2016年04月20日 公開

子ども初体験!都内から日帰りで行けるたけのこ狩りスポット3選!

4月下旬~5月上旬にかけて楽しむことのできるイベント「たけのこ狩り」。子どもに初めての体験をさせてあげたいというお母さんも多いのでは?そんな人におすすめの都内からでも日帰りで行けるたけのこ狩りスポットとその楽しみ方についてご紹介します!

4月下旬~5月上旬にかけて楽しむことのできるイベント「たけのこ狩り」。子どもに初めての体験をさせてあげたいというお母さんも多いのでは?そんな人におすすめの都内からでも日帰りで行けるたけのこ狩りスポットとその楽しみ方についてご紹介します!

たけのこ狩りを楽しむ為の準備!

 (49907)

Joi Ito/CC BY 2.0
初めてだと「たけのこ狩りって何を持っていったらいいの?」と考えてしまいますよね。大切なお子さまとたけのこ狩りを安全に楽しめるようにしっかり準備を進めていきましょう。

たけのこ狩りは、竹林の中で行うため、蛇や虫のいる危険性もありますので長袖の服に動きやすい長ズボンなどを着ていくようにします。たけのこが生えている場所は急な斜面が多いため、スニーカーや運動靴など滑りにくい靴を準備して下さい。

持っていくものは、たけのこ狩りの道具は貸してくれるところがほとんどなので、たけのこを入れる袋や手が痛くなるのを防止するための軍手、タオル、帽子、水筒を準備しておくと楽しくたけのこ狩りを楽しめます。

都内を離れて山里での過ごし方が学べるスポット!

 (49909)

Joi Ito from Inbamura, Japan/CC BY 2.0
東京都西多摩郡日の出町にある観光農園「長井竹の子園」は、日の出山荘のすぐそばにある山里の雰囲気を楽しみながらたけのこ狩りのできるスポットです。

9~16時までの間、たけのこの出具合によってたけのこ狩りができない場合や制限している場合もありますので完全予約制となっています。園内のたけのこは大きくなっても柔らかく1㎏400円とお手頃です。たけのこ狩りは、自分でたけのこを探しみんなで協力して道具を使って採る作業が子供の集中力と意欲を育ててくれます。

【所在地】
東京都西多摩郡日の出町大字大久野7024

【アクセス】
■JR線 武蔵五日市駅から 西東京バス福生駅行き
 萓窪 下車 徒歩11分

たけのこについて学べるスポット

 (50343)

4月にたけのこ狩りが行われる人気のスポット「中山農園」は、東京都三鷹市北野にあります。

大人3人1グループで3,500円、子どもは5歳未満は無料、6歳以上は人数に含まれます。たけのこ狩り以外にも、春野菜の収穫体験やたけのこの調理法やおすすめのレシピの解説、たけのこの育つ過程、竹林の手入れの仕方、野菜の畑見学、農家の方の日頃のお話など、盛りだくさんの内容。子どもの意欲を駆り立てるお話がいっぱい聞けて体験できるスポットです。

【所在地】
東京都三鷹市北野4-1-27

【アクセス】
■京王線仙川駅から 調布市コミュニティバス【緑ヶ丘循環線】で12分、
 柳川公園 下車 徒歩3分

■京王線千歳烏山駅から 関東バス 荻58・北野行きで5分、
 北給田 下車 徒歩1分

都内近郊で手軽にたけのこ狩りを体験できるスポット!

 (50341)

神奈川県小田原市にある「きのこ苑お山のたいしょう」は、都内から日帰りで十分楽しむことができます。

10:30~17:00までの間営業しています(木曜日が定休日)。

こちらでは、しっかりたけのこ狩りを楽しむというよりは手軽に楽しむといスタンスで体験できるので、集中力のない子でも夢中で作業のできる環境と、自分で採ったたけのこを食べられるといった喜びや達成感も味わうことができいい経験になります。

【所在地】
神奈川県小田原市根府川657

【アクセス】
■JR東海道本線根府川駅から徒歩約25分

【駐車場】
■無料 約20台

たけのこ狩りで注意するポイント!

 (50342)

たけのこを見つけた際に注意したいポイントは、たけのこの周りを深く掘るのではなく広く掘ると採りやすくなります。それから、夢中になりすぎて竹林の奥に入り過ぎて迷子になってしまうことが多くあります。たけのこ狩り始めたら、必ず子どものそばで一緒にすることと、斜面に気を付けて作業するように注意しましょう。

自然から得られる子どもの成長!

たけのこ狩りは、4月~5月にしか体験のできない貴重なイベントです。自然の中で楽しく学べる子どもや自分に合ったスポットを探して、普段都内にいると体験できないことを親子ですることで絆と子どもの意欲を得ることができるので、気になっているお母さんやお父さんはぜひ参加してみて下さい!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

まき まき