2018年12月20日 公開

うさぎは英語でラビット?バニー?うさぎの英語表現いろいろ

絵本や物語でよく登場する「うさぎ」ですが、英語ではいくつかの表現があります。なじみ深い単語だと「rabbit」や「bunny」が思い浮かぶでしょう。これ以外にもうさぎを表す英単語は存在し、少しずつ意味が異なります。有名な絵本を例に、具体的な表現をまとめました。

ラビットとバニー、どちらもうさぎ?

子どもの頃にウサギは英語で「rabbit(ラビット)」だと習った記憶があるパパママが多いのではないでしょうか?しかし、子どもと英語の絵本を読んでいると、「rabbit」以外にもうさぎの英単語があることに気が付きます。

たとえば「bunny(バニー)」も、同じくらい馴染み深いのではないでしょうか?日本語ではどちらも「ウサギ」ですが、「rabbit」と「bunny」は和訳したときのイメージが異なります。

さらに外国では「hare(ヘア)」という呼び名も一般的。これらの違いについて知っておくと、子どもに「どうしてウサギなのにrabbitじゃないの?」と質問されても、いちいち辞書を使わなくてもすぐに答えてあげられます。

rabbit(ラビット)

「rabbits」は穴ウサギという種類にあたり、日本人が一般的に飼っている、毛のふわふわとした柔らかな感じのうさぎを意味しています。どちらかというとフォーマルで、大人が使う一般的な言い方です。動物園のふれあいコーナーにいるうさぎも、「rabbit」と言えるでしょう。

【例文】
I have two rabbits.
(2頭のうさぎを飼っています。)

bunny(バニー)

「bunny」という英語表現も、よく耳にする機会があるのではないでしょうか?こちらは厳密には子うさぎを意味しています。「rabbit」も「bunny」も同じ動物に違いはありません。ただし「bunny」のほうは、うさぎよりも「うさちゃん」という愛称のほうが雰囲気としてはピッタリです。ウサギの幼児語にあたります。

【例文】
I want to hug the cute bunny.
(かわいいうさちゃんを抱っこしたい。)

here(ヘア)

「rabbit」や「bunny」のほかに「hare」という表現もあり、ヘアと発音します。「rabbit」が穴ウサギであるのに対し、こちらは「野うさぎ」を意味した単語です。「rabbit」よりも筋肉質であることが特徴で、躍動的で野性味あふれる特徴を持っています。

【例文】
He caught the hare.
(彼が野うさぎを捕まえた。)

ほかにもある!「うさぎ」の英語表現

「うさぎ」を意味する英語表現は、まだまだあることをご存じでしょうか?ピックアップして紹介すると、古い言い方で成長した大人のうさぎを「coney(コニー)」と呼ぶことがあるほか、ウサギのなかでもオスだけを意味する場合は「buck(バック)」、メスは「doe(ドゥ)」と区別することがあります。

また「kitten(キットン)」や「kit(キット)」といえば、子猫を意味するのが一般的。しかし生まれたばかりの赤ちゃんウサギを「kitten」「kit」と言うこともあります。

さらに、うさぎがぴょんぴょんと跳ね回る様子を「boing-boing(ボインボイン)」と表記しますが、これをうさぎの鳴き声のように使用することもしばしば。うさぎの「巣」は、ほかの動物の巣でも使用されている「colony(コロニー)」や「nest(ネスト)」を使用します。

ことわざ「二兎を追う者は一兎をも得ず」は?

「二兎を追う者は一兎をも得ず」は、同時に2つのことをしようとするとどちらも得られないという意味のことわざ。これを英訳すると、以下のようになります。

If you run after two hares you will catch neither.

この場合は「rabbit」ではなく、野ウサギになるので「hare」を使用します。

絵本に登場する有名なウサギたちの表記は?

有名な絵本に登場するとき、ウサギはどのように表記されているのでしょうか?あらかじめ知っておくと、子どもと英語の絵本を読むときに戸惑わなくて済みます。絵本を読みながら、一緒に英和辞典や和英辞典で調べてみるのも楽しいでしょう。

「ウサギとカメ」の英訳「The Tortoise and the Hare」

「ウサギとカメ」に登場するウサギは、飼育されているウサギではないうえに、小ウサギでもありません。このため「hare」が使用されています。カメについても、一般に馴染み深い「turtle(タートル)」はウミガメを意味する単語。このお話ではリクガメである「tortoise(トータス)」を使用しています。

「不思議の国のアリス」に登場するウサギ

不思議の国のアリスには動物のキャラクターが出てきます。なかでもメインキャラクターと言える、時計を持って忙しくしている白ウサギは「The White Rabbit」。一方、お茶会のシーンで登場する三月ウサギは「March Hare」の表記です。

3月になるとうさぎは発情期を迎え、いつものように落ち着いた行動ではなく乱暴な動きを見せます。そんな少し狂った様子を意味するために「March Hare」と名付けられたようです。

知的な印象のある「The White Rabbit」と少し狂ってしまった「March Hare」、キャラクターの個性と英語表現がピッタリ合った例だと言えます。

「ピーターラビット」は「Peter Rabbit」

ピーターラビットは勇敢で頭が良く、人間に数々のイタズラを仕掛けます。野うさぎというよりも、人間のような生活描写がされている絵本であるため、「bunny」ではなく「rabbit」を採用したのかもしれません。

ちなみにピーターラビットのいとこは「ベンジャミンバニー」と言い、こちらは「bunny」が採用されています。

「うさぎのおうち」は「Home for a Bunny」

「うさぎのおうち」という絵本をご存じでしょうか?著者マーガレット・ワイズブラウンと、イラストを担当するガース・ウィリアムズの名コンビが描く、世界中で高い人気を誇る絵本です。うさぎが自分のおうちを探す絵本ですが、このウサギには「bunny」が使用されています。

和訳は「うさぎのおうち」になっていますが、「うさちゃんとおうち」というイメージが近いかもしれません。

国によって表現の仕方はさまざま

日本語ではひとつの単語を共通して使用できるものでも、国によっては表現を細かく分けているケースがあります。そのうちのひとつである「うさぎ」の、多様な英語表現をまとめてみました。子どもに教えてあげることで、国によって言葉も文化も異なるということへの理解が深まるでしょう。

絵本を読みながら、言葉の違いを辞書で調べる遊びを取り入れてみてはいかがでしょうか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

バイリンガルを育てるカナダのイマージョン教育【翻訳家ママのバイリンガル教育 第7回】

バイリンガルを育てるカナダのイマージョン教育【翻訳家ママのバイリンガル教育 第7回】

バイリンガル教育で成果を上げているイマージョン教育。この教育方法の発祥の地は、フランス語と英語のバイリンガルが多く住む街、カナダ・モントリオールです。翻訳...
LOA
子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもの習い事ランキングの上位に入る「英会話」。しかし、日本で暮らしてる限り日本語だけで不自由しないので、英語を習っていたとしてもなかなか身につかないこと...
「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

夏の風物詩といえば「七夕」。七夕飾りや願い事を書いた短冊を笹に吊るすなど、お子さまと一緒に楽しめる伝統行事のひとつです。では海外の方に向けて七夕を伝えると...
英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

語学を学習する上で、語彙を増やすことはとても大切。子どもの英語教育では、どのようにして語彙を増やしていくことができるでしょうか?娘のミヤピーの語彙を増やす...
英語の母音の数は日本語よりも多い!母音の種類と覚え方

英語の母音の数は日本語よりも多い!母音の種類と覚え方

母音の数は、英語と日本語で違うことをご存知ですか?「ア・イ・ウ・エ・オ」の5つからなる日本語に比べ、英語の母音はもっとたくさんあります。それぞれ理解してお...

KEYWORDS

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー