2017年8月29日 公開

ハロウィン準備☆モールを使ったハロウィン飾りと作り方

ハロウィンの飾りを、お子さまと一緒に手作りしてみませんか?今回ご紹介するのはどちらもモールを使ったものです。ひとつは指を入れて遊ぶこともできるもの、もうひとつは吊るして飾るモールアートの2点。簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね!

指を出して動かそう!トコトコ蜘蛛くん

via photo by author
まずはこちら。お子さまが指を入れて、蜘蛛をトコトコと歩かせるふりをして遊べるクラフトです。指を入れて合計8本の蜘蛛の足の完成!イタズラ子っぽい蜘蛛くんの顔がハロウィンにピッタリです。

材料と道具

via photo by author
1. 画用紙や厚紙

2. 黒い折り紙 (画用紙が黒の場合は不要)

3. 円形の形をとるための容器

4. 下書き用の筆記具

5. モール数本

6. クラフト目玉

7. のりとハサミ(もしくはセロテープやカッター)

作り方

via photo by author
1:画用紙に黒の折り紙を貼り、折り紙の形に切ります。
(黒い画用紙を使うときは、この工程は不要です)

via photo by author
2:円形の容器などで、画用紙の裏に、円形の形を下書きします。

via photo by author
3:下書きにそって、ハサミで丸く切り抜いてください。

via photo by author
4:裏返して、黒の方を表にします。これが、蜘蛛の体になります。

via photo by author
5:先ほど丸く切り落とした紙の残ったところで、蜘蛛の口を作ります。ペンで蜘蛛の口の絵を描いて切ってください。

via photo by author
6:写真のように、蜘蛛の体の下のほうに指が入るくらいの丸い穴を4つ下書きします。

via photo by author
7:下書きした丸をハサミで切って、穴をあけてください(切りにくい場合はカッターなどで)。

via photo by author
8:クラフト目玉と先ほど作った蜘蛛の口を、のりで貼ります。

via photo by author
9:頬あたりに両方2つずつ、小さい穴を開けてモールを通します。通した先は少しだけ折り返してください。

via photo by author
10:折り返したモールの先を、のりやセロテープで固定します。

via photo by author
11:蜘蛛の足に見えるように、モールを「くの字」に曲げたら、完成です。
穴に入れた指を歩いているように動かしたり、デコレーションとして飾っても◎。

モールを使って蜘蛛の巣&蜘蛛を作ろう

via photo by author
お次は、モールで作る蜘蛛の巣と蜘蛛のデコレーションです。お好みでパーツを追加してもかわいいですよ!

材料と用具

via photo by author
1. モール 
蜘蛛用の色 2色 (今回は茶色とオレンジ)
蜘蛛の巣用 1色 (今回は白)

2. ハサミ

3. クラフト目玉

4. ボンド

モールの蜘蛛の作り方

via photo by author
1:蜘蛛の体を作ります。まず、モールをV字に切ります。作りたい蜘蛛の大きさに、V字の長さを調整してください。

via photo by author
2:V字の上を少し残して、もう1本のモールを胴体の部分に巻きつけます。

via photo by author
3:一周くるっと巻きつけたところです。これが蜘蛛の足になります。

via photo by author
4:同じように2本目も巻きつけてください。巻きつけるときは一周だけで大丈夫ですが、キュッときつめに捻ることで固定されます。

via photo by author
5:続けて、残り2本巻きます。写真のように両方に4本ずつの足ができたらOKです。

via photo by author
6:蜘蛛の足に見えるように、少し曲げます。足の長さがバラバラの場合は、ハサミで長さを揃えてください。

via photo by author
7:蜘蛛の頭とおしりを作っていきます。あえて派手な色を使うと、可愛い蜘蛛になりますよ!

