ごすことに退屈してしまう赤ちゃん対策でも同じことが言えますが、車内でしか遊べないようなベビー用おもちゃを用意するのも一案。アンパンマンやディズニーなど、子どもが好きなキャラクターのDVDを見せてあげるのも良いでしょう。

赤ちゃんをチャイルドシートにスムーズに乗せるコツ

指差しチェック|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (110500)

乗せるときは体が窮屈でないか、またはシートとフィットせずに不安定でないかをチェックし、位置を調整してあげましょう。服装の厚みなどを考え、季節によってベルトを調節することも大切です。安全のためにも、パパママが快適な環境を整えてあげてください。

チャイルドシートに乗り慣れていないために嫌がっているケースもよくあります。この場合、乗り慣れることである程度の不安は解消できるでしょう。普段から室内でチャイルドシートに乗る練習をするほか、パパママも上手に子どもを乗せられるよう練習をしておくとスムーズにいきます。

またパパママが「泣かれたらどうしよう」と不安に感じたり、上手く乗せられなくて焦ったりすると、赤ちゃんもその変化を敏感に察知して不安になるもの。笑顔でしっかり声かけしながら、焦らずに乗せてあげることもポイントです。

赤ちゃんをチャイルドシートへ乗せるために役立つアイテム

チャイルドシートのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (110513)

子どもにとって快適なドライブ空間が保てるように、専用のグッズもたくさん市販されています。たとえばチャイルドシートに取り付けられるおもちゃや、シートの温度環境が良くなるような保温・保冷シート、後部シートからでも運転者の顔を確認できるベビーミラーなど。こうした専用グッズもうまく取り入れてみましょう。

子どものチャイルドシート嫌いを克服して快適なドライブを

チャイルドシートに乗るこども|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (111172)

チャイルドシート嫌いの子どもはたくさんいますが、イヤがるのには必ず理由があります。まずは赤ちゃんを不安にさせている原因を探ってみることが大切です。泣いている理由に検討がついたら原因を取り除き、赤ちゃんの不安や不快感を解消してあげてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

お話をしっかり聞ける子に!子どもと目をあわせて話すコツ

お話をしっかり聞ける子に!子どもと目をあわせて話すコツ

幼児期の子どもは総じて落ち着きがないもの。話をしたいと思っても、知らんぷりをされてしまったり、目線をそらされてしまったりして、「ちゃんと聞きなさい!」と怒...
夢中で遊べる!簡単ペットボトルキャップのクルマとコマの作り方

夢中で遊べる!簡単ペットボトルキャップのクルマとコマの作り方

ペットボトルキャップは手作りおもちゃの材料にもってこい!おもちゃコンサルタントの筆者がおすすめのおもちゃの作り方を2つ紹介します。どちらも簡単に作れる楽し...
「2019年は天皇誕生日がない初めての年」祝日法施行から71年

「2019年は天皇誕生日がない初めての年」祝日法施行から71年

天皇誕生日である12月23日は、今まで国民の祝日でした。しかし2019年4月30日に天皇陛下が御退位され、5月1日より皇太子さまが新天皇に御即位されること...
【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

スウェーデンのおもちゃブランド「BRIO」から、「ウェアハウスレールセット」が新登場。車を乗せられる手動式の荷台があり、上から車をビューンと走らせることが...
100均グッズでかわいいメダルを作ろう〜くるみボタン編〜

100均グッズでかわいいメダルを作ろう〜くるみボタン編〜

100円ショップでも人気の「くるみボタン」キットを活用した手作りメダルの紹介です。好きな柄の布や刺しゅうをした布でくるみボタンを作り、フェルトやデコパーツ...

KEYWORDS

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー