2019年1月14日 公開

いろいろな「味」英語でどう表現する?使える用例10選

あまい・しょっぱい・からいなど、味を表現する英語をまとめました。海外に出かけた際はもちろんのこと、国際化が進んだ現代では国内であっても「味を英語で伝えられる」のは有意義なこと。使える英語の味表現をシチュエーションや、表現の仕方などを交えて確認しましょう。

英語の味表現を子どもと一緒に覚えよう

味を英語で表現しようとした際に、とっさには形容詞が浮かばないパパママも多いはず。「delicious(おいしい)」「sweet(甘い)」「bitter(にがい)」くらいは出てきても、酸っぱい・しょっぱい・まずいなどの表現は、どう言えば伝わるのか迷ってしまいます。

海外旅行・ホームステイ・国内にある外国人シェフの飲食店・外国人の友人とのホームパーティー……。海外に出かけた際はもちろんですが、国内でも味を英語で表現する機会は増えてきました。子どもと一緒に英語のさまざまな味表現を覚えてみてはいかがでしょうか。

交流・行動の範囲が広がるだけでなく、日本語と結び付けて覚えることで語彙力・読解力のトレーニングにもなりますよ。

1.おいしい

「おいしい」にも度合いがあります。普通においしいのか、とてもおいしいのか、驚くほどおいしいのか、感じたままのおいしさを英語で表現できたら素敵です。「おいしい」を表現する英語の形容詞はいろいろあります。

・good(おいしい)
・great(素晴らしい)
・supreme(最高)

・superb(見事)
「It tastes superb.(素晴らしい味ですね。)」

・savoury(味のよい、風味のある、香りのよい)
「the savory smell of roast poak (ローストポークの風味豊かな香り)」

・flavorful(風味豊かな、味のよい)
「This lamb was cooked with flavorful herbs.(このラム肉は風味豊かなハーブで調理されたものですね。)」

・tasty(風味の良い、おいしい)
「This salmon is really tasty.(このサーモンは本当においしいです。)」

・delicious(とてもおいしい、風味のよい)
「Thank you for the delicious cake.(おいしいケーキをありがとうございます。)」

2.まずい

おいしいの正反対、「まずい」と伝えたいときにはどう表現するのでしょうか。

・bad(まずい、味が悪い)
「look good but taste bad(見た目は美味しそうだけど、味はまずい)」

・awful(ひどい)
「The dessert really tastes awful.(このデザートはひどい味だ。)」

・terrible(実にまずい、ひどい)
「It was terrible.(ひどい味でした。)」

・disgusting(胸が悪くなるような、とても嫌な)
「The cookies tastes disgusting.(このクッキーは吐き気がするくらいまずいよ。)

3.まあまあ

まずくもないが、取り立てておいしくもない……。そんな微妙な味について、角を立てずに表現するならこの2つの用例がおすすめです。

・It’s not bad.(まあまあかな。)
【例文】
A:I made the chocolate truffle for you. Do you like it?
(あなたにトリュフチョコを作ったの。どうかな?)

B:It’s not bad. Maybe you can put more sugar.
(悪くないね。もう少し砂糖を増やしたら良いかも。)

・It’s okay.(普通だね。)
【例文】
A:You’re trying a new Pork bone of the ramen shop.Is it good?
(あのラーメン屋の新しい豚骨味だよね。おいしい?)

B:It’s okay.
(普通だね。)

4.あまりおいしくない

「tasty」「delicious」など、おいしいことを表す形容詞に否定を表すnotを付けて、「あまりおいしくない」と表現します。

【例文】
「This juice isn't very tasty.(このジュースはあまりおいしくないね。)」

「It isn't very delicious.(それはあまりおいしくないです。)」

5.からい

英語の「からい」は、どんな辛さかで形容詞が変わります。胡椒なのか、唐辛子なのか、わさびなのか、辛さの種類によって使い分けてみましょう。

・hot(ヒリヒリする、熱を感じる辛さ。胡椒・カレーなど)
「Make it as hot as you can.(できるだけ辛くしてください。)」

・spicy(薬味・スパイスが効いている辛さ)
「Are you all right with spicy food?(あなたは辛い食べ物は大丈夫ですか?)」

・piquant(ピリッとして食欲をそそる辛さ)
「The chicken has the piquant burning taste of peppers.(このチキンはピリッとした胡椒の味がします。)」

6.甘い

甘いを表すと英語と言えば、日本では「sweet」が一般的。英語では2種類の甘さを使い分けています。

・ sweet(甘い。糖や蜜の甘さを表す表現。幸福感を感じる味という意味合いもある)
「The cake is sweeter than the cherry pie.(このケーキはそのチェリーパイよりも甘い。)」

