2018年12月24日 公開

木のおもちゃ専門店・三軒茶屋の気になるお店「ウディック」

東京・三軒茶屋にある「木とおもちゃとジェラートのお店 ウディック(Woodayice)」。国内外の木製おもちゃを多数取り扱う同店のオーナーの出来裕治さんに、おもちゃの選び方・遊び方、子育てについてなどをお聞きしました!

東京・三軒茶屋の気になるお店「ウディック(Woodayice)」

東京・世田谷区。三軒茶屋駅から徒歩4分程のところにある「ウディック(Woodayice)」。店先には「木のおもちゃ・雑貨とジェラート・カフェの店」の文字が。こちらのお店を発見してからすごく気になっていたのですが、今回念願叶って取材させていただけることになりました。
photo by author (122575)

via photo by author
お店に入ると、すぐにたくさんの木のおもちゃが目に飛び込んできます!「一歩店内に入ると、森に来たような雰囲気を出したくて」と語ってくださったのは、オーナーの出来裕治(できゆうじ)さん。
photo by author (126294)

オーナーの出来裕治さんと、店長の浅尾さん。
via photo by author
出来さんは、高2、中1、小4の3人の子どもを持つお父さん。大手企業勤務や食品メーカー勤務などを経て、2012年に「ウディック」を開店しました。

個人店の開業にあたりおもちゃ屋さんを選んだ理由を、「子どもの頃から木のおもちゃが好きだったから」と語る出来さん。「おもちゃを買うことだけが目的ではなく、気軽にいつでも立ち寄ってほしいという想いからカフェを併設し、ジェラートも楽しめるお店にしました」とお店作りのいきさつも教えてくれました。

「路面店であること・教育熱心な方が多い場所であること・下町の雰囲気も残っていたこと」からこの場所に辿り着いたと話す出来さん。店名はwood + day + iceからくる造語で、「木工品 (wood) とジェラート (ice)に囲まれながら自然、緑、喜びと幸せ、ファミリー感を過ごせる日・空間 (day) 」を意味しています。

出来さんは、「ご来店のお客様に、笑顔で帰っていただきたい。老若男女、たくさんの方が楽しめるお店にしたい」とお店のコンセプトを熱心に語ってくれました。

ここにあるのは自信を持っておすすめできるおもちゃだけ

PLANTOYS(プラントイ)のおもちゃ

photo by author (122583)

via photo by author
「ウディック」が扱っているおもちゃのほとんどが木製のおもちゃです。国内外問わずバラエティに富んだ幅広い品揃えが目を引きます。

特に多いのが「PLANTOYS」のおもちゃ。PLANTOYSは、防腐剤は使用せず、塗料も化学物質ではなく体には無害なものを選び、子どもが安心して遊べるおもちゃを作っている木製玩具メーカーです。

同社は、廃材となるゴムの木を活用したり、切り株を掘り起こして粉砕し、植物由来の染料を練り混んだ“プランウッド”という玩具用素材を開発したりと環境保全の意識も高いことで知られています。

そんなPLANTOYSと出来さんのおもちゃへの大切な思いが一致し、お互いに共感し合い、今では「ウディック」は日本で一番PLANTOYSのおもちゃを揃えているお店となりました。
photo by author (122584)

たくさん並んだPLANTOYSのおもちゃ。
via photo by author

日本の木のおもちゃ

photo by author (122587)

via photo by author
photo by author (122588)

おもちゃひとつひとつに、手書きのPOPが添えられています。
via photo by author
日本の木のおもちゃ作家さんの商品もたくさん取り扱っています。お店に揃えているのは、出来さんが自分の目で見て実際に遊んでみて、好きだと感じたおもちゃだけ。「自分が気に入らないおもちゃを無理におすすめするようなことはしたくないですからね」と出来さん。

おもちゃには手作りの商品紹介ポップが添えられていますが、読めばおもちゃへの情熱や愛情がすごく伝わってきます。
photo by author (122590)

via photo by author
photo by author (122620)

「出産祝い」「季節の飾り」など、目的に合わせておもちゃを探せる工夫もポップでしています。
via photo by author

親がおもちゃを選ぶときに大切にしたいこと

photo by author (122592)

via photo by author
数多く並ぶおもちゃを前にするとワクワクする一方で、どうやっておもちゃを選んでいいのか迷ってしまうことありませんか?できるだけ長く使えるものがいいのか、知育に繋がるおもちゃがいいのか……。

そこで出来さんに、おもちゃの選び方について質問しました。
「『子どもが好きな形や色』そして『お母さんが気に入って選んだもの』が僕がおすすめする“いい”おもちゃです。メディアで取り上げられているから、有名玩具だからとこだわる前に、まずは親子で一緒に遊んでほしいですね」と出来さん。
photo by author (122594)

via photo by author
photo by author (122595)

via photo by author
また出来さんは、「たくさんのおもちゃで遊んでいるうちに、何が適しているか、どこを補えばいいかなど、子どもの動きでわかってくると思います。だから、できるだけ多くのおもちゃで遊んでみるといいと思います。いっぱいおもちゃで遊ぶこと自体、脳の発達や知育に繋がります。知育玩具と謳われてなくても、どんなおもちゃでも遊ぶことそのものが大事なんです」とも続けました。

出来さんは、木製おもちゃについても話をしてくれました。
「木製のおもちゃは、手に伝わるあたたかさだけでなく、持った時の重さや木の香り、手触りなど、五感を育てる力があります。また、小さなおもちゃであっても、木から森へ、森から山へ、山から環境へと意識を広げていくこともできます。遊びながら環境について学ぶこともできます。お手入れしながら使えば、親から子へ、またその子どもへと、ずっと長く遊び続けることができるのも大きな魅力ですね」。
photo by author (122597)

via photo by author

「笑顔」を子育ての軸に

photo by author (122599)

via photo by author
3人の子どもを持つ出来さんに、子育てについてのお話もお聞きしました。「僕が子育てのモットーにしているのは“笑顔でいること”です」と出来さん。

