2016年10月22日 公開

赤ちゃんぐっすり 寝かしつけアプリ4選!

どうしても赤ちゃんが泣きやんでくれない、寝る気配もない。抱っこもとんとんもダメ。毎晩赤ちゃんの寝かしつけに頭を抱えているパパママは多いですよね。今回は、そんな夜にぜひ試してみていただきたい「赤ちゃん寝かしつけアプリ」を4つご紹介します。

録音機能も!「たまひよの泣きやませ【泣きピタ!】」

まず1つめの寝かしつけアプリはこちら「たまひよの泣きやませ【泣きピタ!】」です。
かわいらしいたまひよが特徴的ですね!

赤ちゃんが泣き止むと評判の音が満載です。
波の音や雨の音、心臓の音に体内音など自然の音も多くあります。
また、赤ちゃんが安心する音の組合せで作ったオリジナルサウンドも収録。
パパママの声を録音しておける機能もありますよ。
「無料とは思えない程上等で、広告もない!」と評判です。

自動再生!自動停止!「赤ちゃんの子守唄」

2つ目のアプリはこちら、「赤ちゃんの子守唄」です。
このアプリの特徴的なところは、周辺の音を感知して音楽が自動で再生されるので、赤ちゃんが泣いたり叫んだりしたときに、心地よい子守唄と曲が流れ出すというところです。
赤ちゃんが眠りにつくと音を感知しなくなるので、ゆっくり音楽も自動停止してくれるというすぐれもの!「いつもぐずって寝ない子もすやすやでした」と素敵なレビューがありました。

大人も子どもも心地よい音楽「オトサプリ」

続いて3つめはこちらのアプリ「赤ちゃんが眠る泣き止む音楽療法 〜オトサプリ〜」です。
このアプリの特徴は赤ちゃんが心地よく感じるように赤ちゃん専用に作られた音楽であるということです。
ドライヤーの音や掃除機の音など、赤ちゃんは泣きやむけれども大人は雑音と感じるというような音楽ではなく、大人も赤ちゃんも聞いていて気持ちの良い曲に仕上がっています。
状況に合わせてたくさんの曲から選ぶことができるのでぜひおすすめです。7日間無料でお試しができます。
「大変助かっています、びっくりするくらいよく寝ます!」と評判です。

パパママのためのアプリ「添い寝アラーム」

最後4つ目はこちらのアプリ「添い寝アラーム」です。
子どもを寝かしつけていてうっかり一緒に寝ちゃっていた!ああもうこんな時間!あれもこれもしたかったのに……なんてこと、よくありますよね。そんな状況を防ぐためのパパママ向けのアプリです。はじめはバイブレーターで起こしてくれるので安心。
なかなかアラームを止めないでいるとさらに音でお知らせをしてくれます。
音は徐々に大きくなります。
アラームのタイミングはiPhone内蔵の加速度センサとマイクで自動調整してくれるのですが、もちろん時間指定でのアラーム設定も可能です。
「ほんとうにベストタイミングでしたよー」という喜びのレビューがありました。

寝かしつけアプリ利用でストレスのない寝かしつけを

いかがでしたか?今回は4つの寝かしつけアプリをご紹介いたしました。
ぜひいろいろ試して赤ちゃんとご自身にあったアプリを探してみてください。
アプリをうまく使って、赤ちゃんとパパママの寝かしつけのストレスが少しでもなくなるといいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

0歳〜遊びながら学ぼう!おすすめ知育アプリ

0歳〜遊びながら学ぼう!おすすめ知育アプリ

ご飯を作っている間、ちょっとだけ遊んでいてほしい!そんなときや、パパママと一緒にも遊べる知育アプリって、とっても便利ですよね。今人気の子どもたちが飽きずに...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
子どもの寝かしつけはいつまで?一人寝までのロードマップ

子どもの寝かしつけはいつまで?一人寝までのロードマップ

子どもの寝かしつけに苦労するパパママは多いもの。疲れがたまった体で寝つきの悪い子どもを見守ることは、なかなかの重労働です。では一体いつまで、パパママによる...
子どもを寝かせるのはベッド・布団どっち?長所と短所を検証

子どもを寝かせるのはベッド・布団どっち?長所と短所を検証

出産を控えた家庭では、赤ちゃんとの生活のための準備を進めることになります。その際に迷うのが「布団とベッド、どちらがいいの?」ということ。こちらでは実際に子...
たかいたかいの遊び方│揺さぶられっ子症候群のリスクを考えて!

たかいたかいの遊び方│揺さぶられっ子症候群のリスクを考えて!

パパママのなかにも、昔 "たかいたかい" をしてもらったという方は多いでしょう。しかし近年は「たかいたかいには揺さぶられっ子症候群のリ...

KEYWORDS

WRITER

みなかな みなかな  スポーツ大好きな息子は、よく怪我をして帰ってきます。元気に成長してほしいです。子育て頑張ります。