2018年11月3日 公開

入間航空祭2018お出かけレポート!ブルーインパルスに子どもも大喜び!

2018年11月3日(土)文化の日。埼玉県入間市にある自衛隊入間基地で行われた「入間航空祭」に長男6歳、次男4歳と出かけてきました。当日は天候に恵まれたこともあり、来場者は19万人と大盛況。滑空する飛行機に、大人も子どもも大興奮。まだ行ったことがない方の参考として、当日のレポートをお送りします。

午前9時半に到着 入場門はすでに行列

入口付近

入口付近

via photo by Author
イベントのスタートは、午前9時。当日は9時半前に、最寄り駅「稲荷山公園駅」に到着しました。

小さな駅のホームは、すでに人でいっぱい。特設改札を通ります。行列の正体は改札ではなく、その先で行われている手荷物検査でした。

手荷物検査を終え、入ったところにある案内所でマップをもらいます。

グッズ売り場・食べもの屋も行列

売店エリア

売店エリア

via photo by Author
オリジナルグッズ売り場や食べもの・飲みもの売り場もすでに混雑。特にオリジナルカレンダーや切手を販売していたお店は、大人が多く並んでいました。

食べものや飲みものは、基地内で買うのもよいですが、持ち込みも可能。筆者は今回、事前にコンビニで購入したものを持ち込みました。子連れの場合、持ち込んだ方が楽でしょう。

レジャーシートは決められたエリアで!場所は早めに確保を!

photo by Author (120180)

via photo by Author
実際には、決められているエリアの外、航空機が飛ぶエリアから少し離れたところの隅に、レジャーシートを敷いている人が多く見受けられましたが、会場ルールではレジャーシートが敷けるのは限られたエリアのみ。

筆者の家族が着いた午前9時45分頃にはすでに多くのシートが敷かれていました。大きめのシートを敷きたい人はもっと早めに行く必要がありそうです。
photo by Author (120183)

via photo by Author

午前中は航空機の飛行展示が中心

photo by Author (120184)

via photo by Author
午前中は、航空機の飛行展示が次々に行われます。筆者は航空機に疎い母親なので、アナウンスで「この機体は云々~」と説明されても、頭に全然知識が入らないのですが、目の前をゴオッと横切る様には思わず興奮。
photo by Author (120186)

via photo by Author
photo by Author (120187)

via photo by Author
座ったままでも上空を飛ぶ瞬間は目に入るので、休み休み見ることも可能です。

この日、体感的に「混みだしたな」と感じたのは10時半頃。10時45分からの陸自空挺降下が行われる前頃です。この時間には、レジャーシートエリアはおろか、通路も立ち見エリア状態になっていました。
photo by Author (120189)

via photo by Author
photo by Author (120190)

via photo by Author
photo by Author (120191)

via photo by Author

トイレは午前中の飛行展示中に済ますのがおすすめ

photo by Author (120193)

via photo by Author
子連れで困るのはトイレ問題。仮設トイレは「女性用」「男性用」「男性小便用」「多機能」の4種類設置されていました。午前中に行った際は、まだ待てる程度の混み具合でした……しかし、昼食後の12時半前に行ったときには、すべてのトイレで長蛇の列が。

さらに、レジャーシートを敷いている場合、元の場所に戻れなくなる可能性も。通路と立ち見が分かれていないため、通路がすべて立ち見客で埋め尽くされてしまうのです。

そのため、午前中の飛行展示が終わったあと、通路がある程度スムーズに動いている間にトイレを済ませた方がいいでしょう。また、何度も行くのは大変なので、「早めに」「子どもたちと自分を同時に済ませる」ことをおすすめします。

入間航空祭のメインはこちら!ブルーインパルス

photo by Author (120196)

via photo by Author
入間航空祭のメインイベントは、ブルーインパルスの航空ショー。

会場内は大勢の人でごった返していました。

午前中の飛行展示でも大いに盛り上がれましたが、ブルーインパルスの航空ショーは圧巻。大人も子どもも大盛り上がりでした。
photo by Author (120198)

via photo by Author
一気に上昇し、そのまま急降下するブルーインパルスの姿には思わず大きな歓声が上がり、演目終了後には拍手も。
photo by Author (120200)

via photo by Author
ハートマークを飛行機雲で描く演目も盛り上がりました。
photo by Author (120202)

via photo by Author
レジャーシートエリアといえども、「立ってはいけないエリア」ではありません。そのため、小さなお子さんを肩車するお父さんの姿も。低空飛行をするシーンは、大人でも見えづらいエリアがほとんどでしょう。

