2018年12月20日 公開

「動物の鳴き声」海外での表現は?知って楽しい日本との違い

犬なら「ワンワン」、猫は「ニャーニャー」のように、動物の鳴き声を表す擬音。同じ動物でも海外と日本で、鳴き声の表し方はかなり違います。リアルだったり不思議だったり、国によって擬音が大きく異なるのは面白いですね。日本と違う海外の動物の鳴き声10種類のご紹介です。

1.犬

日本では「ワンワン」が一般的です。小型犬・子犬などは「キャンキャン」とも表します。

・英語
bow wow(バウ ワウ)
arf arf(アーフ アーフ)
woof woof (ウーフ ウーフ)
ruff ruff(ラフ ラフ)

・フランス語
ouah ouah(ウァオア ウァオア)

・タイ語
hoang hoang(フォン フォン)

上記の3つの国は、犬の鳴き声をより正確に表そうとしている感じを受けるでしょう。特に英語は、犬の大きさ・感情によって鳴き声を使い分けています。鳴き声の種類が多いのはこのためです。

日本の表現に近い鳴き声としては中国の「wang wang(ワン ワン)」、ドイツ語の「wau wau(ワウ ワウ)」などがあります。

2.猫

「ニャーニャー」「ミャーミャー」の擬音で表されることの多い猫。日本人にとっては「これ以外に思いつかない」と感じるほど、しっくりくる鳴き声ではないでしょうか。

・英語
meow(ミャオウ)

・ベトナム語
meo meo(メオ メオ)

・韓国語
(n)ya-ong(ヤング)

日本語の鳴き声に慣れているので、「そんな風に聞こえるかな?」と疑問に感じるかもしれません。しかしよく猫の鳴き声を聞くと、年齢・感情によってさまざまな鳴き方をすることに気付きます。英語・ベトナム語・韓国語の擬音は、猫の鳴き声の抑揚にも着目したもののようです。

3.ねずみ

こちらも「チューチュー」以外思い当たらない方が多いでしょう。

・英語
squeak(スクゥイーク)

・中国語
zi zi(ジージー)

・ドイツ語
quiek(クヴィーク)

国によってねずみの品種が違うのでは、と思ってしまうほど日本とは擬音が違います。実際のねずみの鳴き声を聞くと、とても高い音で「キーキー」「チーチー」という音にも聞こえます。

小さくて高い音で「squeak(スクゥイーク)」「zi zi(ジージー)」「 quiek(クヴィーク)」と言ってみると、意外と本物に近いと感じるかもしれません。

4.にわとり

にわとりと言えば「コケコッコー」が日本では定番の鳴き声です。

・英語
cock-a-doodle-doo(クックドゥードゥルドゥー)

・トルコ語
gut-gut-gudak(グッグッグダック)

・タイ語
gook gook(グークゥグークゥ)

英語に関しては「コケコッコー」とは全く違いますが、勢いのある鳴き声がよく表されています。一方、トルコ語・タイ語の表現はさほど勢いがありません。にわとりが静かに過ごしているときの「コッコッコ」という擬音と同じ感じでしょうか。

5.カエル

「ケロケロ」「ゲロゲロ」「クワックワッ」「ゲゲゲゲ」など、カエルの鳴き声は種類が豊富です。童謡「かえるの合唱(作詞:岡本敏明、作曲:ドイツ民謡)」は誰しも歌ったことがあるのではないでしょうか。この歌詞にもカエルの鳴き声が複数出てきます。歌詞は以下のとおりです。

かえるのうたが
きこえてくるよ
クヮ クヮ クヮ クヮ
ケケケケ ケケケケ
(ケロケロケロケロ・ゲゲゲゲゲゲゲゲ・ゲロゲロゲロゲロなど)
クヮクヮクヮ

・英語
ribbit(リビット)
croak(クローク)

・ギリシャ語
brekekekex koax koax(ブレーケケックス コア コア)

・タイ語
ob ob (オブ オブ)

上記3国の鳴き声は特に日本と異なります。ギリシャ語・タイ語は、大きなカエルがイメージされる擬音ですね。

6.ライオン

日本人に「ライオンの鳴き声をやってみて」と頼んだら、ほとんどの人は「ガオー」と言うのではないでしょうか。では海外で同じことを尋ねたら、なんと返ってくるのでしょう。

・英語
roar(ロア)

・ドイツ語
brüllen(ブレン)

・スペイン語
grgrgrrr(グルグルグルー)

日本の「ガオー」はライオンの怖さ・迫力をよく表しています。発音の仕方もありますが、一方で海外の鳴き声は荘厳な美しさ・風格ある佇まいが伝わってくるような鳴き声です。

