2016年8月20日 公開

動物がでてくるマザーグースで楽しく英語のお勉強!

マザーグースをご存知ですか?日本の「童謡」にあたる古い歌です。一説には1,000曲以上あるともいわれるマザーグースのなかには、動物が登場する可愛らしい曲がたくさんあります。今回は英語の勉強にもなるオススメの5曲を動画と一緒にご紹介します!

日本にはじめて紹介されたマザーグースの歌!

Hickory Dickory Dock | Super Simple Songs - YouTube

It's "Hickory Dickory Dock" Super Simple style! Because of the "surprise" ending, this video is recommended for children 3 and up ^_^. iTunes: http://bit.ly/...
マザーグースを日本に紹介した詩人北原白秋が、最初に翻訳した歌が「Hickory dickory dock」でした。

歌詞のパターンはいくつかありますが、ご紹介する動画では、ネズミ、ヘビ、リス、ネコ、サル、ゾウの6種類の動物が登場します。
内容はとてもシンプル。1番の歌詞をみてみると……

ヒッコリーディッコリードック ネズミが時計をかけのぼり
時計が一時のカネならし ネズミが時計をかけおりる
ヒッコリーディッコリードック

「ヒッコリーディッコリードック」というのは意味を持った言葉ではなく韻を踏む言葉です。英語はアクセントが非常に重要な言語なので、マザーグースでもこの歌のように韻を踏んだリズミカルな歌がたくさん出てきます。

(歌詞)
Hickory Dickory Dock
The mouse ran up the clock
The clock struck one
The mouse ran down
Hickory Dickory Dock

動物の鳴き声の違いにびっくり!?

Old McDonald Had A Farm | Super Simple Songs - YouTube

Old McDonald is now available on the Super Simple Songs Volume 2 DVD! Get it on Amazon! http://bit.ly/SuperSimpleSongsVol2DVD... Old McDonald (also known as ...
動画を見ればすぐにわかるように、聞き覚えのあるメロディですよね。日本では「ゆかいな牧場」というタイトルで広まっています。

日本語版だと「いちろうさんの牧場で イーアイ イーアイ オー」という歌詞ですが、オリジナルでは「マクドナルドじいさんは牧場をもっていた イーアイ イーアイ オー」となります。もちろんこの歌のポイントは牧場主の名前ではなくて登場する動物たちの鳴き声です。

たとえば馬の鳴き声は、日本だと「ヒヒーン」ですが、英語だと「ネイ(neigh)」です。あまりに違いすぎてびっくりしちゃいますよね!「英語と日本語で同じものを表現するとこうも違うのか」を子どもが楽しく学べる歌です。

(歌詞)
Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O
And on his farm he had some chicks, E-I-E-I-O
With a “chick-chick” here and a “chick-chick” there
Here a “chick” there a “chick”
Everywhere a “chick-chick”
Old Macdonald had a farm, E-I-E-I-O

発音の必須テク「リエゾン」を学ぶならこの歌!

BINGO | Super Simple Songs - YouTube

We've added a Super Simple twist to "BINGO" by adding actions other than just "clap." We hope you like it! Buy the song/CD: iTunes: http://bit.ly/BINGO-iTune...
「犬を飼っている農家のおじさんがいた。犬の名前はビンゴ」

ひたすらその繰り返しが続く「BINGO」の歌。とてもやさしいメロディなので、小さな子どもにはぴったりです。実はこの曲、リエゾン(子音と母音が続く場合に両者をくっつけて発音する英語のルール)を学ぶにはちょうどよい曲なんです。

たとえば「~farmer had a dog.and~」は「~ファーマー ハダ ドッゲン~」と発音します。こういう法則は歌いながら楽しくおぼえるのが一番です。

(歌詞)
There was a farmer had a dog,
And Bingo was his name O!
BINGO BINGO BINGO,
And Bingo was his name O!

There was a farmer had a dog,
And Bingo was his name O!
INGOINGOINGO,
And Bingo was his name O!

There was a farmer had a dog,
And Bingo was his name O!
NGONGONGO,
And Bingo was his name O!

There was a farmer had a dog,
And Bingo was his name O!
GOGOGO,
And Bingo was his name O!


There was a farmer had a dog,
And Bingo was his name O!
OOO,
And Bingo was his name O!

