2017年4月16日 公開

子どもの日は東京のこいのぼりイベントに行こう!

こどもの日の象徴である「こいのぼり」。最近は大きなこいのぼりを目にする機会も少なくなってきましたね。家のベランダに小さなこいのぼりを飾るのもいいですが、せっかくの「こどもの日」ですから、こいのぼりの由来を知り、大空をのびのびと泳ぐ姿にお子さまへの願いを重ねてみてはいかがでしょうか?都内で子どもの日に開かれるこいのぼりイベントをご紹介します。

上野の森 親子フェスタ2017

こいのぼりの由来は?

 (45270)

こいのぼりとは、端午の節句に男子の出世と健康を祈って戸外に飾るのぼりのことです。

江戸時代の武家では、端午の節句に甲冑などを座敷に飾り、旗指物(戦場で背中にさして目印とした小旗)などを家の前に立てて、男子の立身出世を願う習慣がありました。これは、端午の節句が菖蒲の季節であることから、「尚武の日」として大切に考えられていたためです。

江戸中期には、武家に対抗した町人たちが、中国の故事では滝をも登るとされる出世魚の鯉をのぼりとして立てるようになりました。それが広く普及して、現代に受け継がれています。

東京ミッドタウンで楽しむ「こいのぼりくぐり」

 (49885)

PROTatsuo Yamashita/CC BY 2.0
東京のランドマークのひとつ、東京ミッドタウンで「こどもの日」を楽しく過ごしませんか。大使館の協力のもと、アルゼンチン、ブラジル、フィンランド、ボリビア、日本の5カ国のデザイナーやクリエイターがデザインした斬新なこいのぼりが飾られます。

おすすめは、ゴールデンウィーク後半に開催される「こいのぼりくぐり」です。ミッドタウン・ガーデンの遊歩道に、長さ約25m、直径2.5mの巨大こいのぼりトンネルが出現。子どもと一緒に、中へ入ることができます。
【開催日時】
「こいのぼりくぐり」5月3日~7日 午前11:00~午後5:00
※「デザインこいのぼり」の掲揚は、4月21日~5月7日

【入場料】
無料

【所在地】
東京ミッドタウン
東京都港区赤坂9-7-1

【アクセス】
・都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅に直結
・駐車場 10分100円

東京ミッドタウン|こいのぼりくぐり

東京ミッドタウン|こいのぼりくぐり

1,000匹が泳ぐ、八王子の「長房ふれあい端午まつり」

 (49878)

平成元(1989)年に、長房市民センターの開館5周年を記念してはじめられたお祭りです。地元の人々に支えられ、今や恒例行事となっています。

南浅川の両岸に約1,000匹ものこいのぼりが飾られ、大空を勇壮に泳ぎます。模擬店もたくさん出るので、子どもと一緒にお祭り気分を味わえそうです。「こどもの日」を象徴するイベントとして、毎年大勢の観光客が訪れます。
【開催日時】
「長房ふれあい端午まつり」
5月4日、5日 午前10:00~午後4:00

※こいのぼりは4月中旬から飾られる予定

【入場料】
無料

【所在地】
長房市民センター前・南浅川沿い
東京都八王子市長房町

【アクセス】
・JR八王子駅 バス約22分 徒歩5分
・京王線京王八王子駅 バス約22分 徒歩5分

・駐車場 台数に限りあり

長房ふれあい端午まつり|八王子市公式ホームページ

長房ふれあい端午まつり|八王子市公式ホームページ

スカイツリーとの競演「すみだ鯉のぼりフェア」

 (49884)

Takuya Ichihara/CC-BY-SA-3.0
 (49881)

こどもの日に、スカイツリーとこいのぼりの両方を楽しめるお得なイベントです。約450匹のこいのぼりの大群が、スカイツリーに向かって泳ぐ姿は圧巻です。

フェア期間中は、模擬店や産直販売などのお店が並び、「こどもの日」には、子ども遊びコーナーや親子フリーマーケット、音楽ライブなどのイベントも開催されます。
【開催日時】
「すみだ鯉のぼりフェア」4月25日~5月20日
※イベントは、午前9:30~午後3:00

【入園料】
無料

【所在地】
東京都立東白鬚公園 南ゲート広場
東京都墨田区堤通2-2-1

【アクセス】
・東武伊勢崎線東向島駅 徒歩12分
・駐車場 なし

すみだ鯉のぼりフェア 2017

すみだ鯉のぼりフェア 2017

伝統行事にふれながら過ごす「こどもの日」

環境や生活スタイルが変わることで、昔からの伝統行事や慣習がだんだんすたれていってしまうのは、ある程度仕方のないことかもしれません。

しかし、子どもの健やかな成長を願う心は今も昔も変わらないはず。

首都圏ではこどもの日にあわせて、さまざまなイベントが催されます。
こどもの日の由来を知り、たまには親子で有意義な一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

youko youko  子どもは私にとってキラキラと輝く宝石のような存在です。 それを磨いて上げるのが親の役目。 未熟者ですが日々子育て頑張ります!