2017年5月5日 公開

マンゴーからはじめる?フルーツ盛りだくさんなメキシコの離乳食事情

子どもの成長のワンステップである「離乳食」。最近は便利グッズもいろいろあり楽しみ…な反面、不安や悩みの種になるものでもありますよね。親世代とのギャップや住んでいる土地事情もあり、何が正解か迷いがちな離乳食。メキシコで筆者が経験した離乳食事情をお届けします。

どんな離乳食が正解?はじめての子育ては疑心暗鬼になることばかり!

はじめての離乳食は、不安になってネット検索をし続けてみたり、周囲と比べてみたりと迷走しがちではないでしょうか。

筆者は、海外に住んでいる分「日本語で書いてある」情報が欲しくて、ネットで調べまくり、現地のお医者さんの言うことよりネット情報に従ったほうがいいのでは…と疑心暗鬼を繰り返しました。

しかし、離乳食に関していろいろ検索してみると、ペースト状のいわゆる「離乳食」を子どもに与えることなく、いきなり固形の食物を与えるBLD(Baby Led Weaningの略称)と呼ばれるやり方がイギリスから生まれ、各国で話題になっている、という驚きの記事を発見しました。

また、筆者の母親世代は、生後2~3カ月から薄くのばした果汁や野菜スープを与えるのが「常識」だったと聞きます。

その国なりの事情があっての離乳食。必ずしも「日本式」の離乳食にこだわる必要はないのでは?そんな風に感じた経験をご紹介します。

メキシコのベビーフード事情

 (48486)

Photo by Author
メキシコで市販の離乳食といえば、アメリカのガーバー社(スペイン語読みで『ゲルベル』と呼んでいます)が、ほぼ9割9分独占状態です。

ラインナップも「野菜のペースト」「果物のペースト」「ハムなどの動物性たんぱく質のペースト」という、お世辞にもおいしそうとはいえないものばかり。味が濃い目なのもちょっと心配。

一応、離乳食前期、後期のような区分もありますが、ビンの大きさ以外に違いがあるのだろうか…と疑問を持つことも。個人的には、「万が一作り置きがなくなった時の非常食」としてストックしておく、程度にしか頼れないと感じました。

生後5カ月からはじめての離乳食をスタート!

離乳食開始時期に関しては、お医者さんや専門家によって意見が異なるようです。筆者がお世話になっている小児科医からは5カ月目より離乳食指導がありました。

そこですすめられた食材が下記の通り。

【フルーツ】
グァバ・リンゴ・洋ナシ・モモ・マンゴー

【野菜】
チャヨーテ(瓜)・ズッキーニ・グリンピース・ニンジン・ジャガイモ

【穀物】
米・オートミール

それぞれをまずは1種類ずつ、煮てすりつぶしたものを与えるように、という指示でした。日本のwebサイトから得ていた情報より、かなりバラエティに富んだ食材に、一瞬ひるんだのを覚えています。

特にグアバやマンゴーは、乳児には刺激が強すぎるのではないかと、なかなか手を出せずにいた食材です。

日本の5倍!広大な国土が生み出す大地の恵み

 (48490)

Photo by Author
アメリカ合衆国と南米大陸に挟まれ、世界地図上では小さく見えるメキシコですが、実は国土面積は日本の5倍。気候も、筆者の住むメキシコシティのような高山気候から熱帯気候までバラエティに富んでいます。

そのため、フルーツの種類も豊富で、日本に比べて安価で入手できるのが特徴。マンゴーなども時期になると1kg20ペソ、パパイヤも中振りのものが30ペソ以下(1ペソ=およそ6円/4月現在)で買えます。

フルーツは朝食におやつにと身近な食材なので、さまざまな種類を早い段階から与えるのもうなずける話といえるでしょう。

葉物はゆっくり、がメキシコの常識?

 (48493)

Photo by Author
意外にも、日本では離乳食初期からOKのほうれん草などの葉物を与える許可が出たのは生後8カ月からでした。いわく、繊維質がお腹をゆるくするため、早い段階から食べさせるのはNGなのだそう。

ちなみに、8カ月目にはメロン、パパイヤ、スイカなどのフルーツを「冷たい状態」で食べさせてもOKという指示が…。

離乳食に正解はないけれど…

メキシコの離乳食事情、驚くことが多かったのではないでしょうか?

最近、0歳児にハチミツを与えたことで起きた死亡事故なども話題になりました。昔は良かったことでも、研究を経て与えてはいけないものに指定されているものもあり、親世代とのギャップやその土地ならではの事情に戸惑いを覚える方も多いかもしれません。正しい知識は得つつも、柔軟に向かい合っていけたら良いのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

出産予定日超過!あれ?生まれる気配がない!?【英国すくすくレポ】

出産予定日超過!あれ?生まれる気配がない!?【英国すくすくレポ】

臨月に入って、いつ生まれてくるかと毎日ワクワク・ドキドキ!なのに、赤ちゃんは居心地が良いのか、予定日を過ぎても、何の予兆もない!焦りと期待で迎えたミッドワ...
バースプラン&ホスピタルバッグ準備編【英国すくすくレポ】

バースプラン&ホスピタルバッグ準備編【英国すくすくレポ】

予定日が少しずつ近づき、だんだん実感が湧いてくるような、まだ湧かないような……そんな時期。実際の出産に向けて、準備をはじめました。イラストエッセイでお届け...
おかゆは離乳食に最適!硬さの目安とおいしく作るコツ

おかゆは離乳食に最適!硬さの目安とおいしく作るコツ

離乳食には必ずと言っていいほど登場するおかゆのメニュー。おかゆは赤ちゃんの発達や成長に合わせて硬さを簡単に調整でき、アレンジもしやすいのが魅力です。今回は...
うどんの離乳食はいつからOK?赤ちゃんにおすすめは生麺タイプ

うどんの離乳食はいつからOK?赤ちゃんにおすすめは生麺タイプ

赤ちゃんが大好きなうどんは、離乳食の強い味方。すぐに準備できるので、パパママにはうれしい食材です。小麦アレルギーや塩分などに気をつければ、離乳食の初期から...
離乳食にヨーグルトはいつから大丈夫?赤ちゃんにおすすめのメニュー

離乳食にヨーグルトはいつから大丈夫?赤ちゃんにおすすめのメニュー

離乳食中期から食べられるヨーグルトは、タンパク質とカルシウムが豊富で、赤ちゃんにはうれしい食材。ですがアレルギーが心配だったり、選び方が分からないというパ...

KEYWORDS

WRITER

Mariposa Torres Mariposa Torres  メキシコシティ在住9年目。メキシコ人の夫、娘、2匹の猫と一緒に暮らしています。現地日本語・スペイン語フリーペーパーの編集長を経て、現在は企業勤めのかたわら、フリーライター。タコスやテキーラ、太陽サンサン…でも世界でもっとも危険な国!?というメキシコのステレオタイプなイメージを変える、そんな楽しい現地レポートをお届けします。