日本人ならみんな知ってるこの歌で英語レッスン♪

歌付き Mary Had A Little Lamb【メリーさんの羊】 英語童謡 - YouTube

Mary Had A Little Lamb【メリーさんの羊】 の歌付きバージョンです。 親子で一緒に英語の勉強をしよう! Mary had a little lamb, Little lamb, little lamb, Mary had a little lamb, It's fleece was white...
誰もが知っている「メリーさんのひつじ」です。

この曲の歌詞はいくつかバリエーションがあるのですが、ご紹介する動画ではメリーさんの飼っている動物が、ひつじ、キリン、サイ、カンガルー、ラクダ」と変化していきます。

「毛皮が白い」「首が長い」など、それぞれの動物の特徴が入るので、動物の呼び名のほかに簡単な形容詞の意味と発音の勉強にもなります。

(歌詞)
Mary had a little lamb,
Little lamb, little lamb,
Mary had a little lamb,
It's fleece was white as snow.


And everywhere that Mary went
Mary went, Mary went
Everywhere that Mary went
The lamb was sure to go.


It followed her to school one day
school one day, school one day,
It followed her to school one day
That was against the rule

ハイレベルな歌で苦手な発音も克服!?

Three Blind Mice Lyrics | Nursery Rhymes Songs | Kids Songs [Ultra 4K Music Video] - YouTube

Three Blind Mice Lyrics , Nursery Rhymes Songs , Kids Songs [Ultra 4K Music Video] Three Blind Mice song for kids. Do you like listening to songs in English?...
最後はちょっとハイレベルです。「三匹の盲目のネズミ」という歌なのですが、歌詞のストーリーはとても単純で、「三匹の目の見えないネズミがいて、農家の奥さんの後ろにくっついて走り回っていたら、ナイフで尻尾を切られてしまった。こんな光景みたことある?」という内容です。

問題は発音です。歌詞の一発目にいきなり「Three」! 日本人が一番苦手な二大発音 「th」と「r」が含まれています。

続く「They all ran after the farmer's wife,Who cut off their tails with a carving knife」になると、「r」や「リエゾン」の連続で、ネイティブの子どもでも発音がむずかしいほど!子どもがうまく歌い切れたら、たくさんほめてあげましょうね!

(歌詞)
Three blind mice. Three blind mice.
See how they run. See how they run.
They all ran after the farmer's wife,
Who cut off their tails with a carving knife,
Did you ever see such a sight in your life,
As three blind mice.

マザーグースは英語の基礎を学ぶのに最適の教材

英語圏の子どもにとってマザーグースは、パパママに歌ってもらう子守唄であり、英単語や発音を学ぶ素材でもあります。日本の子どもも、小さな頃から何度も聴いて歌うことで、いつのまにか英語の基礎を身につけることができます。ご紹介した動画をぜひ参考にしてみてくださいね!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

ネイティブも学ぶ、英語フォニックス教材「Jazzles」がアプリに!

ネイティブも学ぶ、英語フォニックス教材「Jazzles」がアプリに!

アメリカやオーストラリアの公立小学校でも導入されている、子ども向け英語教材「Jazzles(ジャズルス)」が、アプリになって登場。歌を通して楽しく実用英語...
イギリス民謡【マザーグース】現地での親しまれ方と人気の歌

イギリス民謡【マザーグース】現地での親しまれ方と人気の歌

幼児期の英語学習などで日本でもお馴染みのマザーグース。今回はイギリスで、このマザーグースがどのように親しまれているのかをお話します。日本ではあまり知られて...
子どもたちが遊びながら学べる、アルファベット

子どもたちが遊びながら学べる、アルファベット

近年ますますグローバル化が進み、英語や他言語を使う場面も多くなってきました。学校での英語教育の最初につまずいてしまって、他の言葉を学ぶことが嫌いになってし...
英語の勉強は楽しく!乗り物が出てくるおすすめ英語動画5選

英語の勉強は楽しく!乗り物が出てくるおすすめ英語動画5選

子どもって乗り物が大好きですよね。今回紹介するのは、乗り物がたくさん登場する英語の歌・動画です。バスや電車やヘリコプターなど、子どもが強く興味を示す乗り物...
食べ物の出てくる手遊び歌で英語のリズムを楽しく学ぼう!

食べ物の出てくる手遊び歌で英語のリズムを楽しく学ぼう!

英米を中心に伝統的な童謡として親しまれているマザーグース。今回は食べ物が出てくるマザーグースの中から手遊びも楽しめるものをいくつかご紹介します。英語のリズ...

WRITER

takutaku takutaku  雑誌の編集を経験後、フリーライターとして活動しています。