2016年10月7日 公開

入間航空祭2017 子ども連れで楽しむ完全ガイド! 混雑を避けるコツ、穴場を紹介 

【最新情報更新2017.11.1 ブルーインパルス予行飛行の情報を更新】入間基地の航空ショーは都心からアクセスが良く入間航空祭は人気イベントです。とは言え、20万人が訪れる大混雑必至のイベントで子ども連れは正直、大変苦労します。しかも今年2017年は金曜日の祝日とあって混雑必至です。でも日本が誇るブルーインパルスの展示飛行は子どもに一度は見せてあげたいもの。そこで入間航空2017を子どもと一緒に楽しむコツ、電車移動のコツ、観賞の穴場、リハーサル、裏技、持ち物などを紹介します。

入間航空祭2017の日程、住所

 (24194)

出典:航空自衛隊ホームページ
http://www.mod.go.jp/asdf/iruma/kouhou/280902/index.html
 入間航空祭は、埼玉県の航空自衛隊入間基地で、毎年11月3日(文化の日)に開催されています。入間基地は東京池袋から西武池袋線で40分弱とアクセスが良い為、例年20万人の来場者が見込まれる人気の航空イベントです。
 リアルな戦闘機やヘリコプター、大型輸送機などが間近で見られるため、それらの大きさ、スピード、爆音、操縦テクニックに子どもが大興奮します。 

入間航空祭2017 開催概要

日程 平成29年11月3日(金・祝) 9:00~15:00 ※雨天決行
※当日の天候状況によってブルーインパルスの飛行展示など中止となるプログラムがあります。

入場無料

開催場所 航空自衛隊 入間基地
住所 埼玉県狭山市稲荷山2丁目3番地

アクセス(最寄り駅)
西武池袋線 稲荷山公園駅より徒歩1分
西武新宿線 狭山市駅より徒歩25分  ※駐車場はありません。

入間基地よりお知らせページが公開

航空自衛隊の入間基地ホームページで2017入間航空祭のお知らせページが公開されました。
イベント内容などが公開され、それを見るとほぼ例年通りの内容です。
イベント
・各種航空機の飛行展示及び地上展示
・ブルーインパルス曲技飛行(13:30離陸予定)
・陸上自衛隊空挺降下
・装備品展示
・ミス航空祭パレード・発表会
・音楽演奏会等
・警備犬訓練展示
・美術展

航空ショーの見どころ

9:00のT-4(ブルーインパルスと同型の練習機)によるオープニングフライトから入間航空祭の航空ショーはスタートします。 
午前中はヘリコプター、パラシュートの降下、大型輸送機の飛行などが航空ショーの見どころ。
 (24756)

Photo by Chiik!
 (66134)

Photo by T.Endou / 2016
 しかし、なんと言っても一番の見どころは、13:05~14:20に行われるブルーインパルスです!
 ブルーインパルスは航空自衛隊の精鋭パイロット達によるアクロバット飛行チームで、使用されている機体はドルフィンカラーに彩色された純国産の練習機T-4。

 ドルフィンライダースと呼ばれるパイロットが紹介されT-4に乗るところから会場はヒートアップし、
離陸は4機ダイヤモンドの隊形でテイクオフ!
ダイヤモンド・テイクオフ

ダイヤモンド・テイクオフ

 (66132)

Photo by T.Endou / 2016

【航空】 ブルーインパルス PV 最強版 Blue impulse 【自衛隊】

 最高の盛り上がりは中盤に行われる「バーティカルキューピッド」。
 スモークで空にハートを描き、矢を刺します!
 (66129)

Photo by T.Endou / 2016
 ブルーインパルスの展示飛行の課目は天候状況によって、数種類のパターンが存在します。
 一番課目が多く、見どころ満載なのが第一区分と呼ばれるもので、気象条件が整った日に行われます。
 入間航空祭は「晴れの特異日」である文化の日に開催される為、27種類ものアクロバット飛行が観覧できる第一区分の可能性が高いと言えます。
 つまり航空ショーに最適な日に行われ、たくさんの演目が見られるお得な航空祭なんです。

混雑具合と混雑を避けるポイント

 ひとくちに20万人の来場者といっても、もの凄い人の数です。会場は航空自衛隊の入間基地ですのでとても広いのですが、それが人いっぱいで埋まります。東京ドームの収容人数は55,000人ですからその3倍以上。ちょっと見たことないくらいの人の数です。

 その為、入間航空祭を小さい子どもと一緒に楽しむには、

(1) 会場に早く行き、なるべく早く帰る
(2) 会場以外の「穴場」で見る
(3) 当日ではなくリハーサルを見る

といった方法をおすすめします。
2015年の会場の様子(午後1時頃)

2015年の会場の様子(午後1時頃)

Photo by Chiik!