7.豚

子どもにも覚えやすい「ブーブー」という鳴き声。「ワンワン」「ニャーニャー」と同じくらい、幼児語として使われています。

・英語
oink oink(オインク オインク)

・中国語
hu-lu hu-lu(ハール ハール)

・ノルウェー語
nøff-nøff(ノフ ノフ)

鼻を鳴らす濁音が特徴的な豚の鳴き声。中国語・ノルウェー語は鼻息の荒さがよく表れた擬音です。英語「oink oink(オインク オインク)」は、高音で言ってみると子豚の鳴き声に近く感じられます。

8.象

象の鳴き声と言えば「パオーン」。のんびり屋で優しいイメージの象ですが、縄張りと仲間を守るためなら肉食動物・人間とも体を張ってたたかいます。威嚇をする際に、低音で「グゥオオ……」と恐ろしく唸ることも。

・英語
pawoo(パウー)
baraaaah(バラァー)

・タイ語
pran pran (プラン プラン)

・ドイツ語
troro(トグゥアフォ)

象の鳴き声はバリエーションが豊富。親愛・警告・呼びかけなどコミュニケーションが豊かなぶん、さまざまな鳴き方をします。国によって擬音が違うのは当然かもしれません。

9.馬

鳴き声は「ヒヒーン」、走る音は「パカパカ」。これが日本でいうところの馬の代表的な擬音です。

・英語
neigh(ネーイ)

・ドイツ語
hühühühü(ヒュヒュヒュヒュー)

・フランス語
hiiii hiiiii (イィィィ イィィィィィ)

「neigh(ネーイ)」は日本の「ヒヒーン」と近からず遠からずな印象です。日本の感覚だと、どちらかといえばヤギの鳴き声に近いかもしれません。「hühühühü(ヒュヒュヒュヒュー)」「hiiii hiiiii (イィィィ イィィィィィ)」は馬のいななく様子、息を漏らして鳴く感じが伝わってきます。

10.あひる

「ガーガー」「グワッグワッ」が、あひるの鳴き声として思い浮かびます。

・英語
quack quack(クワックワッ)

・トルコ語
vak vak(ヴァク ヴァク)

・フランス語
coin coin(クワン クワン)

トルコ語・フランス語はカタカナで表記をすると、日本とは違う鳴き声に感じます。実際に声に出してみると「あひるらしさ」のある擬音語ばかりです。

色々な感じ方・見方を知るきっかけに

未知のものに多く触れ、知識を広げることは好奇心を育ててくれます。発音・文字の形・文法などが日本語と違う外国語を知ることで、「日本以外の国のもの見方・感じ方」に目を向けるきっかけにもなるでしょう。

ご紹介した動物の鳴き声だけをとってみても、日本と外国では表現が大きく違います。世界の動物の鳴き声を親子で真似てみて、感想を話し合ってみましょう。「自分にはそう聞こえないけれど、こんな風に聞こえる人もたくさんいる」「英語の鳴き声のほうが、本物に似ている」など、感じ方はそれぞれ。自分と異なる考え方を認め、受け入れられる柔軟さも育てられそうですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

「七夕」を英語で伝えよう【英語で楽しむ日本の行事】

夏の風物詩といえば「七夕」。七夕飾りや願い事を書いた短冊を笹に吊るすなど、お子さまと一緒に楽しめる伝統行事のひとつです。では海外の方に向けて七夕を伝えると...
【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

【保育士おすすめ】1~2歳だって楽しめるよ!はじめての折り紙~七夕篇

七夕は、はじめての折り紙遊びには良い機会です。健やかな成長を願う気持ちを込めて、1~2歳の小さなお子さんでもできる折り紙をご家庭で楽しんでみませんか?三角...
英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

英単語を覚えるにはルー語がいい⁉【小1から英検チャレンジ】Vol.9

語学を学習する上で、語彙を増やすことはとても大切。子どもの英語教育では、どのようにして語彙を増やしていくことができるでしょうか?娘のミヤピーの語彙を増やす...
子どもと何しよう?参考にしたい「#今日のおうち知育」特集

子どもと何しよう?参考にしたい「#今日のおうち知育」特集

知育の形はさまざま。文字を学ぶ、絵を描く、工作、料理やお手伝いまで…全部立派な「知育」です!ところで、Chiik!読者の皆さんはおうちでどんな知育を実践し...
“イクメン”だけじゃない!子どもを賢くする「父親の役割」とは

“イクメン”だけじゃない!子どもを賢くする「父親の役割」とは

オムツ替えや授乳などを担当するパパも増えてきましたが、育児における父親の役割は、そうした「作業」だけでいいのでしょうか?頭のいい子を育てるために、父親には...

KEYWORDS

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。