2016年11月13日 公開

演劇にサーカスも!?フランスで人気のならいごと6選!

日本でならいごとと言えば、定番のピアノ、バレエ、水泳、最近人気のプログラミングなどが思い浮かびますよね!フランスではどうでしょうか。フランスの現地ママパパ向けサイトで、幼児から始められるならいごととしてお勧めされているものを6つ、創造力・感性・集中力・運動神経を育てるという観点からご紹介します。

やっぱり芸術の国!アート教室

芸術活動を国を揚げて推奨しているフランスでは、やはりアート教室が大人気です。

感性を養えるということだけでなく、幼児の段階から、形・色・量を認識することができるようになります。また、感情を外に出し具体化することが、子どもの今後の人格形成にもいい影響を与えると言われているのです。筆やクレヨンを使うことで、繊細な道具をうまく手で扱うことができるようにもなりますね。

始める時期:1・2歳から
創造力 : +++

感性 : +++

集中力 : ++

運動神経 : ++

意外にも大人気!サーカス

意外なのが、サーカス。日本では、「ならいごとがサーカス」というのはあまり聞かないのではないでしょうか?フランスでは、とても人気があります。

音楽に合わせて補助付きで玉乗りに挑戦したり、エアリエル・ヨガで使う布を使ったりします。
全身運動ができるだけでなく、動きの細かい調整も必要になります。また、何かに挑戦する感覚を養うことができ、子どもに自信を与えることができます。

始める時期:4・5歳から
創造力 : +++

感性 : ++

集中力 : ++

運動神経 : +++

いろんな楽器を試せる!音楽教室

日本のように、ピアノ教室、バイオリン教室、と別々に通うのではなく、いろいろな楽器に触れることができる教室が人気のようです。また、この教室はダンスやリトミックのような音楽活動ではなく、実際にピアノ・バイオリン・フルート・ギターといった楽器に触れて演奏してみる、というものです。聴力を養えるだけでなく、集中力や我慢強さを高めることもできると言われています。

幼児期からこのような教室に通い、気に入った楽器を後に本格的に習う、というのがフランス流のようです。

始める時期:3歳から
創造力 : ++

感性 : +++

集中力 : +++

運動神経 : ++

地球に優しい子どもに!園芸教室

これも、日本ではあまり聞きませんよね。
パリなど都市部でも、住宅と住宅の間や公園などに共同園芸場、ポタジェ(Potager)という場所があります。園芸教室とは、そういった場所で子どもたちが共同で野菜などを育てる教室です。自分が毎日口にしている食べ物が、どのように育っていくのか、じかに感じることができます。
幼いころから「自分で何かを育てる」という経験をさせてあげることで、子どもの責任感を育てましょう。
また幼い頃から、無農薬の食材に興味を持たせることができるというのも、人気の理由のようです。

始める時期:3歳から
創造力 : ++

感性 : +++

集中力 : ++

運動神経 : ++

子どもに自信を持たせよう!演劇教室

幼児教育のサイトなどで盛んにおすすめされているのが、演劇教室。
登場人物を絵に描いて、その役を演じる、といった創造力も同時に育てることができる内容になっています。台詞を言うための集中力や、責任感、グループ活動の際の周囲との調和力も養うことができます。

始める時期:3・4歳から
創造力 : +++

感性 : ++

集中力 : +++

運動神経 : ++

フランスでも人気!外国語教室

フランス人も日本人同様、外国語に苦手意識があります。
そこで、最近では幼児期からの外国語教室が人気です。
一番人気は英語ですが、最近ではまんがやアニメなどの影響で日本語も人気があります。

またフランスには、外国人家庭やミックスの家庭も多いので、親の母国語を学ぶために教室へ通うことも多いようです。

始める時期:4歳から
創造力 : ++

感性 : +

集中力 : +++

運動神経 : +

いろいろ経験させて、好きなものを伸ばそう!

フランスで人気のならいごと、いかがでしたか?
サーカスや園芸教室は面白いですよね!
これ以外にも、柔道大国のフランスでは柔道や合気道も一般的です。

フランスでは水曜日の午後は学校がお休みなので、その時間を利用して何らかのアクティビティに参加します。市や区、非営利団体運営のカルチャーセンターは、お手頃な値段でいろいろなアクティビティを選べるため人気があります。今年はダンス、来年は柔道、など毎年変えることができるのも魅力だそうです。

フランスのママたちに聞いてみると、まずはちょっとずついろいろ経験させて、その後子ども自身に好きなものを選ばせたいということでした。好きこそものの上手なれ。ママやパパの独断では決めずに、好きなものが見つかるまでのんびり、いろいろ試させてあげるのもいいかもしれませんね!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

やってて良かった!?くもん式!くもん式で育った子のその後

やってて良かった!?くもん式!くもん式で育った子のその後

東大生がやっていたならいごと学習塾編で1位に選ばれたことで注目を浴びているくもん式。共働きが増えて、自分で見てあげられない分できればうちの子にも、と考えて...
“貯め期”と上手くつきあおう!教育費とのバランスの取り方は?【今すぐできる家計管理術】第17回

“貯め期”と上手くつきあおう!教育費とのバランスの取り方は?【今すぐできる家計管理術】第17回

お子さまの幼少期は、将来のためにお金を蓄える「貯め期」といわれる大切なとき。貯め期を活かしつつ、幼児期ならではの習い事などお子さまの教育にも後悔しないお金...
フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは、食器の泡をしっかり洗い流さない、身体の泡を洗い流さないのが普通です。日本人の感覚からすると「えっ」と驚きますよね。一般的に、欧米はすすぎ洗い...
習い事の資金計画「年収の5%まで」は意味がない!?【今すぐできる家計管理術】第16回

習い事の資金計画「年収の5%まで」は意味がない!?【今すぐできる家計管理術】第16回

新しい習い事をはじめたいけど「習い事にいくらまでお金をかけていいのかわからない」と心配されている方へ。きちんと資金計画を立てて検討すれば、安心してお子さま...
フランスの子どもは皆持っている?育児に必須な「ドゥドゥ」とは

フランスの子どもは皆持っている?育児に必須な「ドゥドゥ」とは

フランスでほとんどの赤ちゃんや子どもが持つ「ドゥドゥ」をご存知ですか?日本では、Eテレで放送中のアニメ『うっかりペネロペ』で、主人公がいつも抱えているうさ...

WRITER

kaori kaori  在仏9年目、パリ在住。慶応義塾大学文学部卒業、フランスの大学院で日本語教育学を学びました。現在、フランスのラグジュアリー・ブランドに勤務しつつ、日本語学校を運営しています。現地からフランス流の子育て情報をお届けします!