2018年6月16日 公開

トンボの捕まえ方のコツとは?子どもと一緒に虫捕りに挑戦

5月頃から夏にかけてはトンボの季節。田んぼや川の周辺に群をなして飛んでいるトンボを捕まえてみませんか?捕まえ方にはいくつかコツがあり、コツさえ押さえれば子どもでも捕まえることができます。今回は素手、網、道具を使ってトンボを捕まえる際のポイントをご紹介します。

トンボがよくいるのはどこ?

トンボ アネハ 青トンボ · Free photo on Pixabay (93667)

トンボの生息地は、種類によって異なります。日本だけでも200種近くに上ると言われており、生態もさまざま。しかし、ほとんどのトンボは平地から山地の川沿いや湖畔、水田の付近で見つけることができます。

幼虫のときに淡水で暮らす種の多くが、成虫になっても水のある場所を好むことがその理由。

比較的人間の目につきやすい場所に生息しているため、トンボに出会うことはさほど難しいことではありません。お散歩がてら、田んぼや川などの水場に足を運んでみましょう。

素手で捕まえる方法

トンボ 昆虫 動物 · Free photo on Pixabay (93663)

素手でトンボを捕まえるときのポイントは、近づき方と持ち方です。

近づくときは、ゆっくりと蛇行しながら歩み寄るのがコツ。トンボに向かって一直線に進むとびっくりして逃げてしまいますが、右に左に移動しながらゆっくり近づくと、トンボがその動きをなかなか認識できないため捕まえやすくなります。

ゆらゆらと揺れながらそっと近づいたら、親指と人差し指を使い一瞬で羽を挟んで捕まえましょう。

網で捕まえる方法

ホワイト モノサシトンボ科ダーツを投げる人 Levéllábú · Free photo on Pixabay (93665)

網で捕まえるときのポイントは、トンボが入ったあとに、焦って網をすぐ地面に伏せないことです。まだトンボが入り口の近くにいた場合、隙間から逃げ出してしまうことも。

より確実にゲットするには、飛んでいるトンボの横からさっと網をかぶせたあと、8の字を描くように空中で回してから、トンボが入っている網の入り口をふさぐようにしましょう。トンボが網の奥の方へ移動するので、逃がしづらくなります。

網をかぶせる前は、あわてずゆっくり動くのがコツです。素早い生き物ではないので、落ち着いて移動すれば問題ありません。

道具を使って捕まえる方法

花 植物 トンボ · Free photo on Pixabay (93666)

長さ約1mの糸の両端に、紙で包んだ小石を括り付けた「ブリ」。この道具をトンボが飛んでいるところに目がけて投げる方法もあります。ぜひ道具づくりからお子さまと一緒に挑戦してみてください。

小石を虫だと思い込んだトンボが小石に飛びつき、そのまま糸に絡まって落ちてきます。子どもでも簡単に作れて、扱いも難しくありません。

自分が作った道具でトンボを捕まえることができれば、喜びも倍増でしょう。

トンボを捕まえてみよう

あっという間に逃げてしまう印象のトンボも、コツを掴めば意外と捕まえられるもの。これからの季節はたくさんのトンボを見ることができるため、親子でトンボ捕りに出かけてみませんか。

トンボは首が脆く、捕まえるときに首へ固いものを当てると簡単に取れてしまうため「優しくしてあげてね」と声をかけておきましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもと川遊びをするポイントは?自然の中で知育しよう

子どもと川遊びをするポイントは?自然の中で知育しよう

おうち知育と聞くと、家の中での遊びを工夫するもののように感じるかもしれません。しかし、外にも知育の材料はたくさんあります。こちらでは、子どもと一緒に楽しめ...
「ファーブルこんちゅう記」で虫に興味津々!おすすめ5選

「ファーブルこんちゅう記」で虫に興味津々!おすすめ5選

ファーブル昆虫記はさまざまな訳本が発売されていますが、お子さまには難しいものがほとんど。しかし小峰書店の「ファーブルこんちゅう記」シリーズは、お子さまにも...
自分だけの虫を作ったら、ムシタクを取って遊びましょう!

自分だけの虫を作ったら、ムシタクを取って遊びましょう!

皆さん、魚拓(ぎょたく)って知っていますか?魚拓とは、大きな魚を釣り上げたら、魚に墨を塗って布等に写し取り、記録として残しておくものです。今回は魚拓ならぬ...
「2人目の壁」を乗り越えるには?パパママの切実な声が明らかに

「2人目の壁」を乗り越えるには?パパママの切実な声が明らかに

第2子以降の出産をためらう「2人目の壁」。共働き世帯や核家族化が進むなかで、深刻な問題になっています。1moreBaby応援団が実施した「夫婦の出産意識調...
スズキ・メソードで発揮!子どもの可能性を広げる才能教育とは

スズキ・メソードで発揮!子どもの可能性を広げる才能教育とは

乳幼児期に子どもの素質を見極め、適した指導で才能・能力を伸ばす才能教育「スズキ・メソード」は、音楽を通して、子どもの能力を総合的に育てる才能教育のひとつで...

KEYWORDS

WRITER

さた なつみ さた なつみ  ゆるっとした日常を夢見るフリーライター。田舎暮らしのせいか人よりのんびりしていると言われます。アウトドアも好きだし、インドアも好きです。