2019年2月12日 公開

壁を傷つけないポスターの貼り方4選 子どもの絵も飾れる!

家の壁に子どもの描いた絵や学習用ポスターを貼りたいけれど、穴はあけたくないと思う方は多いでしょう。そこで壁に穴を開けずに貼る方法、または穴が目立ちにくい方法をご紹介します。貼りたいものの大きさや壁の素材に合わせながら、お好みの方法で楽しく飾ってみましょう。

クリップ&マスキングテープ&磁石

クリップは鉄製の磁石にくっつくタイプを用意します。外側がビニールなどでコーティングされているものはくっつきにくいので避けましょう。マスキングテープは壁用を選び、壁紙との相性をチェックしてから使います。

まずポスターの大きさに合わせて留めておきたい部分を考え、そこへマスキングテープでクリップを留めてください。サイズが大きい場合はクリップの数を増やして対応しましょう。全て貼り終えたらポスターを乗せて、その上から磁石がクリップにくっつくようにします。

マスキングテープ&両面テープ

マスキングテープは貼って剥がせるタイプのものを準備します。ポスターを留めておきたい四隅などへマスキングテープを貼りましょう。その上に両面テープを貼り付けてからポスターを貼るだけです。

さらにポスターを傷つけたくない場合には、ポスター側にもマスキングテープを貼っておきます。

虫ピン

虫ピンとは昆虫標本をつくるときなどに使う、細いシルバーのピンです。一般的な画びょうに比べるとかなり細くなっているため、壁に刺しても穴は目立ちにくくなります。

サイズや大きさはさまざまなので、できるだけ細い虫ピンを選びましょう。ホームセンターなどだけでなく、100円ショップでも扱われている場合があります。

使い方は簡単で、金づちがなくても大丈夫です。家の中にある硬く多少重さのあるものであれば、虫ピンを壁に打つことができます。

ホチキスの芯

ホチキスの芯を画びょうのように使う、壁に跡が付きにくいポスターの貼り方です。ホチキス本体を180度開いて、ポスターの上から押し付けるように芯を打ちましょう。

一般的なホチキスの芯はシルバーが多いですが、カラフルなものもあるので選ぶ楽しさもあります。子どもの絵やポスターのカラーに合わせて、目立たないようにすることも可能です。貼りたいものの大きさに合わせて芯の数を増やしてみてください。

壁に穴を開けなくてもいろいろ飾れる

ご紹介した壁を傷つけない貼り方を実践すれば、子どもの素敵な作品やお気に入りのポスターを飾ることを諦める必要はありません。写真や学習用ポスターを貼る際にも活用できそうです。

なお虫ピンなど先の尖っているものを使用する場合、子どもの手が届く高さには貼らないよう注意。跡を気にすることなく壁いっぱいに飾ってみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは、食器の泡をしっかり洗い流さない、身体の泡を洗い流さないのが普通です。日本人の感覚からすると「えっ」と驚きますよね。一般的に、欧米はすすぎ洗い...
最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

集団遊びの定番といえば、「鬼ごっこ」。道具も要らず、走り回れるスペースさえあれば、すぐできます。しかも鬼ごっこにはメリットがたくさん!体力・運動能力の向上...
海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

子どもたちは海賊が大好き。ですが「海賊って何?」と聞かれると、わかりやすく説明するのは少し難しく感じます。そんなときは、海賊の生活がわかる本や映画を一緒に...
「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

夏の風物詩といえば「七夕」。七夕飾りや願い事を書いた短冊を笹に吊るすなど、お子さまと一緒に楽しめる伝統行事のひとつです。では海外の方に向けて七夕を伝えると...
【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

七夕は、はじめての折り紙遊びには良い機会です。健やかな成長を願う気持ちを込めて、1~2歳の小さなお子さんでもできる折り紙をご家庭で楽しんでみませんか?三角...

WRITER

ゆきのこ ゆきのこ  昔から文章を書くのが好きでした。 子育ての中で培った、知識やノウハウを記事に盛り込めればと思っています!