2019年4月8日 公開

あいうえお作文で文章を作る練習を!幼児からできる遊び方紹介

言葉遊びとして知られる「あいうえお作文」。文字を書きはじめた子どもが、文章を書く段階に移行する際のきっかけ作りにオススメです。大喜利のように遊びながら、家族みんなで楽しんでみてください。自然と短い文章を作成できるようになりますよ。

あいうえお作文とは

via chiik編集部

あいうえお作文は、句頭の文字を「あいうえお」などと指定して、自由に作文をする言葉遊びです。標語やキャッチフレーズをはじめ、大喜利やテレビのクイズ番組などでもおなじみですよね。

折句とも呼ばれる作文手法で、古くは伊勢物語にも和歌の各句の頭文字をとると別の意味を成す句が収められています。英語圏でもアクロスティックと呼ばれる同様の作文手法があり、暗号のように、文に複数の意味を持たせることができます。

文字が書ける!では次のステップは?

via Photo by author

「あいうえお作文」は、子どもが文字を書けるようになった頃からぜひ取り入れてほしい遊びです。

文字を書くことから文章を書くことにへステップアップするには、とても大きな壁があります。練習する時は親の声の掛け方を工夫するなど周囲のサポートが必要です。

お手紙を書く、お話しを書く、などを提案してみても、なかなか思いや考えを文字に起こすのは幼児期には難しいのが現実。でも、あいうえお作文なら楽しく遊びながら文を書くことに取り組めますよ。

あいうえお作文で文章を書いてみよう

via Photo by author

あいうえお作文は、句頭となる文字が決まっています。そのため、語彙力の少ない子どもでも頭を悩ませずに、気楽に短い文の作成をスタートすることができます。「あいうえお」や家族や食べものの名前、「こんにちは」など身近な言葉を句頭に据え、親子で文章を考えていきましょう。

まずは大人が見本を見せるのがいいですね。いくつか見本を示すと子どももルールがわかってきます。慣れてきたら、ゲーム感覚で親子交互に句を作成して文章を組み立てていくのもおもしろいです。

【体験】あいうえお作文で親子で遊んでみました

わが家で子どもと一緒にやってみた「あいうえお作文遊び」を紹介しますね。

まず紙に句頭となる文字を書きます。最初は2文字から、絵本や普段の会話でも出てくるような簡単な言葉がいいですね。

via Photo by author

言葉が決まったら紙に書き、それを句頭にして文を書いていきます。少々の文字の間違いや鏡文字は厳しく指摘しないようにしました。「この言葉の意味とぴったり合う文章だね、ちゃんと説明できているね、様子が伝わってきたよ」というふうに、作文の楽しさに意識を向けた声掛けをするとよいでしょう。

via Photo by author

おばあちゃんの誕生日カードを作ろう、ということになり、あいうえお作文を取り入れたこともあります。おばあちゃんに伝えたいこととして「ありがとう」という言葉を一緒に選び、その文字だけ筆者が書きました。

空いたスペースに、子どもがおばあちゃんへのメッセージをあいうえお作文で書き加えました。

なかなかステキなプレゼントになったと思います。「お手紙なんてどうやって書いていいかわからない」と言っていた子どもも、頭文字が決まっているため書きやすかったようです。

親子であいうえお作文を楽しもう

あいうえお作文は、文字を書きはじめた子どもの作文導入のきっかけにぴったり。

また、年齢を問わず楽しむことができる言葉遊びでもあります。

パパやママがあいうえお作文で子どもにお手紙を書いてもいいと思います。隠れたメッセージを探してね、なんていいながら手紙を渡すと、一生懸命すみずみまで読んでくれるのではないでしょうか?

親子でさまざまに工夫して楽しみながらあいうえお作文に取り組んでみてくださいね。

via Photo by pixabay
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

えんぴつの正しい持ち方と練習のコツ!持ち方は学力に関わる!?

えんぴつの正しい持ち方と練習のコツ!持ち方は学力に関わる!?

子どもがひらがなに興味を示しはじめると、気になるのがえんぴつの持ち方。間違った持ち方が定着してしまうと、正しい持ち方に矯正するのは難しくなります。また、え...
お受験、最後の仕上げは体調管理!風邪・インフルエンザ対策「『お受験』はじめました!」vol.50

お受験、最後の仕上げは体調管理!風邪・インフルエンザ対策「『お受験』はじめました!」vol.50

首都圏は10月より小学校の入学試験がスタートします。段々と気温が下がり、風邪を引くお子さまも増えてきます。今までの準備が無にならないように、最大限の配慮が...
願書制作における家族会議の重要性「『お受験』はじめました!」vol.49

願書制作における家族会議の重要性「『お受験』はじめました!」vol.49

いよいよ受験本番に向けてラストスパートとなるこの時期。保護者の皆さまが最も力を注ぐのは、入学希望の学校に向けてのラブレターともなる「願書」でしょう。願書の...
手作りおもちゃで鍛える巧緻性「『お受験』はじめました!」vol.48

手作りおもちゃで鍛える巧緻性「『お受験』はじめました!」vol.48

手先の器用さが問われる「巧緻性(こうちせい)」。簡単に上達するものではないので、続けて練習を重ねていくことが大事です。でも、自宅でどのように対策していけば...
身だしなみから変わる!お受験への親子の意識「『お受験』はじめました!」vol.47

身だしなみから変わる!お受験への親子の意識「『お受験』はじめました!」vol.47

保育園児だった娘は、普段着は汚してもいい服ばかり選んでいました。正直なところ、身なりにあまり気をつけていたとは言えません。しかし、小学校受験をきっかけに身...

WRITER

Hitomi Hitomi  バリ島、台湾と旅するように夫と3人の息子と暮らし、現在オランダ暮らし2年目。ライター、アロマセラピー講師。hitomiarai.infoというオウンドメディアで海外子育てや、アロマ、手作りコスメ、自然で気楽なライフスタイルを提案しています。