2019年1月21日 公開

子どもに人気のごま和えの魔法!野菜が何でも食べられるように

栄養たっぷりで、いろいろな素材との相性の良いごま和え。和食はハードルが高いように思いますが、実はとっても簡単なんです。しかも、ごま和えを日々の食卓に取り入れてから、息子たちは何でも野菜を食べるようになりました!作り方の基本から肉料理への応用までをご紹介します。

ごま和えの基本の材料

via photo by author
ごま和えの基本の材料は、炒りごま、しょうゆ、砂糖の3つです。3:1:1の分量で作るのがおすすめです。

例えば、ほうれん草1束には、白ごま大さじ1と1/2、しょうゆ大さじ1/2、砂糖大さじ1/2程度。2束使って作る場合は倍量で、ごま大さじ3、しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ1という具合です。

砂糖は、野菜の甘みに応じて調整してみてくださいね。

作り方は、まず炒りごまをすり、しょうゆと砂糖を混ぜて完成です。ゆで野菜と和えたら、あっという間にごま和え野菜のできあがり♪

他の調味料を加えて、お子さん好みの味を見つけてみるのもいいですね。たとえば、みりんを入れると、風味が出ます。みりんを使う場合は、一度加熱処理をしてアルコールを飛ばしておくと、お子さんも安心して食べられますよ。

ごま和えをおいしく作るコツ

ごまをするのはお子さまのお手伝いにももってこいです。
via photo by author
ごま和えをおいしく作るコツは、「ごまのすり方」と「水分調整」です。

まず、ごまは少しつぶが残るくらいにすりましょう。すりごまでも問題ないですが、炒りごまをすったときのふわっと立ちのぼる香りは、とても心地よいものですよ。少しつぶが残ることで、野菜の味とうまく調和するのです。

続いて水分調整ですが、特に葉物野菜やブロッコリーなど、水気をしっかり切ってから和えるようにしましょう。食べる直前に和えるのがおすすめです。

ごま和えは、食材によっても少しポイントが変わってきます。筆者は、具体的に作り方やコツがわかりやすく図解されている、下記のリンクページから多くを学びました。

ごま和えにおすすめの野菜

via photo by author
それでは具体的に、ごま和えにおすすめの野菜を紹介しましょう。 下ごしらえのコツも簡単に添えますので、参考にしてみてください。

・ほうれん草
根本に切り込みを入れよく洗ってから、ゆでます。冷水にとり、水気をよく絞ってから和えます。栄養たっぷりの根本も、ぜひ使ってくださいね。

・小松菜
塩を一つまみ入れたお湯でゆがきます。水気をよく絞ってから切って、和えましょう。

・ブロッコリー
食べやすいサイズに切って、塩を一つまみ入れたお湯でゆでてから、よく水を切って和えます。きのこ類を加えてもおいしくいただけます。

・ピーマン、パプリカ
細切りにし、ラップをかけてレンジで2分ほど加熱、もしくはさっとゆでて使います。

・オクラ
塩で板ずりしてからゆでます。水っぽくならないよう、丸ごとゆでてから食べやすいサイズに切ってください。

・にんじん
3~4cmの細切り(筆者はスライサーを使用)でさっとゆでます。

・れんこん
お酢を少し入れたお湯で軽くゆでてから、使います。

・もやし
塩を少し入れたお湯で軽くゆでてから、和えてください。 ごまはしっかりめがおすすめです。

・なす
しばらく水につけてあくを抜き、レンジでチン、もしくはさっとゆでましょう。

どの野菜も、歯ごたえが残る程度にゆでると、おいしく仕上がりますよ。

中華風&洋風にアレンジ

いろいろなお野菜が、おいしくいただけるごま和え!でも同じ味が続くと飽きてしまうことも。そんなときは、中華風、洋風にアレンジをしてみましょう。半分ずつアレンジして、お好みの味を見つけてみてもいいですね。

中華風のタレ

さっぱり中華味は息子たちのお気に入りです!
via photo by author
基本のごま和えタレに、ゴマ油とお酢を加えます。わが家でよくやるのは、春雨を使った中華風野菜和え。それぞれ火を通して和えるだけですが、食の進むおかずですよ。

洋風のタレ

via photo by author
わが家では、できあいの洋風タレ(マヨネーズやソース)を利用して、これにすったごまを加えます。それだけでも風味アップ!おすすめです。

お肉とも相性抜群!ボリュームアップ!

via photo by author
野菜と同じ要領で、ゆでた(もしくは蒸した)お肉でごま和えを作ってみませんか?

