2016年12月23日 公開

戦車がさわれる!入場無料の陸上自衛隊施設「りっくんランド」へ行こう!

自衛隊はニュースで見るだけで、関心はあるけど身近に感じない家庭が多いかもしれません。そこで国を守る陸上自衛隊とは具体的にどんな存在なのか、分かりやすく教えてくれるのが「りっくんランド」です。ここではりっくんランドがどのような施設なのかご紹介します。

自衛隊はニュースで見るだけで、関心はあるけど身近に感じない家庭が多いかもしれません。そこで国を守る陸上自衛隊とは具体的にどんな存在なのか、分かりやすく教えてくれるのが「りっくんランド」です。ここではりっくんランドがどのような施設なのかご紹介します。

りっくんランドとは

出典:防衛省陸上自衛隊広報センター(http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter ) (31779)

ファイル:Gsdf2006 0624.JPG - Wikipedia (35965)

Dddeco
2002年に埼玉県朝霞市に設立された、陸上自衛隊の広報センターが「りっくんランド」です。ちなみに「りっくん」とは陸上自衛隊のマスコットキャラクターを指します。りっくんランドでは陸自が担う国内外での役割や、これまでの歴史、各種装備品などが展示されています。また、フライトシミュレーターや射撃シミュレーターなど、映像技術を駆使した体験コーナーもあり、大人も子どもも国を守ることがどういうことか身をもって感じることができる施設です。

【所在地】
東京都練馬区大泉学園町
(広報センター所在地は埼玉県朝霞市栄町4-6付近)
【営業日・時間】
午前10:00~午後5:00
【定休日】
月曜日及び第4火曜日、年末年始
【アクセス情報】
東武東上線和光市駅または朝霞駅 徒歩約20分
地下鉄有楽町線・副都心線和光市駅 徒歩約20分

本物の戦車や装備品が見られる!

File:JGSDF Rikkun Land Asaka City.JPG - Wikimedia Commons (35966)

STRONGlk7
りっくんランドの見どころはなんといっても本物の最新鋭戦車やヘリコプターが展示されているところです。乗ったりしない限りは触れても大丈夫なので、他ではめったに取れないような記念写真も撮れます。開催しているイベントによってはコックピットに乗り込んだりできるときもあります。また実際に隊員たちが使用する装備品を試着できるコーナーもあり、そのあまりの重さに驚く方も多いでしょう。

小さい子どもも楽しめるポイント!

館内ご案内 (35967)

出典:防衛省陸上自衛隊広報センターhttp://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter
館内ご案内 (35968)

出典:防衛省陸上自衛隊広報センターhttp://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter
小さい子どもも楽しめるポイントは何といっても自衛隊の武器を疑似体験できるシミュレーターたちです。二人乗りのフライトシミュレーターではヘリコプターの飛行射撃を体験できたり、射撃シミュレーターでは戦車か対戦車ヘリを選んで、時間内に敵戦車をどれだけ撃破できるか競うことができます。

子連れにありがたいお役立ち情報

出典:防衛省陸上自衛隊広報センター (35969)

出典:防衛省陸上自衛隊広報センターhttp://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter
まずりっくんランドのなんといってもありがたい点は入場無料であることです。2009年の事業仕分けの余波で一時期有料化されましたが、入場者数の激減につき、再び無料化されました。また歩き回って疲れた際は、レストコーナーで一休みしたり、研修室の塗り絵コーナーなどで静かに遊ぶこともできます。

オススメは何といっても数々のイベント

3大装備品開放 (35970)

出典:防衛省陸上自衛隊広報センターhttp://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter
上記の主な展示のほかにも、音楽隊のコンサートや、駐屯地の見学ツアー、缶バッジの作成体験など、かなりの頻度で新しいイベントを続々と開催しています。毎週のように新しいイベントがあるので、ちょっとしたレクリエーションを探している際にはもってこいの場所です。

楽しみながら、国を守る人たちについて学ぶ場

自衛隊というと固い印象があるかも知れませんが、りっくんランドではわかりやすく、そして楽しみながら彼らの実態について知ることができます。子どもと一緒に自分の国について、国を守るために日夜働く彼らを知る一つの機会として、りっくんランドに足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

KOKOKO KOKOKO