2019年2月4日 公開

魔女の絵本で不思議な物語の世界へ!おすすめ作品5選

魔法を思いのままに操る、ミステリアスな魔女に憧れているお子さまもいるかもしれません。アニメや映画にもよく登場するため、親近感が湧きやすいのでしょう。ここでは、楽しい魔女の絵本を5作ご紹介。個性豊かな魔女のなかから、お子さまの好みに合わせて選んでみてください。

風邪をひいたときに読んであげたい絵本

タイトル:まじょがかぜをひいたらね
著者  :高畠じゅん子(著者)、高畠純(絵)
出版社 :理論社
この絵本に出てくる魔女は、風邪を思わぬ方法で治してしまいます。あまりにも常識はずれな治し方に、思わず「クスリ」と笑ってしまうはず。お子さまの具合が悪いときに読んであげると、笑っているうちに具合の悪さも吹き飛んでしまうでしょう。「病は気から」という言葉がありますが、その言葉を実感できるかもしれません。

絵本を読み終えたら、お子さまとおかしな風邪の治し方を考えてみるのも楽しそうです。この絵本に出てくる治し方よりも面白い方法を、ぜひ見つけ出してみてください。親子のコミュニケーションにも役立つはずです。

魔女になった気分を味わえる

タイトル:魔女図鑑 魔女になるための11のレッスン
著者  :マルカム・バード(作・絵)、岡部史(訳)
出版社 :金の星社
「魔法つかいプリキュア」など、魔法使いが出てくるアニメは子どもに大人気。なかには「私も魔女になりたい!」とあこがれるお子さまもいるでしょう。そんなお子さまにおすすめなのが、ユーモアたっぷりの絵本「魔女図鑑ー魔女になるための11のレッスン」です。

この絵本には、なんと魔女になるための方法が書かれています。おしゃれの仕方や魔法のほうきの作り方、ケーキの作り方など、どれも思わず真似したくなるものばかり。最後まで読み終えたら、魔女になった気分を味わえそうです。

ドキドキのストーリーに夢中になる

タイトル:まじょのかんづめ
著者  :佐々木マキ(作)
出版社 :福音館書店
ある日森に出かけた女の子と犬は、見慣れない家を見つけました。中に入ってみると、家の中にあった缶詰から「助けて」という声が聞こえてきます。そこで女の子が缶切りを使って缶詰を開けてみると、中からたくさんの動物が。しかしそこに魔女が帰ってきて、今度は女の子と犬が缶詰にされてしまいます。

ドキドキわくわくのストーリーと、明るくポップなイラストがお子さまの心をわしづかみに。最後まで飽きずに読むことができるでしょう。初めてストーリー性を持たせた絵本に挑戦するときにもおすすめです。絵本のおもしろさに目覚めるきっかけの1冊になるかもしれません。

しかけをめくって見つける楽しさも味わえる

タイトル:まじょのキッチン (めくり)
著者  :ニックシャラット(さく)、小川ミキ(訳編者)
出版社 :大日本絵画
小さなお子さまや、「絵本をじっと見るのは苦手」というお子さまにおすすめの絵本です。ただ眺めるだけではなく、しかけをめくって「見つける」楽しさも味わえます。しかけは左右どちらからもめくれるようになっており、めくる方向により中の絵が変わるところも楽しいポイントです。

文章も短めなので、言葉がまだおぼつかないお子さまでも大丈夫。飽きずに最後まで楽しめるでしょう。

個性豊かな魔女の登場にワクワクする

タイトル:魔女からの手紙
著者  :角野栄子
出版社 :ポプラ社
2018年に国際アンデルセン賞を受賞した角野栄子さん。角野栄子さんといえば、「魔女の宅急便」が有名ですが、こちらの「魔女からの手紙」では、角野さんと交流のある画家たちが、個性豊かな魔女を描いています。画家陣には荒井良治さんや五味太郎さん、長新太さんなど有名な方々がずらり。なかでもひときわ目をひくのがミッフィーで有名な「ディックブルーナ」さんです。

女の子のもとに、いろいろな魔女から手紙が届いたという設定のこの絵本。個性豊かな画家人の描いた魔女に合わせて、角野さんが文章を綴っています。「次はどんな魔女が現れるかな?」とワクワクしながら、次々にページをめくりたくなるはずです。

あこがれの魔女の絵本で物語をもっと身近に

外国の童話に多く登場し、最近ではハロウィンの仮装でも多くみられる「魔女」。怖いイメージもありますが、魔女があやつる不思議な魔法や、奇妙な食べ物、黒づくめの服装など、ミステリアスな世界に興味深々のお子さまも多いはず。
特に、魔法使いが登場するアニメや絵本など、不思議なお話が大好きなお子さまには、魔女が登場する絵本はぴったりです。いろいろな魔女の絵本で、不思議な世界を楽しんでくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
GWは「上野の森親子ブックフェスタ2019」でたくさんの絵本と出会おう!

GWは「上野の森親子ブックフェスタ2019」でたくさんの絵本と出会おう!

GWの5月3日~5日、東京上野で「上野の森親子ブックフェスタ2019」が開催されます。約5万冊の絵本や図鑑、児童書がイベントブースにたくさん並ぶ本の一大イ...
妖怪の種類を知ろう!鬼や河童など日本の人気妖怪を紹介

妖怪の種類を知ろう!鬼や河童など日本の人気妖怪を紹介

姿は見えなくても、昔話や絵本にたびたび登場する妖怪は、子どもにとって身近な存在です。日本三大妖怪の1つである鬼をはじめ、妖怪にはたくさんの種類がいます。今...
「世界三大絵本賞」って?受賞作品を読んで絵本の魅力を堪能

「世界三大絵本賞」って?受賞作品を読んで絵本の魅力を堪能

お子さまの絵本選びに頭を悩ませるパパママは多いでしょう。本屋の店先には多くの本が並び、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいます。そんなとき、何かの賞を受賞...
「コールデコット賞」ってどんな賞?おすすめ受賞作品5選

「コールデコット賞」ってどんな賞?おすすめ受賞作品5選

「子どもの芸術的センスを磨きたい!」という方は、絵本を選ぶ時にイラストの芸術性に着目して選んでみては?絵本の賞の中には、絵本の挿絵に着目したものがあり、そ...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。