2018年3月17日 公開

簡単あやとり!「ほうき」を作ろう

お子さまが大好きなあやとり。古くから日本で親しまれている遊びです。指先を器用にするだけでなく、複雑なひもの形状を見極めることで、集中力や知能を高める効果が期待できます。楽しみながら、レッツ、Chiik!

 (82965)

あやとりのひも

毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの4倍くらいを目安にしましょう。太すぎたり細すぎたりしますと、小さなお子さまには扱いづらいので、適度な太さをお選びください。

「ほうき」の作り方

図のように、親指と小指にひもをかけます(基本の形)。
右・人差し指を、左のひもに下から通します。
 (82941)

 (82942)

右・人差し指を、中央の2本に通します。
(中央の2本がねじれればオッケーです。)
 (82943)

 (82944)

左・人差し指を、右・人差し指の三角の穴に通し、横ひもを下から引っ掛けます。
 (82945)

 (82946)

右・親指と、左・小指のひもをはずします。
引っぱれば「ほうき」の完成です。
 (82947)

できあがり

 (82948)

ひと工夫

ピンと張って、左手をゆらせれば、ほうきでお掃除しているみたいです。サッサッサ。
 (82961)

「はしご」のポイント

前半の、人差し指を通してひもをねじるところ、後半の、三角の穴を通して横ひもを引っ掛けるところ、この2点がポイント。慣れてきたら、最後の、親指・小指をはずすところを、さっと速くできれば見ばえがしてかっこいいですよ!
ぜひ親子で楽しんでみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

楽しくあやとり!「4段はしご」の作り方

楽しくあやとり!「4段はしご」の作り方

今でも人気の、あやとり。たった一本のひもで、多彩なものを表現できます。指先を使えば知能や集中力も高まります。今回は4段のはしごにトライしてみましょう!
楽しいあやとり!「星」を作ろう

楽しいあやとり!「星」を作ろう

ひも一本でできて、しかも奥が深いあやとりあそびのシリーズ。今回は、夜空に輝くピカピカのお星さま。そんな星をあやとりで作ってみましょう。
簡単あやとり!「吊り橋」を作ろう

簡単あやとり!「吊り橋」を作ろう

あやとりで指先をつかって、楽しく知育。今回は「つりはし」をご紹介します。はじめの形を作ったら、あとはあやとりの基本動作だけ。入門編としてぴったりのあやとりです。
簡単あやとり!「川」を作ろう

簡単あやとり!「川」を作ろう

比較的簡単な、あやとりの「川」をご紹介します。始めは片手にひもをかけていきますので、小さなお子様でもゆっくりできます。4本の線が完成したら、「線は何本?」...
二人あやとりの遊び方をイラストで解説

二人あやとりの遊び方をイラストで解説

古くから日本で親しまれている、あやとり。今回は2人で楽しくできるあやとりをご紹介します。たくさんの型があるので、ひとつずつ覚えていきましょう。

KEYWORDS

WRITER

mawa mawa  文具メーカーに勤務、その後フリーランスに。現在はグラフィックデザイナーとして活動中。長年にわたり子ども向け商品の企画開発、雑誌・単行本の編集デザイン、付録の制作に携わって参りました。イラスト、商品カタログデザイン、フライヤー、3DCG制作、ゲームのオリジナルキャラクター制作なども手がけています。