2017年1月31日 公開

世界の食文化を知る食育!メキシコの歴史あるタマレスと冬の行事

和食よりも早くユネスコの世界無形文化遺産に指定され、4,000種類以上のバリエーションがあるメキシコ料理。日本ではタコスやブリトーが知られていますが、今回ご紹介するのは最も歴史ある軽食「タマレス」。世界の料理とその歴史、背景を知ることで、より食への興味や範囲が広がることを願って、ご紹介します。

メキシコの古代食:タマレスとは?

 (40368)

hotbox / Shutterstock.com
紀元前から食べ継がれ、メキシコ以外の中南米の国々でもよく食べられているタマレスは、古くは旅のお供、現在は手軽に食べられる朝食として、子どもはもちろん、老若男女に愛されています。

トウモロコシの粉とラードを練った生地に、鶏肉やチーズなどをサルサ(ソース)とあえた具材を入れ、さらにトウモロコシの皮やバナナの葉に包んで蒸したメキシコでメジャーなストリートフードです。メキシカンちまき、といったところでしょうか?

甘く味付けをしたものもあり、腹持ちがよくカロリーも高いため、タコスやメキシコ版ハンバーガーであるトルタと並んで、メキシコ人の肥満の原因であるVitamin T(タコスもトルタもタマレスも頭文字がTのため)などと呼ばれてもいるので、食べすぎには要注意でもあります。

タマレス屋さんは路上にあり、気軽に食べられる料理ですが、2月2日に食べるときはいつもと違う意味があるのです。メキシコの古代文化とカトリックが融合した、独自のお祭りも併せてご紹介します。
 (39513)

Bochkarev Photography / Shutterstock.com

クリスマスから続くカトリック行事

 (39516)

Silvia Pascual / Shutterstock.com
メキシコは、人口の9割弱をカトリック教徒が占め、12月25日のクリスマス前後もイエス・キリストの誕生を祝う行事が続きます。

まずは1月6日の「三賢人の日」。これは東方の三賢人がそれぞれ贈り物を持って、イエス・キリストをたずねたといわれる日が由来となっています。「贈り物」にちなんで、メキシコではこの日も子どもたちはおもちゃなどのプレゼントがもらえるうれしい日。大人たちは年末年始と大出費です……。

子どもたちは前日の夜、欲しいものを三賢人にお願いする手紙を風船に結びつけ、空に飛ばします。また、街中や市場のおもちゃ屋さんは夜中までおもちゃを売り続け、それが毎年ニュースで流れたりする様子は、子どもたちの冬休みの終わりを告げる風物詩ともなっています。

当日は「ロスカ・デ・レジェス」と呼ばれるドーナツ型のパンを食べるのですが、このパンの中にはプラスチックでできた赤ちゃんキリストのお人形が仕込まれており、そのお人形が当たった人が、2月2日にタマレスをふるまう、というしきたりになっています。フランスでは「ガレット・デ・ロワ」を食べるなど、世界のあちこちに似た習慣があります。

2月2日にはどういう意味があるの?

 (39520)

ChiccoDodiFC / Shutterstock.com
2月2日はカトリックでは聖燭祭(せいしょくさい)と呼ばれ、産後40日のけがれをはらってイエス・キリストをエルサレムの神殿に参詣させた日、と考えられています。

メキシコシティ近郊ほか、メキシコの一部の地域では子どもの姿をしたキリストの人形に新しく仕立てた服を着せ、一緒にミサに参加するという風習も見られます。

どうしてこの日にタマレスを食べるのか?

 (39524)

Weredragon / Shutterstock.com
ロスカで赤ちゃんキリストを当てた人は、キリストのパドリーノ(ゴッドファーザー)として、聖燭祭でのキリスト初参詣祝いをふるまう係となります。

偶然にもプレヒスパニック時代のカレンダーに照らし合わせると2月2日は1年のはじまりにあたり、トラロック(雨の神)、チャルチウィトリクエ(水の女神)、ケツァルコアトル(風の神)に捧げものをする日だったと考えられています。

そこで、日本人にとってのお米と同じように、プレヒスパニックの人々にとって主食であり、農耕文化の中心であったトウモロコシを使ったタマレスが、その特別な日のメニューに選ばれたそうです。

歴史や背景を知るともっとおいしい食育

 (39523)

Hvoenok / Shutterstock.com
実はこの由来、メキシコ人でも知らない人たちがたくさんいます。歴史や意味を知って食べると、より味わい深くなるもの。ちなみに、日本でもとうもろこしの皮のかわりにクッキングシートやアルミニウムを使って作ることもできます。親子で楽しみながら、一緒に料理してもいいですし、日本の伝統行事で食べる料理も由来や歴史を考えてみるきっかけのひとつにしてみてくださいね。

メキシコ料理大全: 家庭料理、伝統料理の調理技術から食材、食文化まで。本場のレシピ100 | 森山 光司 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで森山 光司のメキシコ料理大全: 家庭料理、伝統料理の調理技術から食材、食文化まで。本場のレシピ100。アマゾンならポイント還元本が多数。森山 光司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またメキシコ料理大全: 家庭料理、伝統料理の調理技術から食材、食文化まで。本場のレシピ100もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトル:メキシコ料理大全
著者  :森山 光司
出版社 :誠文堂新光社

タマレスの作り方も掲載されています。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもが喜ぶ!手作りケーキでクリスマスを迎えよう!

子どもが喜ぶ!手作りケーキでクリスマスを迎えよう!

お子さまもパパママも楽しみにしているクリスマス。クリスマスにはケーキを食べるご家庭も多いのではないでしょうか。もちろん買ってきたケーキでもいいのですが、今...
お子さまと一緒にトライ!簡単クリスマスケーキレシピ

お子さまと一緒にトライ!簡単クリスマスケーキレシピ

クリスマスケーキを手作りしたいけれど自信がない!時間がない!というときに、簡単に作れるクリスマスケーキのレシピをご紹介します。ベースに市販のロールケーキや...
【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

スウェーデンのおもちゃブランド「BRIO」から、「ウェアハウスレールセット」が新登場。車を乗せられる手動式の荷台があり、上から車をビューンと走らせることが...
親子で手作りカードを作ろう|誕生日やクリスマスに最適!

親子で手作りカードを作ろう|誕生日やクリスマスに最適!

誕生日やクリスマス、母の日や父の日、敬老の日など、ありがとうやおめでとうの気持ちを伝えられる手作りのグリーティングカード。ポップアップやマステ活用アレンジ...
親子で納豆を手作りしよう。簡単でおいしい作り方を紹介!

親子で納豆を手作りしよう。簡単でおいしい作り方を紹介!

「自宅で納豆づくりって難しそう!」って思いませんか?実は市販の納豆と大豆があれば、簡単にとってもおいしくでき、ずーっと納豆を増やし続けることができるんです...

WRITER

Mariposa Torres Mariposa Torres  メキシコシティ在住9年目。メキシコ人の夫、娘、2匹の猫と一緒に暮らしています。現地日本語・スペイン語フリーペーパーの編集長を経て、現在は企業勤めのかたわら、フリーライター。タコスやテキーラ、太陽サンサン…でも世界でもっとも危険な国!?というメキシコのステレオタイプなイメージを変える、そんな楽しい現地レポートをお届けします。