2017年5月11日 公開

英語でサッカー!グローバルアスリートサッカースクール

自分は英語で苦労したから、子どもには英語を小さいうちから習わせたい。子どもには世界で活躍する人間になってほしいと願う親御さん方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、英語とサッカーを同時に学べるグローバルアスリートサッカースクールをご紹介します!

グローバルアスリートサッカースクールとは?

無料の写真: サッカー, 一致, 子供, ボール, ゲーム - Pixabayの無料画像 - 1182024 (12029)

グローバルアスリートサッカースクールは、幼児と小学生を対象とした英語でサッカーを学ぶスクールです。2017年5月現在、都内6校、千葉3校、神奈川3校、埼玉1校で開講しているようです。

サッカーを通じて、英語のコミュニケーション能力を身につけ、子どもたちが将来世界を舞台に活躍できるようにと、サッカー日本代表ゴールキーパー川島永嗣選手が発起人の一人となって始めた新しいプロジェクトです。

サッカーをできるのはプロを目指した上手な子どもだけと思いがちですが、こちらではサッカーを通じて英語を学ぶことが目的。

頭と体を連動させ、コミュニケーション能力をよりアップさせ、サッカーだけでなく将来子ども達が世界に目を向けたときに活躍できるようにという趣旨で授業を行っています。

グローバルアスリート英語サッカースクール(FOOT×BRAIN) - YouTube

サッカー初心者でも安心!

サッカー|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12030)

小さいお子さまでも、初心者でもしっかりと指導してくれます。

怒ったりけなしたりすることもなく、何かあれば諭す、褒めるというのがモットー。

お子さまのモチベーションが下がることもありませんね。

英語も初心者からOK!楽しく身につく!

アルファベットのスタンプ4|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (12031)

英語がわからないとサッカーについていけないということにはなりません。初心者でも楽しく参加できるカリキュラムです。体を動かしながら英語を覚えるので自然と身につきます。

また、サッカーに特化した英語ではなく、日常で使う英語でサッカーを行うので、いつの間にか日常英会話もできるようになりますよ。

親の負担も少ないので気軽に始められる!

 (51885)

スポーツの習い事って親の負担も多そうで嫌だなと思う方もいらっしゃるかと思います。

こちらのスクールは親の負担を極力無いようにしています。

お茶当番などの持ち回りの係もありません。週一回の習い事なので共働きのご家庭でも習わせることができます。

体を動かしながらグローバルな感覚を身につけよう

机上の英語の勉強とは違い、体を動かしながら学ぶのでお子さまも退屈せず楽しみながら学ぶことができます。

英語でコミュニケーション能力をつけることにより、将来世界に目を向けたときに、活躍できる幅が広がりますよね。運動もさせたいし英語も身につけさせたい!

という方、ぜひ一度こちらの教室を覗いてみてはいかがですか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

おすすめ英会話フレーズ!親子で言ってみよう!【食事編】

おすすめ英会話フレーズ!親子で言ってみよう!【食事編】

親子で「日常生活に使える英語」学習にトライしてみませんか?パターンを覚えておくと応用がきく文章をご紹介します。毎日繰り返し使っていくうちに、自然と頭に入る...
赤ちゃんに英語を教えると日本語と混ざって混乱しない?【翻訳家ママのバイリンガル教育 第4回】

赤ちゃんに英語を教えると日本語と混ざって混乱しない?【翻訳家ママのバイリンガル教育 第4回】

カナダ在住、マルチリンガルの息子を育てる筆者がお届けする連載【翻訳家ママのバイリンガル教育】第4回目です。英語の早期教育に対して周囲からネガティブな反応を...
LOA
新連載【小1から英検チャレンジ】vol.01 早期から英語学習に取り組んだ理由

新連載【小1から英検チャレンジ】vol.01 早期から英語学習に取り組んだ理由

Chiik!で小学校受験体験記を連載中のママミーヤです。実は、娘のミヤピーは小学校入学後に英検に挑戦し、5級と4級に一発合格。3級も合格した今は2級合格を...
継続的な子どもの英語教育の鍵は「現実的な」目標を立てること

継続的な子どもの英語教育の鍵は「現実的な」目標を立てること

カナダ在住、マルチリンガルの息子を育てる筆者がお届けする連載【翻訳家ママのバイリンガル教育】第3回目です。幼い子どもが2カ国語以上を習得するためには、まず...
LOA
子どもを“respect”するとは?海外の教育を通して学んだこと

子どもを“respect”するとは?海外の教育を通して学んだこと

「リスペクト(respect)」という言葉は、日本でも次第に認知度が高まっていますが、本来はどんな意味があるのでしょうか?筆者がオーストラリア生活の中で、...

WRITER

73nagy 73nagy  旅好き家族で、5歳の娘とお風呂で日本地図を眺めてます。まずは47都道府県制覇が目標!