2016年5月4日 公開

親子で楽しいクッキングを!「草餅のつくり方」

普段なかなかお子さまとコミュニケーションが取れない、取り方がわからないという方に親子クッキングがおすすめです。旬の食材を使ったメニューを取り入れることで、食育にもつなげることができるクッキングは魅力満載!今回は親子でつくる「草餅」のつくり方をご紹介します。

草餅に欠かせない食材「よもぎ」とは?

よもぎは独特の香りをもち、野山をはじめ土手や道端など至る所に群生しているのが特徴的です。

よもぎの主成分であるタンニンには多くの嬉しい効果があり、中でも消炎作用や止血の収斂作用があることはぜひ子どもに教えたい知識の一つです。外遊びをしている際に、虫に刺された時や転んでできた時の傷口によもぎの生の葉を揉んで貼っておくことで効果がみられるので、消毒液や絆創膏などが無い時に応急の処置ができるので何かと便利です。

コミュニケーションがとれる!親子で「草餅」に挑戦!

草餅のつくり方(材料20個分)
・よもぎの若葉 400g
・上新粉    400g
・白玉粉    100g
・熱湯     400ccほど

「よもぎの下ごしらえ」
1.摘み取ったよもぎをきれいに水洗いをしたら、1~2分さっと下茹でしすぐに冷水にさらします。
2.よもぎの水気をきり、包丁で細かく刻みます。

「餅をつくる」
1.熱湯を少しずつ加えながら上新粉・白玉粉をよく練り合わせます。
2.練り合わせた粉を食べやすい大きさにちぎり、中まで熱が通りやすいように平たくします。
3.蒸し器に平たくした生地を並べ、10分~20分間ほど蒸しあげます。

「よもぎと餅を練りあわせる」
1.冷ました餅に下ごしらえをしたよもぎを加え、よく練り合わせます。
2.よもぎが全体にまんべんなく混ざって、餅がきれいな緑色になったらできあがりです。
3.成型します。

子どもに手伝ってもらうポイントは?

子どもはどんなことでもやりたがります。あれもこれもダメと言ってしまうと、子どものやる気が削がれてしまうので注意が必要です。お手伝いのできるポイントを下記に挙げましたが、それ以外の部分であっても、なるべく子どものやる気を尊重してほんの少しだけでもやらせてあげると、子どもも最後まで飽きることなく楽しいクッキングができるはずです。

・よもぎを摘み取る
・ゴミを取り除きよもぎをきれいにする
・練り合わせた粉をちぎって平たく成型する
・最後の成型を手伝ってもらう
※この時丸い形にこだわらず、子どもの感性のまま好きな形に作らせるのも面白いです。
子どもの個性・表現力が発揮されるポイントです!

もっと草餅を手軽に作る方法はないの?

上記で挙げた草餅のつくり方では手間がかかる、よもぎを手に入れることが難しいという方も「よもぎ粉」を使う方法があります。よもぎ粉は春先の柔らかい葉を茹でて乾燥させ粉末にしたものです。お湯でふやかせば手軽によもぎの下ごしらえができるのでおすすめです。

絵本でもだんご作りを学べる『よもぎだんご』

タイトル:よもぎだんご
著者  :さとう わきこ
出版社 :福音館書店


よもぎだんごの作り方の手順がイラストとともに解説されているところが嬉しい作品です。また、よもぎだけでなく野原には食べられる草がたくさんあることが学べる1冊でもあります。

親子クッキングを行うきっかけ作りは絵本から

クッキングをするきっかけを作るのも難しいもの。そんな時は、『くさだんご』の絵本を読んであげるのも良い方法です。お子さまの関心をグッと引き寄せ、楽しいクッキングで親子のコミュニケーションを深められることでしょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
初夏の味覚、そら豆を使って料理をしよう!

初夏の味覚、そら豆を使って料理をしよう!

そら豆ってどうしても副菜のイメージがあって料理の仕方もイマイチ分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしそら豆には魅力的な栄養素がたくさ...
あこがれのお菓子の家で、クリスマスをむかえよう!

あこがれのお菓子の家で、クリスマスをむかえよう!

子どものころ、童話「ヘンゼルとグレーテル」に出てくる、「お菓子の家」にあこがれたことはありませんでしたか?屋根も壁もすべてお菓子でできていて食べられる、そ...

WRITER

あみ あみ  パワフルにチビ4人を育児中!子ども達と家庭菜園を楽しんでいる時が大好きです。