おかずとしてボリュームも増え、お料理のバリエーションが広がること間違いありません!ごま和えタレも、しょうがを足したり、ポン酢にすりごまを加えるなど、塩分に気を付けながら食材に合わせて応用してみてください。

以下の参考レシピでもおわかりいただけると思いますが、お肉を使ったごま和えも、とっても簡単です!肉のうまみとごまの風味が合って、とてもおいしいですよ。

牛肉

牛肉×ほうれん草のごま和えレシピをご紹介します。
1:ほうれん草をゆでて、水気を絞っておきます。
2:牛肉を熱湯に泳がすように、ゆでておきます。
3:基本のごま和えを作り、食べやすい長さに切ったほうれん草と牛肉をボウルなどに入れ和えます。

豚肉

豚肉×小松菜ごま和えのレシピです。
1:小松菜を食べやすい長さに切って、ゆでます。
2:豚肉は、酒を入れた熱湯でゆでておきます。
3:水気を切った1と2をボウルなどに入れ、基本のごま和えと和えます。

野菜大好き!ごま和え生活はじめませんか?

via photo by author
毎週土曜に1週間分の買い物を済ませるわが家では、金曜日を「ごま和えの日」としています。残り野菜やお肉をゆでて(ものによってはレンチンOK!)和えるだけ。献立のレパートリーが増えるので、とても便利です。

たくさん作ってストックにするのもよいですし、ゴマをすったり和えたりのお手伝いメニューとして導入してもいいですね。甘さも手伝って、息子たちも競うように食べるごま和え野菜。ご家庭に合った方法で、ぜひお楽しみください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

野菜の名前言えるかな?鮮度の見極め方は?

野菜の名前言えるかな?鮮度の見極め方は?

キャベツとレタスなど、子ども目線では区別しづらい野菜は意外とたくさんあります。違いを聞かれたときに正確に教えてあげられるよう、紛らわしい野菜の見分け方を知...
PDCAが大回転する食事づくりは子どもの思考力アップにも最適でした

PDCAが大回転する食事づくりは子どもの思考力アップにも最適でした

子どもに食事づくりをしてもらう理由は?単なるお手伝いではなく主体的に食事づくりに取り組むことで、思考力や観察力がアップするからです!子どもの成長に役立つ食...
子どもと一緒におせち料理作り!おすすめメニュー4つ【体験談】

子どもと一緒におせち料理作り!おすすめメニュー4つ【体験談】

お正月といえば、おせち料理。手作りは面倒というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は1品1品はそれほど手間なくできるのです。食材に触れ、...
学習能力UP!英才食育につながるつくりおき料理って?

学習能力UP!英才食育につながるつくりおき料理って?

体によく、記憶力や集中力がUP、そしておいしい! そんな料理が作れたら嬉しいですよね。「学習能力をあげるつくりおき」をテーマに開催したChiik!×出張つ...
野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

野菜嫌いを小学校入学までに克服するには【ベジトレ】が必要!?

学校給食の残食率が増え、特に野菜の食べ残しが多いこと、また『10年前と比べて子どもの偏食が増えている』と感じる教員が約80%いることが、トレンド総研の調査...

WRITER

福岡すみれ 福岡すみれ  東京都在住、3人のやんちゃな男の子のママです。外遊びが大好きな息子たちと日々いろいろな公園を巡りつつ、3度の食事(とおやつとお酒)を何よりも楽しみに過ごしています。