「どんなときでも、笑顔が大切。笑顔は自分の心も、周囲の人たちの心も豊かにしてくれます。笑顔は気遣いの表れでもあります」と話す出来さん。また、おもちゃも子育てにはとても重要な役割がある、とも説きます。「遊びを通して周囲との関わり方を身につけ、自分の資質も作り上げられていきます。心を豊かにし、気遣いができるようになる、という成長は、遊びの中でも培われます。それをサポートするのが親であり、おもちゃなのだと思います」。

子どもはのびのびと遊ぶのが一番だね、とほほ笑む出来さん。笑顔をモットーに子育てしている出来さんらしい、優しい語り口調と笑顔が印象的でした。
photo by author (122619)

カフェで提供しているコーヒー。小さな笑顔がこんなところにも!
via photo by author

遊んで食べてくつろげるウディック

photo by author (122602)

via photo by author
「おもちゃは親子で手にとって遊んでほしい」という出来さんの想いが込められたウディック。実際におもちゃに触れて遊んで試せるように、たくさんのおもちゃのサンプルが用意されています。遊び方に困ったら、店員さんに迷わず相談してみてください。丁寧に教えてくれますよ。
 (122604)

靴を脱いで遊べるプレイスペース。大人の目が届く場所にあります。

美味しくて楽しい時間

photo by author (122606)

via photo by author
「ご来店してくださった皆さんが満足して帰れるように」と、店内には子どもが遊べるプレイスペースやゆっくり寛げるカフェコーナーもあります。カフェでは、ジェラートやコーヒー、ハーブティーを楽しむことができます。ピザセットやジェラートパンケーキセットなどの軽食もおすすめですよ。
photo by author (122608)

常時12種類ほどのジェラートが並んでいます。人気はピスタチオ!
via photo by author
photo by author (122609)

via photo by author
不定期で、手作りおもちゃのワークショップも開催しています。これまで開催したのは万華鏡、紙コップ人形、どんぐりころころ作りなど。おもちゃ作家さんと直接お話できるチャンスでもあります。子ども連れでももちろん参加できるので、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

ワークショップの情報はウディックのWEBサイトに掲載されています。

最後に

ウディックのキャラクターは、出来さんと娘さんが考え、それを知り合いの画家の方が整えて誕生したそうです。動物のような妖精のようなちょっと不思議なキャラクターは、森で木のおもちゃやジェラートを作って、ポッケに入れてみんなに運んでくれるそうですよ!お店とお客様との橋渡しのような存在ですね。
photo by author (122613)

via photo by author
「お客さまと私たちが、まるで家族のように自然と寄り添う居心地の良い場所。そして、たくさんの木のおもちゃを通して、都会の中にありながら広大な森や豊かな緑が感じられる場所です」と出来さんはウディックの魅力を語ります。

お気に入りのおもちゃを探してみたり、あるいはカフェでゆったり寛いだり。ぜひ家族で遊びに行ってみてください。
photo by author (122615)

via photo by author
photo by author (122618)

via photo by author
photo by author (122617)

via photo by author

ウディック(woodayice)

【住所】
東京都世田谷区三軒茶屋2-17-12 1階
【電話番号】
03-6676-1393
【営業時間】
11:00~午後7:00
【定休日】
月曜(祝日の場合翌日)
【アクセス】
東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩4分/東急世田谷線 西太子堂駅より徒歩3分
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

森から生まれた木のおもちゃ。その素晴らしさを多くの子どもたちに届けたい

森から生まれた木のおもちゃ。その素晴らしさを多くの子どもたちに届けたい

子どもの成長には欠かせないおもちゃ。五感に訴えるおもちゃで遊べば、さまざまな感覚や気持ちを育めます。国産の良質な木製品を手掛ける木工房『オークヴィレッジ』...
「ひも通し」の簡単な作り方!100均材料で手作りおもちゃ

「ひも通し」の簡単な作り方!100均材料で手作りおもちゃ

穴の空いたパーツをひもに通していく「ひも通し」は、指先を鍛えるのにピッタリの知育おもちゃ。たくさんの種類が販売されていますが、とても簡単に手作りできるので...
【レポート】東京おもちゃショー2018に集結した最新おもちゃを紹介!

【レポート】東京おもちゃショー2018に集結した最新おもちゃを紹介!

2018年6月7~10日に開催の「東京おもちゃショー2018」。毎回多くの来場者が集まる大人気のおもちゃの見本市です。今回は、国内外約200社の企業が出展...
おもちゃの数を減らすと、子どもの集中力と創造力がアップする!?

おもちゃの数を減らすと、子どもの集中力と創造力がアップする!?

子どもに与えるおもちゃの数を減らすと、創造力と集中力が高まるとという効果が、アメリカ・トレド大学の研究で判明しました。今回はその驚きの研究内容をお伝えする...
東京おもちゃ美術館、開館10周年。姉妹館も続々open!

東京おもちゃ美術館、開館10周年。姉妹館も続々open!

東京新宿区の廃小学校が東京おもちゃ美術館になって、10周年となりました。東京おもちゃ美術館は、木を暮らしに取り入れていこうという木育を、おもちゃを通して広...

WRITER

あそまめ あそまめ  神奈川生まれ千葉育ち。千葉県在住。グラフィックデザイン&フェルトワーク作家。お子さんやママさんに工作や手芸の教室も開催しています。絵画指導インストラクター(初級)・おもちゃコンサルタントとしても活動しております。家族+猫2匹と暮らしています。