2018年4月14日 公開

トイレトレーニングが失敗ばかりでイライラ。どう対応する?

「トイレトレーニングがうまくいかない!」と、悩んでいるパパママはとても多いのではないでしょうか?筆者も子どもたちのトイレトレーニングは失敗してばかりでした。今回はその失敗談を活かし、おすすめの対応法をお話しします。

トイレトレーニングは焦ってもうまくいかない

 (90779)

Iulian Valentin / Shutterstock.com
周りのママ友から「うちの子はもうオムツを卒業したのよ」と聞くと、なんだか焦ってしまいますよね。育児雑誌などでは、1歳や2歳でオムツを卒業するのが当たり前のように書かれていますが、うちの子たちは3歳までオムツをしていました。

親がどんなに焦っても、子どもたちの心と体の準備ができていなければ、トイレトレーニングはうまくいきません。周りの子たちと比べてもストレスが溜まるだけですので、まずはパパママがゆったりとした気持ちで取り組むことが大切です。

失敗したのを怒るのは逆効果。とにかく冷静に!

 (90780)

InesBazdar / Shutterstock.com
親が何度も声掛けをしたのに「おしっこ出ないもん!」とトイレに行かず、結局ジャ~ッとおもらし……。トイレトレーニングは毎日失敗の連続です。

筆者も布団の上でおもらしをされたときは、「だから言ったのに!何でちゃんとトイレに行かないの!?」とつい怒ってしまいました。しかし、怒るのはやっぱり逆効果。子どもはトイレに行くどころか、ますます隠れておもらしをするようになってしまったのです。

ときどき成功していたトイレトレーニングも振り出しに戻ってしまい、筆者が後悔したのは言うまでもありません。怒りたい気持ちはすごくよくわかりますが、どうかじっと耐えて辛抱してくださいね。

【片づけを楽にするコツその1】トイレマットを敷かない

 (90781)

waller66 / Shutterstock.com
トイレトレーニングの失敗でストレスになるのが「洗濯物が増えること」です。特にカーペットなどのマット類は、洗えなかったり乾きにくかったりするので、汚れてしまうと大変!

そこでわが家では、トイレに敷いていたマットを全部片づけてしまいました。最初はないとなんだか落ち着きませんでしたが、慣れてしまえばどうということもありません。

子どもがトイレを失敗しても、床をサッと掃除すれば片づけは完了です。洗濯ものが減ったので、後片付けがぐんと楽になりました。

【片づけを楽にするコツその2】パンツは使い捨てにする

 (90782)

EVGENIYA68 / Shutterstock.com
おしっこを失敗しても、パンツを洗えばいいだけなのですが、問題はうんちのときです。簡単に捨てられる状態ならまだしも、ゆるい状態のうんちだと洗濯するのも嫌になってしまいます。

そのためわが家では、上の子のお下がりのパンツや10枚組で売られている格安のパンツを履かせていました。そして、うんちを失敗したときはそのままビニール袋に入れてポイッ!最初からうんちを失敗したら捨てると割り切っているので、とても楽ちんです。

筆者が「トイレで上手にうんちができるようになったら、かわいいパンツを一緒に買いに行こうね」と言うと、子どものやる気スイッチがようやくON。それから2カ月後に、トイレトレーニングが完了しました。

オムツを卒業できる日は必ずやってくる

 (90783)

Maria Sbytova / Shutterstock.com
トイレトレーニングの失敗にどう対応したらいいのか、日々悩んでいるパパママたちへ。どんな子も、ある日突然オムツを卒業するときがやってきます。あまり悩みすぎずに、お子さまとのかけがいのない時間を楽しんでください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
トイレだいすき! トイレトレーニングの絵本5選!

トイレだいすき! トイレトレーニングの絵本5選!

「ちゃんとできるようになって欲しいけれど、厳しくしつけ過ぎるとトイレが嫌いな子になってしまうかも……。」そんな不安もあるのがトイレトレーニングですね。楽し...
産後復帰のリアル!フリーランス✕ワーママ、保活や仕事時間の現場は?

産後復帰のリアル!フリーランス✕ワーママ、保活や仕事時間の現場は?

個人事業者やフリーランサーとして働く女性にとって、大きな壁の一つが「産後復帰」。仕事への復帰時期や育児と仕事の両立、保活すべきかなど、悩みはつきません。産...
【3日間で完了!?】トイレトレーニング実践記

【3日間で完了!?】トイレトレーニング実践記

2人の娘を育児中の著者が抱える悩みとは……?そう!多くのパパママが、一度は悩んだことがあるかもしれない「トイレトレーニング」のことでした。トイトレを嫌がる...
家事育児に参加したいパパは6割以上!理想と現実、今後の課題

家事育児に参加したいパパは6割以上!理想と現実、今後の課題

東京都が、都内に住む子育て世帯の実態を明らかにするための調査を行いました。その結果、家事と育児の分担に不満を持つママが多い一方で、6割以上のパパがもっと家...

WRITER

かのぽむ かのぽむ  長崎県在住のフリーライター&羊毛フェルト作家。6歳と3歳の2人の子育てに奮闘中です。羊毛フェルト作品はオーダーメイド制作も承っています。 【ブログ】https://www.kanopom.com/ 【Twitter】@kanopom_writing