2016年6月13日 公開

のんびり♪こねこね♪親子で楽しむ100均の木の粘土

雨が続く季節、子どもと遊ぶのも室内中心になりますね。お絵かき、折り紙、DVD……毎日続くと飽きてしまいます。そんな時、粘土遊びはいかがでしょう?100均にもおがくずや木の粉で作った粘土があるんです!乾きにくく柔らかく手にも付きにくいので、小さなお子さまと一緒に楽しめます。

こねこね♪100均で買えるねんど!

ダイソーでは「木粉ねんど」セリアでは「木かるねんど」という名前で売っています。

どちらも木の香りが心地よく、乾くと風合いも木のようになるのが特徴です。

廃材や間伐材などの木から作られているため環境にも良く、乾燥するとクッキーや木のような、ザラッとした手触り感が気持ち良いです。また、粘着力が強く乾燥後は彫刻刀で細工も可能です。

こねこね♪型を使ってつくってみよう!

ドーナツの型を使って粘土を歯ブラシでや爪楊枝で形を整えクッキー風に作っています。真ん中のチョコやジャムは、ホームセンターで見つけたビスキャップです。アルファベットの型抜きはシリコン製の柔らかいものが100均で手に入ります。数字の型もあるので、数や英語に親しむことができるかも。

こねこね♪自由な発想でつくろう!

粘土遊びしたー☺ついつい子供より真剣に😂  #木の粘土#ねんど教室#楽しい#親子で

A photo posted by Noriko Kurabayashi (@nonta12ze10) on

おうちにある粘土ヘラを使って削ったり、ビーズやボタンを埋め込んだり。穴をあけて乾いてからリボンを通したり。同じく100均で買ったクリップや安全ピンを張り付けてブローチにしたり。粘土をこねているうちに、いろんなアイデアが湧いてくるから不思議です!

のんびり♪たくさんつくって飾ってみよう!

数字や曜日、月のパーツを作ったら、こんな風にカレンダーもできちゃいますね。

カッティングボード風マグネット&吹き出し風マグネットもおしゃれに飾ったら、「手作りなの?」と驚かれそう!

のんびり♪シューモールド作りはいかが?

木かる粘土でシューモールド⭐ #セリア #木かる粘土

A photo posted by bonheur (@ajureinu) on

こねたら形を作って、やすりをかけたりニスを塗ったり。ビスをつけておくとあとからキーホルダーに加工することもできます。

このシューモールドも木の粘土でつくれます。上に埋め込むハトメや、艶をだすためにニスを塗ったりして、オリジナルなシューモールドの完成です。こちらの材料なども100均で手に入ります。

雨の日が待ち遠しくなるかも

木のぬくもりを生かしつつ、乾きにくいのでのんびり製作することが可能なのが魅力の木の粘土。

親子でこねこね♪何をつくろうかな~と会話も弾みますよ。作っているうちにママの方がこねこね没頭してしまうことも多いそうです。

雨が降っていなくても、おうちでこねこねしてみませんか?
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
ねんど遊びに絵本や図鑑を取り入れよう!

ねんど遊びに絵本や図鑑を取り入れよう!

知育教材としてぴったりなねんど遊び。独特な感触に慣れ親しんだら、何か作品づくりに挑戦したいですよね。とはいえ親の方の発想がネタ切れになることも……。そんな...
親子で宝物を作ろう!想像力が広がる「おゆまる」遊び!

親子で宝物を作ろう!想像力が広がる「おゆまる」遊び!

不思議な万能プラスチック粘土の「おゆまる」は、温めて柔らかくしてから形成すれば簡単にいろいろな形にできます。冷めるとそのままオモチャにできるのでお子さまと...
手形・足型アートで、オリジナルの成長記録を作ってみよう!

手形・足型アートで、オリジナルの成長記録を作ってみよう!

親子で楽しめる手形・足型アートが注目を集めています。子どもの誕生記念に、雨の日のお家遊びに、また敬老の日のプレゼントに!赤ちゃんでも、お絵描きがまだ上手く...
子どもの名札代わりに!100均アイテムで簡単名前付きマスクを作ろう

子どもの名札代わりに!100均アイテムで簡単名前付きマスクを作ろう

児童館や子育てサロンでのイベントに参加する際、子どもの名札が必要になることがあります。安全ピンや首からかける紐を使うのは不安というときは、マスクを利用する...

KEYWORDS

WRITER

こまめまま こまめまま  可愛い二女に恵まれ、ひび子育てに奮闘中!