2019年1月6日 公開

お葬式での子どもの靴や服装は?マナーを守った服装を意識しよう

お葬式に参列する際、子どもの服装は何が適切なのでしょうか?子どもであっても、マナーを守りしめやかに故人を見送りたいですね。今回はお葬式にふさわしい幼児の装いや、持ち物をご紹介します。年齢でも少し変わるため、場に合った服装を用意できるようにしましょう。

子どもの喪服は必要?

喪服は礼服のひとつであり、冠婚葬祭のなかでも悲しみに寄り添う場面で着るものです。大人なら1着はクローゼットに用意してあるかもしれません。しかし、どんどんサイズが変わる子どもは、大人と同じように礼服を用意しておくことができません。お葬式の予定が入って慌てて子ども用の喪服を用意しても、おそらく数回しか袖を通さないでしょう。

マナーを守りお葬式の場に馴染む服装が用意できれば、子どもの喪服は必ずしも必要なものではありません。どうしても必要な場合は、レンタルを利用すると便利です。

赤ちゃんなら落ち着いた色のものを

喪服の黒は悲しみを表しています。しかし、ベビー服で真っ黒を探すのは至難の業。赤ちゃんのお洋服はベージュなど、淡い落ち着いた色のものを用意しましょう。柄もワンポイント程度にとどめておきます。

なお赤ちゃんがお葬式中に泣き出すことも考え、退席しやすい場所で参列するのがベター。機嫌をとるためにおもちゃを持参する際も、派手なものや音が出るものは避けます。おむつ替えなど赤ちゃんと休める部屋があるか、葬儀場で確認しておくと安心です。

未就学児は幼稚園の制服でOK

子どもの礼装は制服です。幼稚園の制服がある場合は、お葬式も制服で構いません。ない場合はキャラクターものを避け、全体をモノトーンでまとめます。白いシャツ、黒やグレーのズボン・スカートなら、家庭でも簡単にそろえられるでしょう。

ただし、フリースやジーンズなどカジュアルな印象になる素材や、金などの派手なボタンはNG。靴下は黒がなければ白でも構いませんが、くるぶし丈はお葬式ではあまりよくないとされています。靴は光や音がでるような派手なものでなければ、スニーカーで構いません。

小学生は落ち着いた色合いの服装で

小学生も未就学児と同様に制服があれば制服、なければモノトーンで全体をまとめます。靴も派手でないものなら、白や黒のスニーカーで問題ありません。

小学生になると、そろそろその場に合わせた振る舞いを身につける時期です。子ども用の数珠があれば持たせてあげましょう。なければ大人のものでも大丈夫です。また、冬は会場に入る前にコートを脱ぐなどのマナーも、あらかじめ教えてあげてください。

中学生・高校生は制服で

中学生以上は多くの場合に制服があるため、服装に頭を悩ませることはなくなります。スカート丈やベルト位置などは着崩すことなく、校則に則り正しく着用しましょう。ローファーを1足用意しておくと、冠婚葬祭全般に使うことができます。

お葬式は子どももマナーを守った服装を意識しよう

突然の訃報は深い悲しみと同時に、子どもの服装の準備にも慌ただしくなります。子ども用の喪服を買い揃える必要はありませんが、故人との最後の別れの邪魔をしない、その場に合った服装のマナーを守りましょう。購入する際は色合いはもちろん素材にも気を配り、ほかのシーンでも着回せるものを選んでみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもを寝かせるのはベッド・布団どっち?長所と短所を検証

子どもを寝かせるのはベッド・布団どっち?長所と短所を検証

出産を控えた家庭では、赤ちゃんとの生活のための準備を進めることになります。その際に迷うのが「布団とベッド、どちらがいいの?」ということ。こちらでは実際に子...
子どものスニーカーの洗い方【黄ばみ・泥汚れ・臭い】

子どものスニーカーの洗い方【黄ばみ・泥汚れ・臭い】

毎日たくさん歩いたり、走ったりする子どもの運動靴。手洗いだけで汚れを落とすのは至難の業です。じつは運動靴は洗濯機で洗えることをご存じでしょうか?部活や習い...
子ども同士、ファストフード店での張り合い!こんな表情、知ってる?

子ども同士、ファストフード店での張り合い!こんな表情、知ってる?

保育士の私にとって、園以外で見る子どもたちの表情は、また別の面白味があります。園の外で見て、ちょっとにやっとしてしまった、子どもの表情を徒然なるままにルル...
子どもの味覚を育てる!3歳までに好き嫌いをなくそう!

子どもの味覚を育てる!3歳までに好き嫌いをなくそう!

3歳頃までにぐんぐん発達するといわれる味覚。そもそも「味覚」とは、どのようなものなのでしょうか?子どもと大人の味覚の違いや、味覚を育てるのに役立つグッズを...
子どもが注射を嫌がるときの対処法は?パパママができる声掛け

子どもが注射を嫌がるときの対処法は?パパママができる声掛け

子どもが産まれて2カ月頃になると、予防接種の嵐が待っています。このため物心がついたときには「注射は痛くて嫌だ」と覚えてしまうことも。それに伴い、パパママも...

WRITER

mokomoko mokomoko  九州出身、群馬県在住の小学生のミックスツインズママです。好きなものは書くこと、読むこと、食べること。今は子育てで蒔いた種を子どもがどんな風に咲かせるのか楽しみな毎日です。