まず、2色目のモールを手に取って、上半分に2周巻きます。

via photo by author
8:つぎに、(胴体の下を通さずに)頭の上の方でくるっと円を描くようにモールを丸めて、そのあと胴体の下の方にモールを出します。

via photo by author
9:つづいて、今度はおしりの部分です。頭のときと同じようにくるっと円を描くように、胴体の上でモールを曲げます(これを2回繰り返します)。

via photo by author
10:少しだけおしりの部分を高くするように調節して、クラフト目玉をボンドで貼ったら、蜘蛛のできあがりです。

モールの蜘蛛の巣、作り方

via photo by author
1:続いて、蜘蛛をのせる蜘蛛の巣を作ります。まず、モールを十字に置きます。

via photo by author
2:縦のモールを一度下に曲げ、キュッと捻りあげて、十字の形に戻します。

via photo by author
モールを巻いて固定したところ。

via photo by author
3:先ほどの十字のモールに、あと2本、漢字の米の形になるように追加して、それぞれ捻って固定します。

via photo by author
4:中心の骨組みができたら、今度は横糸をつけていきます。モールの一番端を少し曲げて、骨組みの内の1本に固定します。

via photo by author
捻りながら曲げて……

via photo by author
5:骨組みに巻きつけます。この工程を繰り返しながら、骨組み1本1本に固定していきます。

via photo by author
6:横糸ができあがったら、全ての横糸を少しだけ内側に折って、蜘蛛の巣の形らしく整えます。

via photo by author
横糸1周目の完成です。

via photo by author
7:1周目のときと同じように、2周目も巻きつけていきます。

via photo by author
8:2周目も少し内側に折って、形を整えます。骨組みのモールが飛び出ているところは、裏側に折り返して隠します。

via photo by author
これで、モールで作る蜘蛛の巣の完成です!

via photo by author
最初に作っておいたモールの蜘蛛をのせて飾りましょう!

オリジナルのハロウィン飾りで、盛り上げよう!

Sergey Novikov / Shutterstock.com
今回はモールを使ったクラフトをご紹介しました。最近ではハロウィン飾りも店頭にたくさん並ぶようになり、手に入りやすくなりましたが、やはり手作りしたものは思い入れが違います。秋の夜長をお子さまと一緒にクラフトをして過ごすのもいいのではないでしょうか。今回の作品では、モールの色に特に決まりはないので、お子さまのお好きな色で作ってみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

ハロウィンに切り絵で飾り付け!子どもでもできる簡単な作り方

ハロウィンに切り絵で飾り付け!子どもでもできる簡単な作り方

ハロウィンの手作りデコレーションを、手に入りやすい材料で作ってみませんか?用意するのは紙と筆記具とハサミだけという気軽さ。切るときは半分の形なのに、広げる...
トイレットペーパーの芯を利用して、ハロウィンの動物を作ろう!

トイレットペーパーの芯を利用して、ハロウィンの動物を作ろう!

秋のイベント、ハロウィンのデコレーションを、お子さまと手作りしてみませんか?今回は、黒猫とコウモリというハロウィン定番の動物の作り方をご紹介します。折り紙...
広告用紙や雑誌でペーパービーズを作りましょう!【小山一馬の簡単廃材工作】

広告用紙や雑誌でペーパービーズを作りましょう!【小山一馬の簡単廃材工作】

皆さんは読まなくなった雑誌や、新聞と一緒に入ってくる広告用紙は、どう処分していますか?だいたいの人はトイレットペーパーなどと交換してしまいますよね。しかし...
紙コップで工作しよう!お人形、けん玉、糸電話などおすすめ11選

紙コップで工作しよう!お人形、けん玉、糸電話などおすすめ11選

紙コップは、手に入りやすくアレンジしやすい材料なので、手作りおもちゃを作るのに、最適です。今回は、30分足らずで制作できる、幼児向けのおすすめ紙コップ工作...
紙皿と紙コップでくるくる回るメリーゴーランドを作ろう【小山一馬の簡単廃材工作】

紙皿と紙コップでくるくる回るメリーゴーランドを作ろう【小山一馬の簡単廃材工作】

みなさん、遊園地にあるメリーゴーランドに乗ったことありますか?綺麗な飾りがついている馬や馬車に乗ってくるくる回るのって、楽しいですよね。今回はそんなメリー...

WRITER

いしこがわ理恵 いしこがわ理恵  在英11年目ハンドメイド好きの2児の母。武蔵野美術大学卒業。現在は教育に携わる仕事の他に、日本にルーツのある子どもたちを対象とした日本語子ども会活動・児童文庫活動も行っています。興味の範囲が幅広いので、常にいろいろな方向にアンテナをはりつつ情報収集が日課です。ハッピー子育てに役立つ情報をみなさまにお届けできれば嬉しいです。