また、立っている状態でも、お子さまの目線で見えづらい場合があるため、疲れたり飽きたりして座り込んでしまう子もいるかもしれません。特に、朝から遊びに来ている場合は疲れが出てくる頃。今回、筆者はスマホで飛行風景を動画撮影し、それを座っている長男に渡して見せていました。楽しんで見ていましたよ。

次男は立ち上がって見える範囲で、存分に楽しめたようです。

レジャーシートエリアでブルーインパルスを見るなら、終わってから動く方が吉

photo by Author (120205)

via photo by Author
ご説明した通り、自由に通行できる通路はないといっていい状態でした。そのため、「早めに切り上げよう」と考えているのであれば、午後からはレジャーシートエリアではなく、離れたところで見ることをおすすめします。

レジャーシートエリアで見るのであれば、終わったあとに動く方が安全です。第一陣がはけるまで、シートで待機してもいいですね。

帰りの駅は大混雑!切符・チャージの用意は入るときに済ませよう

photo by Author (120208)

via photo by Author
帰りの電車は、一気に大勢のお客さんがなだれ込むため大混雑します。特に西武池袋線の上り、池袋方面は、乗り込むまでに時間がかかっていました。

IC交通カードを持っているのであれば、チャージは前日までに済ませておきましょう。切符は来たときに、帰りの分を買っておくことをおすすめします。

子どもたちの反応

photo by Author (120211)

via photo by Author
トイレ後、席に戻るのにあまりにも苦労したため、午後はちょっとテンションが低くなってしまった長男。しかし、感想を聞いてみると、「楽しかった!」とのこと。やはり、特にブルーインパルスのインパクトが大きかったようです。帰り際には自衛隊員さんともタッチを交わせて満足気でした。

会場には小さなお子さま連れも多く、ベビーカーで来られている方もたくさん見かけました。レジャーシートエリアを利用する場合はベビーカーの置き場が必要になるため、そのことは気に留めておいた方がいいだろうと感じました。

カメラを持った大人の男性も多く、大人も子どもも楽しめる入間航空祭。来年のお出かけの参考になれば幸いです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

入間航空祭2018 子ども連れで楽しむ完全ガイド! 混雑を避けるコツ、穴場を紹介 

入間航空祭2018 子ども連れで楽しむ完全ガイド! 混雑を避けるコツ、穴場を紹介 

【最新情報更新2018.10.30 事前訓練情報を更新】入間基地の航空ショーは都心からアクセスが良く入間航空祭は人気イベントです。とは言え、20万人が訪れ...
恐竜好きには知育効果がたくさん!好きを極めるきっかけにも!

恐竜好きには知育効果がたくさん!好きを極めるきっかけにも!

お子さまが恐竜に興味をもったら、親子で思い切り楽しんでください!はじめは、こんなこと将来何の役に立つの?なんて思った筆者ですが、息子たちの興味に圧倒され、...
インプロ教育とは?効果やお家でできるインプロゲームも紹介

インプロ教育とは?効果やお家でできるインプロゲームも紹介

インプロ教育とは、コミュニケーション能力や対応力の向上に効果があると近年話題の手法です。企業研修などでもよく取り入れられています。今回はそんなインプロ教育...
子どもの集中力が育つ!「遊びの環境」を整えよう

子どもの集中力が育つ!「遊びの環境」を整えよう

おもちゃを次々と取り出してすぐに飽きてしまうわが子を見て、「もう少し集中して遊んで欲しいな」と思ったことはありませんか?もしかすると、子どもが集中できる環...
批判的思考(クリティカルシンキング)とは?なぜ必要とされているの?

批判的思考(クリティカルシンキング)とは?なぜ必要とされているの?

批判的思考(クリティカルシンキング)という言葉を聞いたことがありますか?教育現場において、子どもに身に付けさせたい能力として挙げられています。批判的思考と...

WRITER

卯岡若菜 卯岡若菜  さいたま市在住のフリーライター。2学年差の食欲オバケの息子ふたりを子育て中。元書店員・雑貨店員で、絵本・児童書・子供のおもちゃが好き。ほぼワンオペ育児の中、母ひとりでもガマンせずに子連れであちこち出かけています。