2018年4月10日 公開

家庭学習定着のコツとは?伸びる子に育てるポイントは親の接し方

集中して物事に取り組む力をつけるなら、家庭学習を習慣づけましょう。毎日机に向かう習慣をつけるには、幼児期の親の関わり方が重要です。親子で会話しながら学ぶことで、「家庭学習の時間」が「楽しい時間」に。叱らずに家庭学習を定着させるコツのご紹介です。

「一緒に勉強する」という意識が大切

無料の写真: 家族, 子育て, 一緒に, 人, 子, 母, 幸せ, 親, 幸福 - Pixabayの無料画像 - 1784371 (84136)

就学前までの幼児期は、「パパママに褒められたい」「パパママの真似をしたい」という気持ちがもっとも強い時期です。

親と一緒に物事に取り組み、その結果を認められることで自己肯定感を高め、学ぶ意欲を伸ばします。

絵本を読んだり、幼児教材で学習したりするときは、子どもの側にいて声かけをしましょう。幼児期の間は、親子のふれあい時間として家庭学習を楽しむことが大切です。

「勉強しなさい」と口酸っぱく言うより、「一緒に本を読もう」「計算、パパと一緒にやってみようか」などと誘うほうが勉強にネガティブなイメージがつかないのでおすすめ。

文字練習・計算などの勉強もパパママが見守り声かけすることで集中力が高まり、楽しく感じられます。

集中して物事に取り組む習慣は、親が寄り添うだけで簡単に定着できるはずです。

将来の話をすると勉強時間が長くなる

無償のイラストレーション: スケッチ, 設定, かわいい, コレクション, 子, Ufo - Pixabayの無料画像 - 3045125 (84138)

集中力が続かない、飽きてしまう、勉強自体を嫌がるときは、親子で将来の話をしてみましょう。「将来に何になりたい?」と聞かれれば、子どもはきっといきいきとおしゃべりするはずです。

まだ幼くて話がたどたどしい場合も、焦らせずにゆっくり話を聞いてください。子どもが知っている知識・経験から将来の夢を伝えようと頑張ることでしょう。この「伝えよう」と奮闘することが大切です。

宇宙飛行士・先生・お医者さん・デザイナー・ケーキ屋さん……。どの職業を目指すにしても「基礎学力」と「自分で考え物事を進めていく力」が必要であることを伝えましょう。

伝え方のポイント

以下の2点をわかりやすく説明することで目的意識が高まり、勉強時間の伸びにつながります。

1.自分で考え物事を進めていくために大切な、集中力・記憶力・思考力などは、幼児期のトレーニングで伸びしろが大きくなる。

2.勉強は、自分の将来の夢をかなえる力になる。

褒めてモチベーションを上げる

無料の写真: 笑顔, 愛, 母, 母と息子, ママ, 家族, 幸せ, マミ, 優しさ - Pixabayの無料画像 - 2933293 (84140)

絵本がひとりで読めた、ひらがなの練習をした、間違い探しができたなど、「できた」ことに関して大いに褒めてあげましょう。

パパママに褒められることは、子どもにとって最高の喜びです。自己肯定感や幸福感を得ることで、学習意欲の高い自信のある子に育ちます。

子どもにも、いまいちやる気のない日や、機嫌の悪い日があります。そんなときこそ褒めるチャンスです。

「嫌なのによく頑張ったね!」「最後まで終わらせて偉いね」など、気分が乗らないのに頑張ったことをしっかり認めてあげましょう。

わからなくても怒らない

無料の写真: 肖像画, 女の子, 若いです, 顔, 女性, 人, かわいい, 目 - Pixabayの無料画像 - 1160487 (84137)

一生懸命教えても理解できない、間違えてしまう我が子に、「こんなこともわからないの?」「昨日やったでしょ!」「なんでこんなにできないの!」などと、ついついキツイことばが出てしまうパパママもいるのではないでしょうか。

幼児期は人格を形成するのに大切な時期。勉強がわからない・やる気がないときに否定的・威圧的なことばを繰り返すことは避けましょう。イライラしてしまったら、一呼吸おいて子どもの話を聞いてみます。「どこがわからないのか」「なぜそう考えたのか」を優しく問いかけてください。

その考えが誤っていたとしても、説明できたことを褒めてあげます。正解を出すことと同じくらい、あるいはそれ以上に、「考えて説明できること」は素晴らしいことです。

家庭学習の習慣は親子一緒につけていく

家庭学習の定着には、親が寄り添い共に考え、感じ、楽しむことが有効です。

ある程度子どもにひとりで学習する習慣がついてきても、近くで見守ることは続けましょう。子どもからの質問があった際、すぐに答えられる距離がベストです。

子どもがなかなか落ち着いて机に向かわない場合は、親がお手本になるのもおすすめ。「勉強しなさい」「本を読みなさい」と言う代わりに、パパママが静かに読書をはじめてみましょう。集中する親の姿に引き寄せられて、隣に座ってくる可能性大です。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

「子どもの絵フォトブックサービス」で世界に1冊の本を残そう!

幼稚園や保育園などで描いてきた絵は、なかなか捨てられず溜まる一方で、保管や整理も大変!そんな悩みを抱えるパパママが多いようです。箱に詰めて送るだけでフォト...
【RISU算数】タブレット学習+東大生らの個別フォローで学びを

【RISU算数】タブレット学習+東大生らの個別フォローで学びを

75%のお子さまが現在の学年より上のステージを先取りしているという【RISU算数】。個人個人に合わせた教材で100点が当たり前に取れるようになるかも?ビデ...
子どもが伸びる家庭学習は「ご褒美」アリ・ナシどっち?

子どもが伸びる家庭学習は「ご褒美」アリ・ナシどっち?

幼児期に定着させたい家庭学習の習慣。小さい子どもに集中して勉強させるのはなかなか難しく、やる気を出させるためにご褒美をあげるパパママもいるでしょう。その一...
一緒にお弁当を作ってピクニック!雨の日にもオススメ

一緒にお弁当を作ってピクニック!雨の日にもオススメ

お休みの日、どこか遠くへお出かけするのもすてきですが、ときには子どもたちと一緒にお弁当作りはいかがですか?親子で料理する楽しさはもちろん、旬の食材に触れた...

KEYWORDS

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。