(1)入間航空祭 会場で見るコツ

早めの移動

 やはり、臨場感が段違いの会場で見たい! そういう方におすすめするのは、早めの移動です。

 池袋からは始発駅の為、電車を数本見送れば座れます。子どもと立ったまま、電車で40分近く満員電車に乗るのは酷ですから、ここで数10分の余裕を持ち、整列乗車の先頭で乗車し席を確保しましょう。
 
 また稲荷山公園駅は、都心からの降車下りホームが会場の逆側で少し遠くなります。
 そこで、下りホームの中間くらいにある階段を昇り、上りホームへ回ると良いです。上りホームへ降りたら、正面右手の通常改札ではなく、階段からUターンし、ホームの後方(池袋方面)に設置された臨時改札から出ると、会場入りがスムーズです。

そういったことを全て含め、おすすめの移動パターンは
  7時30分くらいに池袋到着、トイレも済ませておく
  8時くらいまでに整列乗車で席を確保
  9時くらいまでに駅の臨時改札を通過、並んで会場入り
こんな感じです。

 とは言え、この時間帯も「比較的マシな程度」ですので、あせらず、イライラせず、が親子移動の基本と考えましょう。
稲荷山公園駅:西武鉄道Webサイト (24546)

稲荷山公園駅構内図です。
1番ホームの池袋寄り(図右手)に臨時改札が設置されます。
 また、帰りは行きよりもひどい混雑です。
 おすすめは、ブルーインパルスの飛行が終わる直前に移動開始。
 ブルーインパルスがスタークロスを空に描いたら、残るアクロバットは3つほど。
 この残りのアクロバットは駅に向かいながら見るつもりで移動を始めたらいかがでしょうか?

 ※前述の通り展示飛行の課目は当日の状況などで変化しますのであくまでも目安です。
プログラム終盤に行われるスタークロス

プログラム終盤に行われるスタークロス

Photo by T.Endou / 2016

航空祭におすすめの持ち物

(1)飲み物、食べ物
  会場にはたくさんの出店があり楽しいのですが、並びます。
  特に水分補給の飲み物は水筒などで必ず持って行きましょう。
(2)帽子、日焼け止め、防寒用上着
  文化の日は晴れが多く、混雑時やショーの最中に日傘は差せない場合もあり帽子は必須。
  また防寒用の上着も忘れずに。
(3)レジャーシート、折りたたみ椅子
  レジャーシートは使用禁止の区域もありますが、使用可能のところもあります。
  大きいものは敷けませんので小さめのものを用意しましょう。
  椅子は小さいものがあれば持っていくと重宝します。

航空祭 会場での過ごし方

(1)トイレ、おむつ、授乳
 パパママが子どもに「一緒にトイレ行こう!」と早めに誘ってください。とにかく凄く並びます。
 おむつ替え・授乳はベビールームが本部館に設置されています。

(2)迷子対策
 確保した場所が分かるように目印を子どもと確認しましょう。
 迷子になったときの集合場所を決めておきましょう。

※迷子センター、おむつ替え、授乳室は「本部館」に設置されます。(パンフレットで確認を!) 
2017年版パンフレットが公開されました。
本部館(バルーンがあります)

本部館(バルーンがあります)

Photo by Chiik!
(3)実況をラジオで聞く
 当日の航空祭の様子を地元局のFMチャッピーが実況中継します。
 スマートフォンでも聞けるのでおすすめです。

(2)航空祭会場ではなく、場外の穴場で見る

 航空祭は、空をステージにしたショーと言えますが、それはつまり基地の外からも、充分楽しむことが出来るということです。
 混雑を避け、自由に遊びながら航空祭を楽しむのもおすすめの楽しみ方です。

