2017年2月22日 公開

子育てサロンの魅力と利用する時のポイントまとめ

かわいい我が子といえども、子育てをする中でいろいろな悩みが起こったり、ストレスが溜まったりすることもあります。そういうときに、気軽に頼れる場所を見つけるようにしましょう。特に乳児の育児には、子育てサロンがおすすめです。

子育てサロンは地域の交流場

 (43254)

Tatsuo Yamashita/CC BY 2.0
子育てサロンは、地方自治体(市や区など)が運営している公的な子育て応援サロンのことです。

利用できるのは、おおむね0歳から3歳までの子どもとその両親ですが、地域によっては、小学校入学前までや妊娠中のママも受け入れている場合があるので確認してみてください。

子育てサロンでは、定期的にイベントが開催されているほか、遊具が使えるといったサービスが行われています。ママ同士の情報交換や子どもとのおでかけに利用してみましょう。

子育てサロンの利用方法

 (43263)

特に予約などはいらず、思い立ったときにいつでも行けるのが子育てサロンのメリットです。利用料も無料の場合が多いので、気軽に利用することができます。

とはいえ、具体的な子育てサロンの利用方法は、地域や施設によって異なります。登録や予約が必要な場合などもあるので、それぞれの自治体のホームページを確認してみましょう。
また、休日の案内やイベント情報などもホームページで紹介されています。初回の利用前には確認しておくようにしてください。

こんな時に便利な子育てサロン

 (38796)

特に初めての子育ての場合、「どうやって子どもと触れ合って良いのかわからない」、「赤ちゃんが○○だけど大丈夫?」など、いろいろな疑問が生まれるものです。

子育てサロンでは、そんな疑問を解決してくれるイベントや講習会が開催されている場合も多いので、積極的に参加してみましょう。また、先輩ママや同じ年代の子どもを育てているママと出会うこともできます。ひとりで悩みを抱えずに、育児サロンで相談してみましょう。

幼稚園や保育園に預ける前に子どもを社会に触れあわせるという意味でも、育児サロンはおすすめです。

子育てサロンを利用する時の注意点

 (38808)

子育てサロンに行く時は、事前に休館日や営業時間について調べておきましょう。予約制の特別プログラムを行っている場合などもありますから、利用できる日かどうかの確認は必要です。

持ち物は、普段の子どもとのおでかけと同様です。暑さや寒さに対応できる格好をして、おむつやおしりふきなども持参するようにしてください。

子育てサロンを積極的に利用しましょう

 (43259)

子育てサロンは、子どもにとって楽しい遊び場であるだけでなく、同じ年代の子と触れ合える最初の友達作りのきっかけにもなる場所です。

さらにママにとっても、子育ての悩みをわかちあえる交流の場となるものです。また、一時預かりをしている子育てサロンも多く、ちょっとしたおでかけや息抜きの場所としても利用できます。

子どもにとってもママにとってもメリットの多い場所ですから、積極的に利用してみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「嫌なこと」「困っていること」を言える子に育てるには?

「嫌なこと」「困っていること」を言える子に育てるには?

保育園や幼稚園など集団生活をおくる上で、子どもが自分の言葉で「嫌なこと」「困ったこと」を周りに伝えられるということは、とても大切なことです。自分の気持ちを...
知っておきたい子育て費用|年代別に見る支出内容と金額

知っておきたい子育て費用|年代別に見る支出内容と金額

子どもが生まれたら、知っておきたい子育てについての費用。教育費や養育費の内容、年代別にかかる教育費の金額や公立・私立に通った場合のシミュレーションなどをご...
家事育児に参加したいパパは6割以上!理想と現実、今後の課題

家事育児に参加したいパパは6割以上!理想と現実、今後の課題

東京都が、都内に住む子育て世帯の実態を明らかにするための調査を行いました。その結果、家事と育児の分担に不満を持つママが多い一方で、6割以上のパパがもっと家...
ミキハウスの「子育てに関する悩み」調査!パパママの思いとは?

ミキハウスの「子育てに関する悩み」調査!パパママの思いとは?

ミキハウスは2018年2月、全国の1歳未満の子どもを持つパパママを対象に、子育ての悩みに関するアンケート調査を実施しました。子育て中のパパママがどのような...
共働き世帯の育児やワンオペ育児を「食」からサポート「かぞくごはん」

共働き世帯の育児やワンオペ育児を「食」からサポート「かぞくごはん」

現代の家庭では両親ともに忙しく、子どもとゆっくり食事を楽しむ時間を取れずにいます。そんな親たちの悩みを解決したい、と自宅訪問型食育指導サービス「かぞくごは...

KEYWORDS

WRITER

rihoyoshi rihoyoshi  子どもにとって最高のママを目指して日々努力! 最近は珈琲の飲み比べにハマっています。