2018年2月12日 公開

知っているようで知らない味噌の違いとは?

和食の基本調味料の一つであるお味噌。ひとくちに味噌といっても、原料や味の傾向、色の違いなどさまざま。スーパーの売り場にもたくさんの種類の味噌が並んでいますよね。それぞれの特徴を知って、ご家族好みの味噌を上手に選びましょう!

味噌の違いとは?

赤だしのお味噌汁|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (71898)

スーパーなどの売り場に行くと、さまざまな種類の味噌が並んでいます。あまりにバリエーションが豊富で、どれを買ったらいいのか迷う、という方も多いのではないでしょうか?

味噌には、原料・味・色の違いがあります。原料によって風味が、味によって辛さや甘さが、色によって料理の仕上がりが、それぞれ違ってきます。

特徴を知ることで、作りたい料理にピッタリの味噌を選ぶことができますよ。

原料によって3種類に分けられる

母と子 食事15|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (71901)

原料に注目すると、米味噌・麦味噌・豆味噌の3種類に分かれます。
また、米味噌と麦味噌、米味噌と豆味噌、というように2種類以上の味噌を合わせた調合味噌もあります。

・米味噌 主原料である大豆に米麹を加えて作ったもの
・麦味噌 大豆に麦麹を加えて作ったもの
・豆味噌 米麹や麦麹を使わずに大豆のみで作ったもの

米味噌はお米の甘みが感じられ、麦味噌は比較的あっさりしています。豆味噌は煮込んでも風味が落ちにくいため、豆の香りを楽しみたい方におすすめです。

甘め?辛め?味の違いは食塩と麹が決め手

豚汁|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (71900)

原料のほかに、味噌の甘さ・辛さで考えると、甘味噌・甘口味噌・辛口味噌の3つに分けられます。

味噌の味は、食塩と麹の量によって決まります。食塩の量が多いと辛口になり、反対に、大豆に対する麹の割合が多くなるほど甘口になります。

北海道、東北から北関東や信州の味噌は辛口が多く、京都を中心に関西では甘口の味噌が好まれるようです。

料理の仕上がりを左右する色の違い

味噌2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (71899)

原料や味の違いだけでなく、赤系味噌・淡色系味噌・白味噌と、色で分けることもできます。

味噌は、主原料の大豆や麹由来のアミノ酸と糖が、熟成の際に反応して徐々に褐色化します(メイラード反応)。その反応の度合いによって色に差が出るのです。

・白味噌 メイラード反応を抑えるため、大豆を脱皮したり、熟成期間を短くしたりして作られたもの。クリーム色。
・淡色系味噌 白味噌よりも少し黄みを帯びているもの。信州味噌など。
・赤系味噌 熟成期間を長くとり、しっかり着色しているもの。仙台味噌など。

使う味噌によって料理の仕上がりも異なるので、素材の色や味わいを活かしたい料理には白味噌が、シジミの味噌汁などコクの出る料理には赤系味噌がおすすめです。

味噌の上手な保存方法とは?

味はどうかな~6|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (71902)

味噌の熟成が進み、色が濃くなることを「褐変」といいます。褐変が進んでも安全性に問題はありませんが、進みすぎると味噌の風味が損なわれる場合があります。

上手に保存するためには、冷蔵庫か冷凍庫に入れると良いでしょう。特に夏場など、気温の高い環境では褐変が進みやすいので、未開封でも冷蔵保存しましょう。

味噌は、冷凍庫に入れても少し硬くなる程度で凍らないため、長期保存する場合には冷凍庫がおすすめです。

料理に合わせて味噌を選ぼう

味噌は種類によって特徴が異なります。

甘めの味付けにしたい、豆の風味を活かしたいなど、特徴を知っていると作りたい料理に合った味噌を選ぶことができます。また、いくつかの種類の味噌をブレンドした合わせ味噌は、一つの特徴が出過ぎずまろやかになる傾向があります。

さまざまな味噌にチャレンジして、ご家族好みのものを見つけてみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

管理栄養士が解説!知ってる?「毎日くだもの200グラム運動」

管理栄養士が解説!知ってる?「毎日くだもの200グラム運動」

「毎日くだもの200グラム運動」をご存知ですか?1人1日200g以上の果物の摂取を推進する運動です。近年の研究により、果物にはがんや生活習慣病に対して予防...
食育は難しくない!管理栄養士オススメの「りんごで食育」

食育は難しくない!管理栄養士オススメの「りんごで食育」

果物は食卓で皮をむきやすいですよね。子どもの目の前で切るだけでも食育になるんですよ。切ったときの断面や種、皮の厚さなどを確認することは、果物をより深く理解...
明日葉の旬は3月。おいしくいただくためのポイントは?

明日葉の旬は3月。おいしくいただくためのポイントは?

明日葉は3月が旬。生命力が強い野菜で、多くの栄養素が含まれています。ぜひ旬の時期に食卓に乗せたいものですが、明日葉にはセリ科独特の苦みがあるのが難点。明日...
大人と子どもが心からくつろいで楽しめる「子供と、BAR」

大人と子どもが心からくつろいで楽しめる「子供と、BAR」

東京・大井町にオープンした親子バー「子供と、BAR」。約5坪のこぢんまりとした場所ですが、色鮮やかなおもちゃや絵本、迫力ある壁画や子どもたちのお絵かき作品...
定番料理も地域で違う?おでんの違いを比べてみよう

定番料理も地域で違う?おでんの違いを比べてみよう

おでんといえば家庭料理の定番ですが、地域によって味や種に違いがあることをご存じですか?この記事では、地域ごとのおでんの特徴をご紹介します。お子さまの好きな...

KEYWORDS

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー