2016年7月20日 公開

英国王室キャサリン妃の母校「マールボロ・カレッジ」とは

イギリスのウィリアム王子のお妃として王室に嫁いだキャサリン妃。彼女の母校が1843年創立の伝統をほこる「マールボロ・カレッジ」です。キャサリン妃やキャメロン英国首相など超VIPが卒業したイギリスの名門校についてご紹介します。

イギリスの紳士淑女を育てるパブリック・スクール

Back to school! #marlborough #marlboroughcollege #wiltshire #boardingschool #architecture

A photo posted by Momo (@momoinlondon) on

マールボロ・カレッジはパブリックスクールのひとつです。
イギリスのパブリックスクールは、中・高一貫教育を行う超名門校を指します。

12、13歳から18、19歳の子どもを対象としていること。
ケンブリッジやオックスフォードなど一流の大学への進学を想定してカリキュラムが組まれていること。
全寮制であること、などが特徴です。

トップレベルの9校は「ザ・ナイン」と呼ばれ、生徒は王侯貴族や大富豪などセレブリティの子女が大勢在学しています。

マールボロ・カレッジは自由な校風が特徴

Amazing time at Marlborough with the girls❤️ #marlboroughcollege #lfl #girlies

A photo posted by ѕσρнια кєσgн (@sophiaa_keoghh) on

パブリック・スクールは保守的な校風が強く、ほとんどが男子校です。しかし近年は価値観の変化にともない少しずつ共学が増えています。マールボロ・カレッジも共学で、キャサリン妃も卒業生のひとりです。

そんな自由な校風が反映してか、マールボロ・カレッジの教育内容も伝統的な学問偏重から脱却し、スポーツや教養、国際人として生き抜くためのライフスキル(礼儀作法や対人コミュニケーション法など)の習得を重視しています。

マレーシアに初の分校をオープン!

Until we meet again Singapore! See you in a bit manila. #Merlion #Singapore #Tour #Travel #OnTheVergeOfSG

A photo posted by Vergil Lloyd Chua (@vergilchua) on

マールボロ・カレッジは、2012年マレーシアに初の分校を設立しました。これはグローバル化社会の進展に対応したもの。アジアのなかでも特に今後の経済発展が期待されるマレーシアが開校地として選ばれました。すでに現地の富裕層などを中心にたくさんの子女が進学していて、高い評価を得ています。

マレーシア分校はどんなところ?

Honan House boarders at the last Beagle Hash of the academic year #marlboroughcollegemalaysia #beaglehash2016

A photo posted by Marlborough College Malaysia (@mcmalaysia) on

マレーシア分校は開校前から現地だけでなく世界の富裕層を中心に強い関心を集めました。2014年時点で30カ国から生徒が集まり、日本からも約40人が学んでいます。

カリキュラムは本国とほとんど同じですが、大きな違いは第一外国語として中国語が選択できること。これはマレーシアに中国系移民が大変多く、経済的にも強い影響力をもっているからだと考えられます。

マールボロ・カレッジに日本から進学する方法は?

英国の本校に日本人が進学することはきわめて困難です。なぜならパブリックスクールに進学する生徒のほとんどは、パブリックスクールの予備校にあたる現地のプレップスクールで学んでいるからです。

プレップスクールではイギリス式の英語(クイーンズイングリッシュ)や幅広い教養を徹底して学びます。日本の学校に通って同等の教育レベルに達するにはかなりハードルが高いようですね。
ごく一部の天才か、特別のコネがなければ進学は難しそうです。

英国本校に比べるとマレーシア分校は日本人にも入りやすくなっていると言えます。
十分な英語力と経済力があれば日本からでもマールボロ・カレッジへの進学は可能です。

夢は大きく!めざせ名門パブリックスクール!

イギリスの名門パブリックスクールで学べば、将来の大統領や国王と同級生!なんてことも夢ではありません。英国本校への進学はきわめて困難ですが、海外の分校であれば進学は夢ではありません。夢を大きく持って、子どもにチャレンジさせてあげるのもいいいですね!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

小学生の英語教育が変わる2020年!家庭でするべき対策は?

小学生の英語教育が変わる2020年!家庭でするべき対策は?

2020年から始まる小学生の英語教育改革。現在5、6年生が「外国語活動」として学んでいる英語ですが、早期化・教科化が進められます。外国語活動は3年生から始...
【Chiik読プレ】ピカチュウが楽しい音楽に合わせて動きまわる!「ぴょこたま♪」

【Chiik読プレ】ピカチュウが楽しい音楽に合わせて動きまわる!「ぴょこたま♪」

不思議な動きと楽しい音楽に子どもは釘づけ!クレヨンしんちゃんやドラえもん、ハローキティにピカチュウといった日本を代表する人気キャラクターがかわいいボール型...
【2019年版】子ども英会話教室おすすめ・人気19選を徹底比較!

【2019年版】子ども英会話教室おすすめ・人気19選を徹底比較!

子どもの習い事ランキングで常にトップ10入りする英語・英会話教室ですが、近年、教室数が増え、何を基準にどこの教室を選んだらいいのか迷いますよね。どんな種類...
【話題の育児書】『世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書』

【話題の育児書】『世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書』

モンテッソーリ教育からシュタイナー教育、レッジョ・エミリア教育など、世界の代表的な子育て法や教育法を1冊でまとめて学べる本『世界7大教育法に学ぶ才能あふれ...
ベビーカーとぼくら~子どものこんな表情、知ってる?

ベビーカーとぼくら~子どものこんな表情、知ってる?

子どもがベビーカーに乗っているだけなのに、そこからさまざまなストーリーが垣間見えてきます。今回は、町で見かけた親子のやり取りを限りなく徒然なるままにお届け...

KEYWORDS

WRITER

takutaku takutaku  雑誌の編集を経験後、フリーライターとして活動しています。