2016年10月20日 公開

話題の本『女の子は本当にピンクが好きなのか』で色の力を考える

『女の子は本当にピンクが好きなのか』という本が話題になっています。ちょっとドキッとするタイトルですよね。女の子、男の子という性差は、本当に生まれついてのものなのか。「うちの娘はピンクが大好き!」それってもしかすると、パパママの思い込みかもしれませんよ……。

「ピンク」が女の子を象徴する色になった理由

タイトル :女の子は本当にピンクが好きなのか
著者  :堀越英美
出版社 :Pヴァイン

『女の子は本当にピンクが好きなのか』によると、「ピンクが女の子に似合う色」というブームの発祥はフランスだそうです。

ベルサイユ宮殿に暮らす王室の女性たちが着こなす美しいピンクドレス。その姿にあこがれをいだいた人々が、自分の子どもにもピンク色の服を着せるようになったそうですよ!

フランスのピンクブームはやがてヨーロッパからアメリカへ広がり、日本へと到達します。

日本の「ピンク」ブームはあのスターが火付け役!?

日本の「ピンクブーム」には少し特殊な背景があるようです。

日本でもっとも「ピンク化」に貢献したのは、歌手の「ピンクレディー」の存在だったようです。文字通りピンクの衣装をまとった国民的大スターの存在は、日本人女性がピンクを自己表現に用いることの恥ずかしさをすっかり取り払いました。

その女性たちが親となり、子どもがピンクの服を着せられ……という連鎖が続き、「ピンク=女の子の色」というある種の洗脳が繰り返されたというわけですね。

玩具市場の変化に見る欧米での「ピンク」の位置づけ

欧米は「ピンク=女の子」ブームの発信源でしたが、STEM教育が浸透し、科学・技術・工学・数学の分野で女性の活躍が当たり前になってきた2000年代以降、ピンクが女性(特に女の子)を象徴するというイメージは市場から姿を消しつつあります。

それが顕著に現れたのが子ども用玩具です。技術系女子を育成するDIYドールハウスキット「ルーミネイト」、レゴが発売した女性の宇宙飛行士・エンジニア・科学者シリーズ、化石採集家や空手家など「女性の職業の多様性」を表現する子ども用ドール「ロッティー」など。
これらの玩具は、「かわいくて愛らしいピンクのイメージ」から女の子を解放する役割を果たしています。

日本の女の子はやっぱりピンクが好き?

日本色彩研究所が2009年に実施したアンケートでは、小学2年生女子の40%以上が「水色」を好み、19%が「ピンク」を最も嫌いな色と答えました。

では、子どもたちにとってピンクの魅力は消えたのかというとそうではありません。ティーンや20代前半の女子が読むファッション誌には、ピンクの衣装をまとったモデルさんの姿がたくさんありますよね。ピンクを用いたファッションや寝具を好む女性の割合もまだまだあります。

欧米文化の輸入大国である日本でも、欧米のように「女の子のピンク離れ」が進むと思いきや、実はそうならないのが日本文化の面白いところといえるかもしれませんね。

日本社会の「ピンク論」は独特かも?

日本に「女の子=ピンク」のイメージが根強くある証拠として、「花屋、パン屋、ウェイトレス、ネイリストといった職業に女性が多い」ということを本書の著者、堀越英美さんは指摘しています。

これらの仕事は「ピンクカラー系」であり、女性らしさを表現する職種である……そんな思い込みが男性だけでなく女性自身にもある、だから女性たちは自らこのような職業を選択するというのです。

「女性にはこういう仕事がふさわしいはず!」という考え方は、いわゆるジェンダー(社会的性差)が日本社会に根強くあることを示しています。「女の子はかわいい、やさしい存在→だからピンクが好き!」というステレオタイプ的思考も、ジェンダー論の延長線上にあるのかもしれませんね。

堀越英美さんは、「ピンク論」やその関連問題について興味深いコラムを連載していますので、一度チェックしてみてください。

わが子に着せるその服、本当に似合ってますか?

女の子にピンクを着せたいというパパママの願望はよくわかります!でも、親から特定の色を与えられる子どもの気持ちはどうなのでしょうか?「女の子だからピンクが好きに違いない」という思い込みにとらわれていないか、一度振り返ってみるのもいいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

おすすめの女の子の育児本4選|子育てに活かすメリットと選び方

おすすめの女の子の育児本4選|子育てに活かすメリットと選び方

はじめて「女の子育児」をされている方には、「女の子ならではの育児方法があるのか? 」「注意する点はどんなことか? 」など、知りたいことがたくさんあるでしょ...
【話題の育児書】『「幸福学」が明らかにした 幸せな人生を送る子どもの育て方』

【話題の育児書】『「幸福学」が明らかにした 幸せな人生を送る子どもの育て方』

どうしたら我が子が幸せに生きられるか?各種メディアでも話題の「幸福学」を研究する第一人者で、慶應義塾大学大学院の前野隆司教授が書いた、親も子も幸せになる子...
【話題の育児書】『世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書』

【話題の育児書】『世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書』

モンテッソーリ教育からシュタイナー教育、レッジョ・エミリア教育など、世界の代表的な子育て法や教育法を1冊でまとめて学べる本『世界7大教育法に学ぶ才能あふれ...
うんこ座りができるようになる方法 子どもの運動能力向上に!

うんこ座りができるようになる方法 子どもの運動能力向上に!

お子さまは、正しい「うんこ座り」ができていますか?ふざけた名前と思うかもしれませんが、「うんこ座り」には、運動能力が向上するヒントが満載。書籍「うんこスク...
月刊科学絵本「かがくのとも」50周年記念『かがくのとものもと』

月刊科学絵本「かがくのとも」50周年記念『かがくのとものもと』

幼児向けの科学絵本「かがくのとも」が2019年に50周年を迎えました。記念出版本では、科学絵本の面白さや魅力、意味、親の寄り添い方がよくわかります。「なぜ...

WRITER

takutaku takutaku  雑誌の編集を経験後、フリーライターとして活動しています。