2018年11月1日 公開

よく飛ぶ「手作りフリスビー」子どもにも簡単な作り方3選

楽しみながら運動神経を鍛えられるフリスビーは、小さなお子さまにもおすすめのおもちゃ。形・価格帯も千差万別ですが、身近な材料を使って手作りすることも可能です。安全でよく飛ぶ、オリジナルフリスビーを手作りしてみませんか?簡単な作り方と、飛ばすコツのご紹介です。

「フリスビー」で鍛えられる力とは?

 (115666)

フリスビーが手から離れる感覚、空中を舞う様子、うまくキャッチできたときの達成感……。フリスビーには子どもを夢中にさせる魅力があります。遊び方も「ふたり以上で投げ合うだけ」と簡単なので、お子さまが小さなうちから遊ぶことが可能です。

ゆるくのんびり遊ぶイメージのあるフリスビーですが、じつは遊びながら全身運動ができてしまう優れもの。「相手に向かって狙いを定めて投げる、どこに飛んでくるか察知して予測点まで走る」。この繰り返しは、頭と体の連携をスムーズにするトレーニングであると同時に、無理のない有酸素運動となります。

幼児期から小学校低学年までは、運動神経の発達がめざましい時期です。フリスビーで遊ぶことで、多くのスポーツの基礎力となる「投力・走力・瞬発力」を効果的に鍛えられます。

「スピードが変えられる」紙皿フリスビー

Photo by author (115647)

via Photo by author
【材料】
・紙皿2枚
・包装紙、折り紙、子どもの描いたイラストほか飾りつけに使いたいもの
※重いもの、かさばるものは避けます。

・工作用ボンド
・ビニールテープ
・カッター
・はさみ
・マーカーペン

作り方

Photo by author (115649)

via Photo by author
1.紙皿の内側の線に沿ってマーカーでなぞります。

2.なぞった部分をカッターでくり抜きましょう。カッターで切る作業はパパママがやってあげてください。もう1枚はそのまま何もしません。
Photo by author (115650)

via Photo by author
3.くり抜いていない方の紙皿の凹面(ものを乗せる側)に、包装紙・描いたイラスト・シール・折り紙などを貼って飾り付けします。

4.くり抜いた紙皿の凸面(後ろ側)にも、包装紙・描いたイラスト・シール・折り紙などを貼って飾り付けましょう。

マーカーペンでお絵描きするのも楽しそうです。うずまき・ストライプ・ドット柄など、投げることで見え方が変わる模様もおすすめ。
Photo by author (115651)

via Photo by author
4.くり抜いた紙皿を、飾り付けした紙皿の裏側に工作用ボンドでしっかり貼ります。

5.完成です。凸面を上にして投げて遊びます。
Photo by author (115654)

via Photo by author
正しい飛ばし方としては凸面が上。スピードが出ます。子どもが怖がるようであれば、凹面を上にして投げてみましょう。スピードが緩やかになります。

重ねて貼るだけでOK「段ボールフリスビー」

Photo by author (115657)

via Photo by author
【材料】
・段ボール
・包装紙、描いたイラスト、シール、折り紙、マーカーペンなど飾り付けできるもの
・ボウル、紙皿などフリスビーの円の下書きになるもの(今回はサラダボウル)

・カッター
・はさみ
・工作用ボンド
・マーカーペン

作り方

Photo by author (115658)

via Photo by author
1.ボウルなどを型にして、段ボールに同じ大きさの円を2つ書きます。

2.カッターナイフで線に沿って切りましょう。安全のため、この作業はパパママが行ってあげてください。

3.ふたつの円を工作用ボンドでしっかり貼り合わせます。
Photo by author (115659)

via Photo by author
4.包装紙・描いたイラスト・シール・折り紙・マーカーペンなどで自由に飾り付けます。好きなキャラクターの完成した塗り絵などを貼り付けても、子どものテンションを上げられそう。

5.工作用ボンドが完全に乾いたら完成です。
Photo by author (115660)

via Photo by author
簡単に作れるので、たくさん作って「かご・箱に入れるゲーム」を楽しんでみてはいかがでしょう。

<遊び方>
大きめの段ボールに、フリスビーをシュートするための大きめの穴・スリットを作ります。そこをめがけてフリスビーを投げましょう。うまくシュートできたときの達成感は、遊びを続ける集中力の持続につながります。