・ sugary(甘い。砂糖がふんだんに使われている甘さを表す。日本語の「甘ったるい」に近い意味合い)
「He consume sugary beverages.(彼は糖分の多い飲料を飲む。)」

7.酸っぱい

「酸っぱい」にも種類があります。酢・ヨーグルト・フルーツなど、酸っぱさのニュアンスによって形容詞を使い分けられたらかっこいいですね。

・sour(酸っぱい、酸味のある。オレンジ・レモンなどの柑橘系フルーツの酸っぱさに使われる)
「Lemon is sour.(レモンは酸っぱい。)」

・tart(酸っぱい。ヨーグルト・ワインなどの酸味を表現)
「This yogurt is tart.(このヨーグルトは酸味がある。)」

・vinegary(「vinegar(酢)」が由来の「酸っぱい」。お酢のような酸っぱさを表す)
「It tastes a wee bit vinegary.(ちょっと酸っぱい。)」

8.苦い

ゴーヤ、薬、コーヒーなど味の系統は異なっていても、日本語では同じ「苦い」という言葉で表現されます。形容詞は大人も子どももよく使いますね。英語では「bitter」で表します。

・bitter(苦い)
「It tastes bitter.(これ苦いよ。)

「This medicine tastes bitter.(この薬は苦いです。)」

9.しょっぱい、濃い

塩気が多くしょっぱい、調味料が濃くしつこい味は、英語ではどのように表現するのでしょうか。「決してまずいわけではないけれど、もう少し味付けをどうにかしたらおいしくなるのに」という場合のアドバイスにも使えます。

・salty(しょっぱい)
「The miso soup are too much salted. (この味噌汁は塩辛いよ。)」

・strong(味付けが濃い。くどい。「This (食べ物名) is strong.」のように使用)
「This fried rice is strong.(このチャーハン味がくどいね。)」

10.味が薄い

味が薄い、物足りないとき、英語では2種類の形容詞を使います。

・bland(味が薄い。風味に乏しい)
「This is so bland. I need to add some soy sauce.(この味付けは薄いですね。醤油を足しましょう。)」

・plain(あっさりした。味付けされていない)
「I like plain yogurt.(私は無糖ヨーグルトが好きです。)」

味を表現する言葉を増やそう

「おいしい」という表現ひとつとっても、英語ではおいしさの度合いによって「good・great・supreme・superb」のように使い分けています。ほかの味表現も、日本語に比べて種類が多いと感じるかもしれません。

しかし日本語にも旨味のある、風味豊かな、コクがあるなど、どんな風においしいのかを表す言葉はたくさんあります。毎日の食事の中で、味の感想を「おいしい」ではない言葉で伝えてみてはいかがでしょうか。日本語・英語どちらでも構いません。どう感じる味わいなのか、とにかく具体的に表現する習慣をつけます。

子どもの表現力・語彙力アップにつながるだけでなく、パパママの料理へのモチベーションも上がりそうです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

曖昧母音「/ə/ シュワとは?」単語で発音のコツを学ぼう

曖昧母音「/ə/ シュワとは?」単語で発音のコツを学ぼう

発音記号/ə /シュワとは日本人が苦手とする曖昧母音のひとつ。 「曖昧」母音という名の通り、日本語にはない「はっきりしない母音」のため難しく感じる方が多い...
英語のアクセントはどこに置く?位置の法則や調べ方

英語のアクセントはどこに置く?位置の法則や調べ方

英語は発音と同時に「アクセント」も忘れてはならない要素です。しかしどの位置にアクセントが来るのか、どのように発音するのかわからないという方も多いのではない...
子どもの英語上達に語彙力が不可欠な理由。効果的な学習法は?

子どもの英語上達に語彙力が不可欠な理由。効果的な学習法は?

子どもを英会話に通わせたのに、英単語ばかりの学習で不安というパパママは少なくありません。英単語を覚えることは、英語の上達にどのように関わってくるのでしょう...
ストーリーリテリングとは?家庭でもできる実践的な英語学習

ストーリーリテリングとは?家庭でもできる実践的な英語学習

単語を丸暗記したり、教科書どおりに読んだりするだけでは、自分の考えを自由に話せるほどの実践的な力には結びつきません。このような問題を解決するため、主に中学...
「Cool」だけじゃない!英語で伝える「カッコイイ」の使い分け7つ

「Cool」だけじゃない!英語で伝える「カッコイイ」の使い分け7つ

英語はシーンによって、同じ意味でも使うべき表現が異なることがあります。たとえば「カッコイイ」の英語表現は、「Cool」だけではありません。「英会話をもっと...

KEYWORDS

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。