2018年3月7日 公開

子連れ外出のときにぜひ試したい5つの迷子対策

子連れでの外出時に一番心配なのが迷子。いろいろなことに興味津々の子どもたちは、少しでも目を離すといなくなってしまうことがあります。やり過ぎかなというくらいでちょうどいいのが迷子対策。備えあれば憂いなしということで、5つの迷子対策をご紹介します。

1.名前と親の電話番号を書いた紙を持たせる

 (85785)

altanaka / shutterstock.com
迷子になると悲しさや恥ずかしさなどで、自分の名前を聞かれても答えられないということがあります。

ポケットやリュックなどに、本人の名前と親の携帯番号などの連絡先を書いた紙を入れておきましょう。お子さまには「迷子になったら係の人にこの紙を渡してね」と伝えておきます。

また名札やインフォバンドなどを利用するときは、防犯上、記載事項が簡単に見えないようにしておきましょう。

2.目印になるようなものを身につける

Foto gratis: Niño, Joven, La Infancia - Imagen gratis en Pixabay - 1350663 (83280)

からだが小さい子どもは、人ごみに紛れ込むと近くにいても見えなくなってしまいがち。特に人が多く集まるところに行くときは、髪飾りや帽子などを特徴あるものにすることが迷子対策になります。

変わったデザインではなく、蛍光色の帽子をかぶるなど、色をちょっと派手なものにするだけでも目立って見つけやすくなります。

また、迷子になったときも子どもの特徴を伝えやすいため、探すときの目印としても有効です。

3.子どもの写真を撮っておく

Foto gratis: Apertura, Atractivo, Hermosa - Imagen gratis en Pixabay - 1239379 (83283)

いざ子どもが迷子になると、親も動揺してしまいます。

名前・年齢は伝えられても、服装や髪型まで正確に伝えることはなかなか難しいものです。百聞は一見にしかずと言うように、そんなときに写真が1枚あれば説明も簡単。

子どもと一緒の外出時には、家を出る前に1枚子どもの写真を撮っておきましょう。遠目で見たときにも特徴がわかりやすいよう、全身が入るように撮影してください。

4.はぐれたときの待ち合わせ場所を決めておく

Free photo: People, Child, Park, Alone - Free Image on Pixabay - 2604627 (83291)

子どもが幼稚園の年中~年長ぐらいになったら、はぐれたときのための待ち合わせ場所を決めておきましょう。

もしものときの待ち合わせ場所というのは、子どもにとっておまもりのようなもの。これがあると迷子になったときパニックになりにくく、比較的落ち着いて行動することができます。

待ち合わせ場所は背の低い子どもの視線で周りをながめ、一番目を引くものにしましょう。子どもに選んでもらうのもいいですね。

5.迷子を伝える係の人を教えておく

Free photo: Amusement Park, Bright, Carnival - Free Image on Pixabay - 1850009 (83296)

迷子になったとき、誰に相談すればよいのかということも、あらかじめ子どもに教えておきましょう。

遊園地や動物園では係の人、デパートやスーパーでは売り場の人、駅なら駅員さんというように具体的に教えることが大切です。

係の人は大体制服を着ていることが多いので、実際に見せて「迷子になったら、あの制服を着ている人に知らせてね」と伝えてください。

また、係の人以外の人が声をかけてきても、絶対ついていかないように話しておきましょう。

子どもを迷子にさせないために一番大切なこと

大人の私たちには考えも及ばないような行動をとる子どもたち。ちょっと携帯電話に気をとられたり、お金を払うときに一瞬手を離したり……。そんなほんのわずかな時間でも子どもは迷子になってしまいます。

子連れの外出時に一番大切な迷子対策は、子どもから絶対目を離さないように気をつけること。特に小さな子どもの場合は必ず手を繋いでおきましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

子どもの論理的思考力を家庭で楽しく育むことができる「はじめてのプログラミングカー」。2018年4月に学研ステイフルから登場し、日本おもちゃ大賞2018の「...
「うんこ」の図鑑がパパママの救世主に!?子どもの困った行動を“スッキリ”解決!

「うんこ」の図鑑がパパママの救世主に!?子どもの困った行動を“スッキリ”解決!

今、大人から子どもまでを魅了しているという、巷で話題の『うんこ図鑑』を親子で読んでみました。子どもが好きな「うんこ」から学ぶ楽しさを体験でき、また「うんこ...
衣替えで出した服の臭いが気になる……原因と対策は?

衣替えで出した服の臭いが気になる……原因と対策は?

衣替えをしたとき、収納していた衣類の臭いが気になるパパママも多いのでは。「全て洗い直す」という対策もありますが手間も時間もかかります。臭いの原因によって対...
キッチンでの事故防止に。子どもを守る5つの安全対策

キッチンでの事故防止に。子どもを守る5つの安全対策

刃物・火・生ゴミなど子どもにとって危険なものがいっぱいのキッチン。乳幼児のいるご家庭では気苦労が多いのではないでしょうか。火傷・誤飲・切り傷等の事故を未然...

WRITER

Mariko.K Mariko.K  大学卒業後、大手雑誌社広告営業、進学塾講師を経て、結婚を期に2000年よりスペイン在住。マヨルカ島にてスペイン人の夫、中学生の娘と暮らす。バレアレス州立音楽学院高等部でパイプオルガン専攻中。東京都出身。