2017年10月2日 公開

子どものための固定電話の必要性とない場合の対処法

子どもが大きくなるにつれて固定電話の必要性を感じる機会も多くなります。今回は固定電話があったほうがよいケースと、なくてもなんとかなるケースをまとめました。ライフスタイルに合わせながら、子どものための固定電話の必要性を考えてみましょう。

災害時には固定電話が安心

KtD/shutterstock.com
総務省の統計によると、年々固定電話を所持している家庭は少なくなってきています。特に、共働きの家庭は家を空ける時間が長く、固定電話の設置に必要性を感じられないケースが多いです。

それでも固定電話があるといい場面として、まず挙げられるのが災害時。携帯電話はすぐに通信量がパンクしてしまい、なかなかつながりません。固定電話は携帯電話よりも負荷が少なく、比較的つながりやすかったといわれています。心細いときに声が聞けるだけで、ずいぶん安心できるでしょう。

友達と遊ぶ約束がしやすい

子どもが小学生くらいになると、学校が終わってから友達と遊ぶ機会も増えてきます。その時に友達と連絡を取り合うツールとして固定電話は便利です。

キッズケータイなどを子どもに持たせることもできますが、やはり気になるのが携帯トラブル。危ないサイトを見てしまうほか、親の知らないところで、友達と良くないことをしてしまうかもしれません。固定電話なら、親の目が届くところのやりとりになるので安心です。

固定電話のほうがお得?

固定電話がないということは、その分携帯電話を利用する頻度が高くなるということ。自然と携帯料金も上がってしまいます。さらに、携帯電話から固定電話、固定電話から携帯電話の通話はお金がたくさんかかってしまうことも。

でも、電話代のためだけに固定電話を引く必要はありません。まずは携帯のプランを見直してみましょう。かけ放題プランなど、お得なものを選ぶことでグッと料金は抑えられるはずです。

携帯電話だけだと世間体が悪い?

固定電話がないと、世間体が悪くなるといわれることもあります。実際に、有名な幼稚園を受験するときに固定電話がないと不利になってしまうという事例もありました。しかし、普通に生活をしている分には特に心配することはないでしょう。

クレジットカードの新規契約も固定電話があったほうが有利といわれますが、審査に大きな影響があるほどではありません。

また、昔は小学校の連絡網に固定電話が記載されていないと不思議に思われていたそうですが、今は携帯電話のみ記載されている家庭も多いです。連絡がつきやすい番号を利用しましょう。

家庭の事情やライフスタイルにあわせて

固定電話はあるに越したことはありませんが、なくても問題はありません。家庭の事情やライフスタイルに合わせて考えていきましょう。

また、固定電話の有無にかかわらず、子どもには電話の使い方やマナーなどを丁寧に教える機会を設けてあげてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
電話のかけ方を知らない子が急増中!使い方とマナーを教えよう

電話のかけ方を知らない子が急増中!使い方とマナーを教えよう

携帯電話が普及した現在、子どもたちにとって電話は「1人1台ずつ持つもの」になり、取り次ぎをお願いする方法やマナーを知らない子どもが増えています。上手な電話...
漢字の音読みと訓読みの違いは?教え方のポイント

漢字の音読みと訓読みの違いは?教え方のポイント

小学校に入学すると、たくさんの漢字を習います。そして多くの漢字には複数の読み方があり、つまずいてしまうお子さまも少なくありません。こちらでは漢字の音読みと...
子連れグランピングにおすすめ!千葉県香取市「THE FARM」

子連れグランピングにおすすめ!千葉県香取市「THE FARM」

千葉県香取市の農園リゾート「THE FARM」へ行ってきました!筆者にとってはじめての家族でのグランピング。自然や爬虫類への興味が爆発している4歳の息子と...
「だるまさんがころんだ」を英語で遊んでみよう!

「だるまさんがころんだ」を英語で遊んでみよう!

今も昔も子どもたちに大人気の「だるまさんがころんだ」。じつは世界各地に同じようなルールのゲームがあり、子どもの遊びの定番とも言えます。そんな「だるまさんが...

KEYWORDS

WRITER

satimomoka satimomoka  はじめまして。3歳の娘を育てている主婦です。 お菓子作りや料理が趣味です♪ よろしくお願いします。