2018年10月8日 公開

はじめての年賀状!子どもに教えたいルールとマナー

幼稚園や小学校のお友達に年賀状を出したい。子どもがはじめて年賀状を出すときには、ぜひルールとマナーを教えてあげましょう。最初こそ「ルールが多くて大変」と戸惑うかもしれませんが、一度身につければ大人になるまで役立つ知識です。年賀状の基本マナーをまとめました。

まず年賀状の基本ルールをマスター

年賀状をポストへ投函|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (113442)

年賀状には次の項目を順番に盛り込むのが基本ルール。

1.賀詞:「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」など
2.本文:旧年の振り返りや相手への感謝、今年の抱負など
3.結び:「今年もよろしくお願いします」「今年もいっしょにあそぼうね」など
4.年号:平成〇〇年 元旦

なお「寿」「賀正」などの1、2文字の賀詞は目上の人には失礼にあたるので、先生などに出す年賀状では気をつけましょう。

年賀状用ハガキを使うときは問題ありませんが、一般ハガキや私製はがきを使うときは注意。表に赤字で「年賀」の文字を入れないと、翌年ではなく、通常郵便として扱われ年内に届いてしまいます。

子どもの年賀状はこんなところが間違いやすい

エンピツで遊ぶ男の子1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (113454)

子どもの年賀状は、大人のものほど堅苦しくルールを考える必要はありません。ただしNGワードは避けるよう教えてあげましょう。例えば「去年」の「去」は縁起が悪い言葉なので、年賀状では「昨年」「旧年」を使います。

また子どもは年賀状が翌年の元旦に届くことを忘れ、「今年は楽しかったね」「来年もよろしく」などと書くことも。文面を一度パパママが確認してから清書するのが安心です。

「元旦」の使い方にも気をつけてあげてください。1月1日を表す元日の朝の意なので、「一月元旦」「一月一日元旦」のように月日と併記しないようにしましょう。

年賀状で一番大切なことは「丁寧」

年賀状を書く【3】|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (113459)

年賀状は新年のあいさつ。とにかく丁寧に書くように教えます。汚い言葉を使ったり、乱雑な字で書くのは厳禁です。また家族が見ることもあるので、読まれて恥ずかしい内容ではないように気をつけましょう。

筆記用具は一般的には黒字のペンか筆で、鉛筆で書くのは失礼といわれています。しかし子どもが小さいうちは、学校の方針でペンを使えないことも。その場合は鉛筆でもかまいません。

最後のチェックと宛先はパパママ担当

指差しチェック|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (113464)

筆者の失敗談ですが、小学生のときに干支の版画制作に集中しすぎ、自分の名前・住所を書き忘れて年賀状を出してしまいました。3学期の初日に「誰の年賀状かわからない」と、クラスで掲げられた恥ずかしい思い出があります。こんなことがないように、パパママが最後にチェックしてあげてくださいね。

また年末年始に郵便局で取り扱われる年賀状の数は膨大です。子どもが小学校低学年の頃までは、係の人が見やすいよう、宛先の住所はパパママが書くようにしましょう。

年賀状の時期に気をつける

年賀状はこちら側へ ver1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (113468)

年賀状は1月1日の朝に届くのが理想です。もし遅れてしまっても、できれば三が日に届いてほしいもの。

元旦に届くためには、郵便局の特別扱い期間の12月15日~25日頃までに出すようにしましょう。大人になって年末ぎりぎりに年賀状を出すようにならないよう、子どものうちから余裕のあるスケジュールを身につけておきたいですね。

なお年賀状の時期は、1月1日~7日の松の内までがルール。返事を出すのが松の内を過ぎてしまったときは、「寒中見舞い」として出すことを教えてあげましょう。

子どもの年賀状は毎年少しずつグレードアップ

最初からすべてのルールを守って年賀状を作るのは、子どもたちにはちょっとハードルが高いかもしれません。筆者の初めての年賀状は4歳頃。祖父母宛に母が宛先を書き、干支の絵だけ自分で描いたものでした。

翌年は自分の名前も、その次の年は「あけましておめでとうございます」と、毎年少しずつ自分で書く部分を加えていった思い出があります。毎年ひとつずつ、ルールに気をつけながら少しずつグレードアップしていくと、無理なく年賀状の書き方が身についていくはずです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

【体験記事】BRIOの新作レールウェイセットはエレベーターで車が動く!

スウェーデンのおもちゃブランド「BRIO」から、「ウェアハウスレールセット」が新登場。車を乗せられる手動式の荷台があり、上から車をビューンと走らせることが...
面接対策にも!正しいドアの開閉方法を学ぼう

面接対策にも!正しいドアの開閉方法を学ぼう

日々の生活の中で、何気なく繰り返しているドアの開閉。正しい作法でドアを開閉することは、所作を美しく見せるだけでなく、出入りで自分や周りの人にケガをさせない...
子どもの所作を美しく!3つの物の受け渡し方を学ぼう

子どもの所作を美しく!3つの物の受け渡し方を学ぼう

子どもに物を渡すとき、「渡し方」まで意識していますか?手渡しの方法を整えるだけで、物の扱い方がていねいに見えますし、相手への思いやりも表せます。親子で正し...
折り紙でこまを折ってみよう!簡単な折り方

折り紙でこまを折ってみよう!簡単な折り方

遊んで楽しい&飾ってきれいなこまを、折り紙で作ってみませんか?今回の折り紙は、お子さまが主役です。3歳くらいの子どもでもできるとっても簡単な折り方と、とっ...
年賀状に個性を添える手作りスタンプのアイデア

年賀状に個性を添える手作りスタンプのアイデア

毎年、年賀状作りに頭を悩ませているパパママも多いのではないでしょうか。ワンパターンになってしまうとお困りの方には、手作りスタンプがおすすめです。野菜や消し...

KEYWORDS

WRITER

Mariko.K Mariko.K  大学卒業後、大手雑誌社広告営業、進学塾講師を経て、結婚を期に2000年よりスペイン在住。マヨルカ島にてスペイン人の夫、中学生の娘と暮らす。バレアレス州立音楽学院高等部でパイプオルガン専攻中。東京都出身。