2017年2月22日 公開

子育てサロンの魅力と利用する時のポイントまとめ

かわいい我が子といえども、子育てをする中でいろいろな悩みが起こったり、ストレスが溜まったりすることもあります。そういうときに、気軽に頼れる場所を見つけるようにしましょう。特に乳児の育児には、子育てサロンがおすすめです。

子育てサロンは地域の交流場

Tatsuo Yamashita/CC BY 2.0
子育てサロンは、地方自治体(市や区など)が運営している公的な子育て応援サロンのことです。

利用できるのは、おおむね0歳から3歳までの子どもとその両親ですが、地域によっては、小学校入学前までや妊娠中のママも受け入れている場合があるので確認してみてください。

子育てサロンでは、定期的にイベントが開催されているほか、遊具が使えるといったサービスが行われています。ママ同士の情報交換や子どもとのおでかけに利用してみましょう。

子育てサロンの利用方法

特に予約などはいらず、思い立ったときにいつでも行けるのが子育てサロンのメリットです。利用料も無料の場合が多いので、気軽に利用することができます。

とはいえ、具体的な子育てサロンの利用方法は、地域や施設によって異なります。登録や予約が必要な場合などもあるので、それぞれの自治体のホームページを確認してみましょう。
また、休日の案内やイベント情報などもホームページで紹介されています。初回の利用前には確認しておくようにしてください。

こんな時に便利な子育てサロン

特に初めての子育ての場合、「どうやって子どもと触れ合って良いのかわからない」、「赤ちゃんが○○だけど大丈夫?」など、いろいろな疑問が生まれるものです。

子育てサロンでは、そんな疑問を解決してくれるイベントや講習会が開催されている場合も多いので、積極的に参加してみましょう。また、先輩ママや同じ年代の子どもを育てているママと出会うこともできます。ひとりで悩みを抱えずに、育児サロンで相談してみましょう。

幼稚園や保育園に預ける前に子どもを社会に触れあわせるという意味でも、育児サロンはおすすめです。

子育てサロンを利用する時の注意点

子育てサロンに行く時は、事前に休館日や営業時間について調べておきましょう。予約制の特別プログラムを行っている場合などもありますから、利用できる日かどうかの確認は必要です。

持ち物は、普段の子どもとのおでかけと同様です。暑さや寒さに対応できる格好をして、おむつやおしりふきなども持参するようにしてください。

子育てサロンを積極的に利用しましょう

子育てサロンは、子どもにとって楽しい遊び場であるだけでなく、同じ年代の子と触れ合える最初の友達作りのきっかけにもなる場所です。

さらにママにとっても、子育ての悩みをわかちあえる交流の場となるものです。また、一時預かりをしている子育てサロンも多く、ちょっとしたおでかけや息抜きの場所としても利用できます。

子どもにとってもママにとってもメリットの多い場所ですから、積極的に利用してみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

テレビと漫画だけで京大へ!宝槻家に学ぶ家庭教育のヒントとは

テレビと漫画だけで京大へ!宝槻家に学ぶ家庭教育のヒントとは

高校には通わず遊び尽くし、大検ルートで京大へ進学した宝槻家の3兄弟をご存知ですか?一見突拍子もなく、数ある育児書のなかでひときわ異色を放つ1冊ですが、実は...
今読みたい絵本がわかる!絵本好きがたどり着いた指南書3冊

今読みたい絵本がわかる!絵本好きがたどり着いた指南書3冊

絵本の探し方がわからない、何を選べば良いかわからない……。そんなときは、絵本紹介本が一番!今、読みたい絵本に親子でたどり着ける、とっておきの指南書3冊をご...
【体験談】愛読書はもう図鑑!1歳半の息子が本好きに育つまで

【体験談】愛読書はもう図鑑!1歳半の息子が本好きに育つまで

1歳半の三男は、絵本大好き。本棚の前で一人黙々とページを繰ることも珍しくありません。でも実は、第一子や第二子育児では、絵本をうまく取り入れられず悩んだ頃も...
子どもの名札代わりに!100均アイテムで簡単名前付きマスクを作ろう

子どもの名札代わりに!100均アイテムで簡単名前付きマスクを作ろう

児童館や子育てサロンでのイベントに参加する際、子どもの名札が必要になることがあります。安全ピンや首からかける紐を使うのは不安というときは、マスクを利用する...
上の子のフォローどうしてる?子どもの興味に寄り添おう【てんてこ3人育児中】

上の子のフォローどうしてる?子どもの興味に寄り添おう【てんてこ3人育児中】

きょうだいがいると、下の子のお世話や家事に追われがち。「なるべく上の子を優先して」とは思いつつ、現実には難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。ほ...

KEYWORDS

WRITER

rihoyoshi rihoyoshi  子どもにとって最高のママを目指して日々努力! 最近は珈琲の飲み比べにハマっています。