2017年10月02日 公開

ダンボールとドライフラワーでおしゃれなモビール制作!【小山一馬の簡単廃材工作】

今回は、普段目に止まらない物でモビールの制作をしてみましょう。ちょっと視点や目的を持って様々な場所に目を向けると新たな発見に繋がります!秋も深まってくるとドングリや枯れた草花に目がいき、逆に綺麗に見えてくるようになるかもしれません。また、普段はゴミとして捨ててあるダンボールにも目を向けると、綺麗な物があったりします。枯れた草花はドライフラワーとして、捨ててあるダンボールは綺麗な素材として、視点を変えて制作を楽しんでみましょう。

今回は、普段目に止まらない物でモビールの制作をしてみましょう。ちょっと視点や目的を持って様々な場所に目を向けると新たな発見に繋がります!秋も深まってくるとドングリや枯れた草花に目がいき、逆に綺麗に見えてくるようになるかもしれません。また、普段はゴミとして捨ててあるダンボールにも目を向けると、綺麗な物があったりします。枯れた草花はドライフラワーとして、捨ててあるダンボールは綺麗な素材として、視点を変えて制作を楽しんでみましょう。

ダンボールや枯れた草花がオシャレでエコなモビールに!

 (65755)

photo by author
今回は、普段目に止まらない物に目を向けてみましょう。特にダンボールはゴミとしか思っていないのではないでしょうか?しかし良く見ると、綺麗な色のダンボールがあったり、数字が入っていたり、英語で書かれていたりと、面白い印刷が多いことに気付くはずです。まずは外に出て散歩しながら、枯れた草花とダンボールに目を向けてみてください。

今回の材料

 (65756)

photo by author

材料

・ダンボール
・枯れた草花や木の実など
・枝
・はさみ
・キリ(千枚通し)
・糸
・マスキングテープ
・ボンド

モビールの作り方

①集めてきたダンボールのマークや数字など、面白いと思った部分を適当に切り取ります。一つの大きさは7㎝×7㎝位で収めましょう。切り取ったダンボールは、キリ等で対角線上に2カ所穴を開けます。
 (65757)

photo by author
②パーツとパーツを糸で結び、つなげます。パーツとパーツの間隔は7㎝前後が良いでしょう。図のようにつなげたダンボールを2つ作ったら、枝の左右に結びます。
 (65759)

photo by author
③ダンボールの好きな位置に、枯れた草花をマスキングテープでつけます。大きい木の実やドングリはボンドでつけましょう。
 (65760)

photo by author
枯れた紫陽花の花
 (65761)

photo by author
むくろじ。中身は羽子板の羽の先に使われる
④吊るす部分を軽く枝に結び、左右に動かしてバランスが取れた所でしっかり結べば完成!
 (65762)

photo by author

制作上の注意と工夫

●先にダンボールに枯れた草花をつけると、作業中に花が崩れてしまう可能性が高いので、必ずパーツを結んでから、枯れた草花などを止めましょう。
●草花にはとげがあるものがあります。枯れると、とげが固くなるので注意してください。
●ダンボールで指などを切る事もありますので注意してください。

視点を変える事で世界が広がる!

冒頭でも述べましたが、普段気にかけていない物や見ていなかった物でも、視点を変えた途端、目に飛び込んでくるものだと思います。これは何も、モビール制作だけの話ではなく、日常でも十分応用ができると思うので、何か視点を変える事で、新たな発見をしてみてください。

作者プロフィール

小山一馬
造形作家/武蔵野短期大学幼児教育学科准教授
主にダンボールなどの廃材を使用して作品を発表しながら、
幼児教育者を育成する短大にて、図画工作などを教えています。
表参道ヒルズ「キッズの森」にてワークショップを定期的に開催中!
詳しくは表参道ヒルズホームページの「イベント&トピック」をチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

小山一馬 小山一馬