2018年11月7日 公開

幼児といちご狩り!持ち物や服装、準備しておきたいこと

子どもも大人も大好きないちごを、お腹いっぱい食べられる「いちご狩り」。年に何度も行くものではないため、せっかくなら万全の準備で出かけたいですよね。ここでは幼児といちご狩りへ行くときの持ち物、服装のポイントをまとめてみました。

当日までの準備

イチゴ フルーツ おいしい · Pixabayの無料写真 (117139)

予約制の園がほとんどですが、実際にいちご狩りに参加したとき、あまりに混雑していると子どもが萎縮してしまうかもしれません。いちご狩りシーズンは1~3月。そのなかでも空いている曜日や時間を狙いましょう。おすすめは水・木・金曜日の午前中です。比較的人が少なく、親子でゆっくり楽しめるはずです。

いちご狩り当日をさらに楽しむため、事前にいちごの絵本を読み聞かせてあげるのも一案。いちごはどうやって育ち、どんな種類があるのでしょうか。勉強になる絵本はもちろん、いちごが主役のかわいい物語もたくさんあります。知識や興味がふくらむにつれて、いちご狩りがもっと楽しみになりそうです。

子どもと行くときの持ち物

バッグ 革のケース 革 · Pixabayの無料写真 (117141)

園によっては、持ち込める荷物に制限を設けている場合があります。あらかじめHPや電話などで確認しておくのがベターです。当日になって「あれも持って来たらよかった」と困ることのないよう、準備を整えておきましょう。

・摘んだいちごを入れる小さなバケツ
・水分補給用のお水やお茶
・練乳やホイップクリーム
・保冷剤
・クーラーボックス
・ウェットティッシュ
・ビニール袋
・お食事エプロン・スタイ

いちごを食べる際、子どもが果汁をこぼしてしまうと服にシミが残ることも。お食事エプロンやスタイを付けていれば、汚れる心配もなく安心です。また赤ちゃんと一緒に行く場合は、すり鉢とスプーンを持っておけば一緒に食べられます。

調節しやすい服装で行こう

 (117142)

いちご狩りのシーズンはまだ少し肌寒い冬~春の時期です。しかし、ビニールハウスの中で動き回るうちに、だんだん暑くなります。厚手の洋服1枚で行くと、体温調節ができず困ることになりかねません。パーカーやジャンパーを羽織っておくなど、着脱しやすい服装で行きましょう。

・半袖あるいは長袖のTシャツ
・羽織りもの
・長靴もしくは汚れてもいいスニーカー
・リュックやポシェット
・(女の子の場合)ヘアゴム
・裾を引きずらないズボン

スカートで行くと、いちごを摘もうとしゃがむたびに裾が地面についてしまいます。動きやすい服装をさせてあげてください。まだお子さまが小さいなら、お食事エプロンではなくスモックを着せておくのも良いですね。

注意したいこと

私を忘れる Hoverfly 飛ぶ · Pixabayの無料写真 (117143)

・ミツバチなどの虫に注意
ビニールハウスの中には、ミツバチをはじめとする虫がいる場合があります。基本的に人を攻撃することはありませんが、なるべく黒い服は避けておくのがベター。あらかじめ子どもには「ミツバチさんを見つけても、そっとしておこうね」と近づかないよう注意しておきます。

・味つけ用の食品については事前に確認
練乳をはじめとするトッピングは、開始時に配られたり、持ち込み式だったり、「練乳以外は禁止」としていたりと、園によってルールが異なります。HPに明記されていなければ、電話などで問い合わせてみてください。

直前にトイレを済ませておく

ネコ用のトイレ トイレ 猫 · Pixabayの無料写真 (117144)

いちごはほとんどが水分でできています。いちご狩り真っ最中に子どもがトイレに行きたくならないよう、事前に済ませておきましょう。

おむつの子どもも同様に、事前におむつ替えをしておくと安心。「トイレに行っていて、いちご狩りの時間が少なくなった」ということがないようにしたいですね。

はじめての果物狩り体験にぴったり

イチゴ フルーツ 赤 · Pixabayの無料写真 (117145)

子どもの力でも収穫しやすく、皮をむく手間もないいちごは初めてのフルーツ狩りに最適です。ガク(ヘタ)部分の葉が反り返っているいちごが、ちょうど甘く食べ頃のサイン。摘みとる前に、子どもへ「おいしい実の見分け方」を教えてあげるとさらに楽しめそうです。準備を万全に整えて、季節の果物を思いっきり堪能してくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

手作り暑中見舞いのアイデアと文例 |幼児にも簡単に作れる!

手作り暑中見舞いのアイデアと文例 |幼児にも簡単に作れる!

日ごろ子どもがお世話になっている方々への暑中見舞いは、子どもの成長が伝わるものがおすすめです。親子で楽しみながら作れる“手作り暑中見舞い”はいかがでしょう...
幼児のお年玉の使い道とは?金銭感覚を磨く学習の機会に

幼児のお年玉の使い道とは?金銭感覚を磨く学習の機会に

子どもがもらったお年玉はどうされていますか。せっかくいただいたお年玉は、子どもにとって有効に活用したいものです。子どもがお金の使い方を学ぶ良いきっかけをつ...
知育効果もあるマンダラぬりえって一体なに?

知育効果もあるマンダラぬりえって一体なに?

マンダラぬりえってご存知ですか?仏教のシンボルともいえる左右対称のマンダラ模様にぬりえをする遊びですが、ぬりえを楽しむというだけではなく、実は大人にも子ど...
恐竜好きには知育効果がたくさん!好きを極めるきっかけにも!

恐竜好きには知育効果がたくさん!好きを極めるきっかけにも!

お子さまが恐竜に興味をもったら、親子で思い切り楽しんでください!はじめは、こんなこと将来何の役に立つの?なんて思った筆者ですが、息子たちの興味に圧倒され、...
インプロ教育とは?効果やお家でできるインプロゲームも紹介

インプロ教育とは?効果やお家でできるインプロゲームも紹介

インプロ教育とは、コミュニケーション能力や対応力の向上に効果があると近年話題の手法です。企業研修などでもよく取り入れられています。今回はそんなインプロ教育...

WRITER

sakai sakai  大阪府在住。6歳、5歳、0歳の3人の子育て真っ最中のママです。子どもと笑顔で過ごせる日々を大切にしています!