滞空時間の長さが◎紙コップフリスビー

Photo by author (115662)

via Photo by author
【材料】
・紙コップ2個
・ビニールテープ

・ホチキス
・定規
・はさみ
・マーカーペン

作り方

Photo by author (115663)

via Photo by author
1.紙コップの飲み口側を8等分したしるしを、マーカーペンで書きます。紙コップの内側の切り替え線を基準にすると、分けやすいです。

2.しるしを目安に、紙コップを2枚重ねて切ります。

3.2枚のすべての羽の長さが同じになるように調整しましょう。
Photo by author (115664)

via Photo by author
4.ふたつの紙コップを重ねて、羽根の先端部分をホチキスで留めます。

5.ホチキスで留めた上からビニールテープを貼ったら完成です。
Photo by author (115665)

via Photo by author
長い滞空時間と飛距離が魅力のフリスビーです。軽く投げるだけで安定した飛行をします。くるくると回る羽根が華やかな印象で、見ていて楽しいですね。

上手に投げるコツ

 (115848)

子どもがフリスビーに飽きてしまうのは、続けて楽しむことができないときです。「投げたい方向に飛ばない」「すぐに落下する」など、思い通りにいかないことが重なると、小さな子どもほどあきらめモードになってしまいます。

投げたい方向に投げられて、飛距離も伸ばすためのコツはふたつ。

1.飛ばす方向(相手)をしっかりと見る
「パパママの顔を見て投げてごらん」と声掛けするだけで、子どものコントロールは格段に良くなります。

2.手首を自分側にできるだけ曲げて、反動をつけてフリスビーを飛ばす
手首のスナップを効かせることで、安定した飛行と長い飛距離が叶います。子どもには「手をお腹のほうに曲げてから、まっすぐ伸ばしたときにフリスビーを離してみて」と教えると、伝わりやすいかもしれません。

適度な空気抵抗がカギ。装飾はほどほどに

遠くまで長い時間飛ばすには、フリスビーの装飾をシンプルにしましょう。フリスビーが飛ぶ原理は、進みながら回転することによる周囲の気圧の変化です。

フリスビーが回転し進むことで、逆方向に空気が流れ遠心力が働きます。これによりフリスビーを押し上げる力が生まれてスムーズに滑空できるのです。

フリスビーに余分な凹凸があると、回転不足になってしまいます。手作りフリスビーの装飾は「貼る・描く」くらいに留めておいたほうが良いでしょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

手作り水鉄砲の作り方「5分で作れる」よく飛ぶ水鉄砲

手作り水鉄砲の作り方「5分で作れる」よく飛ぶ水鉄砲

子どもの水遊びに欠かせない水鉄砲。凝ったデザイン・強い噴射力を誇るハイスペック水鉄砲も良いですが、シンプルな構造でよく飛ぶ「手作り水鉄砲」も楽しいものです...
【やじろべえの作り方3種】倒れない不思議が「思考力」を育てる

【やじろべえの作り方3種】倒れない不思議が「思考力」を育てる

細い棒1本で立っているのに、左右に揺らしても倒れない「やじろべえ」。子どもの「なぜ?どうして?」を引き出す知育玩具としてもおすすめです。やじろべえの作り方...
盛り上がること間違いなし!家族でオリジナルのおみくじを作ろう

盛り上がること間違いなし!家族でオリジナルのおみくじを作ろう

神社でおみくじを見かけると、つい買ってみたくなりませんか?何が出てくるのかなとわくわくします。家庭でできるシンプルで楽しいおみくじを作ってみませんか。それ...
夢中で遊べる!簡単ペットボトルキャップのクルマとコマの作り方

夢中で遊べる!簡単ペットボトルキャップのクルマとコマの作り方

ペットボトルキャップは手作りおもちゃの材料にもってこい!おもちゃコンサルタントの筆者がおすすめのおもちゃの作り方を2つ紹介します。どちらも簡単に作れる楽し...
100均グッズでかわいいメダルを作ろう〜くるみボタン編〜

100均グッズでかわいいメダルを作ろう〜くるみボタン編〜

100円ショップでも人気の「くるみボタン」キットを活用した手作りメダルの紹介です。好きな柄の布や刺しゅうをした布でくるみボタンを作り、フェルトやデコパーツ...

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。