狭山河川敷中央公園で見る

 入間川沿いの河川公園で、基地から少し離れていますが、離れている分、全体が見られます。
 最寄り駅は狭山市(西武新宿線)。
 車だと、関越自動車道の川越ICもしくは圏央道の狭山日高ICからのアクセスが便利。
 ここなら、車でもアクセスできます。

狭山稲荷山公園で見る

 稲荷山公園は基地のすぐ隣りにある公園です。
 ですから充分「近い」し、迫力もあります。駅は混みますが、公園内でそれなりに自由に行動できるのも魅力です。
 芝生の広場が航空祭観賞におすすめです。

彩の森入間公園で見る

こちらの公園も基地と隣接。
駅は次の入間市駅から向かうのが混雑回避でおすすめ。
公園近くにはジョンソンタウンという元駐留米軍の住居を利用した雰囲気の良いランチスポットもあります。

(3)航空祭当日を避け、リハーサルを見る

 ブル―インパルスの展示飛行だけなら、開催日前にリハーサル(予行)をみることが出来ます。リハーサルとは言え、内容はほぼ本番と一緒です。
 入間市のHPに掲載された情報によると、2017年の予行飛行訓練は以下の通りです。
<ブルーインパルス飛来及び事前訓練>

入間基地着(T-4×7機)
11月2日(木)9時50分~10時05分の間

事前飛行訓練(T-4×6機)
11月2日(木)13時40分~14時20分(予備:15時10分~15時50分)

帰投(T-4×7機)
11月4日(土曜日)10時10分~11時10分の間
 平日の11月2日に見学できるならおすすめです。
もちろん当日は基地会場には入れませんので、前述の公園などから見ることになります。
また、天候など状況によっては実施されないことも考えられます。
 
 その日にやるかわからないリハーサルですが、期待せずに行って公園で遊んでいるうちに、ふいにいきなり大空をジェット機が飛ぶ、なんていうのも面白いですね。
そんな体験はそうそう出来ません。
きっと、子供にとってはいつまでも記憶に残る思い出となるに違いありません。

入間航空祭にぜひ、子どもと一緒に出かけてみよう

 混雑必至の入間航空祭ですが、行けば子どもは目を輝かせて喜びます。混雑をなるべく避け、楽しい一日にしてあげてください。

 なお、掲載の情報は例年からの予想も含まれますので、変わることもあります。
 事前情報は公式HPでチェックしてお出かけ下さい。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

飛行機大好き!家族で飛行機を楽しめるスポット4選【首都圏】

飛行機大好き!家族で飛行機を楽しめるスポット4選【首都圏】

「飛行機や乗り物が大好き!」というお子さまと楽しく学んだり、遊んだりできるオススメスポットを首都圏エリアから4つご紹介します。今は飛行機にあまり興味がない...
この夏は絵本イベントへ!2018年首都圏開催イベント『絵本はお友だち』Vol.01

この夏は絵本イベントへ!2018年首都圏開催イベント『絵本はお友だち』Vol.01

ママ絵本作家のほんえすんです。ママ・パパにとって子育てが楽しくなる絵本情報を連載『絵本はお友だち』としてお届けしていきます。第1回目はこの夏に開催されてい...
【GWイベント】子どもと楽しむクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」

【GWイベント】子どもと楽しむクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」

2018年5月3日〜5日の三日間、東京・丸の内、池袋エリアにて、世界最大級のクラシック音楽祭 「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018」が開催されます。...
東京でホタルを楽しめるスポット6選!2017年版

東京でホタルを楽しめるスポット6選!2017年版

最近は環境保護への意識も高まり、ホタル観賞ができるスポットが増えてきました。闇の中、ポツリポツリと灯る小さなホタルの光。その幻想的で美しい光景を都会でも楽...
神奈川でホタルが見られるイベント・スポット5選!2017年版

神奈川でホタルが見られるイベント・スポット5選!2017年版

ホタルの光を見つけたとき、大人でも心が躍りますよね!お子さまと一緒に暗闇の中に、ホタルのキラメキを探しに行きませんか?今回は、お子さまとおでかけできる神奈...

WRITER

岩崎秋親 岩崎秋親  入間川で生まれ育ち子どもと自然を楽しむ3児の父親です。